ブレード付けでブラウスやジャケットの華やかさを演出

20150508_header

ドレスに華やかさをプラスするブレードの役割

ブレードやレースの装飾品は、ドレスがワンランク華やかに仕上がるのに欠かせない部品です。
ドレスの襟ぐりやジャケットの端の装飾品(ブレード・レース・ビジュー)には、生地だけでは表現できない華やかさがあるので、晴れのステージのドレス類に時々使用しています。

写真は、ブラウスの仮縫い時に襟ぐり位置の確認と共にブレードを仮で付けています。

 

同じブレードを二本付けにしてみました。
二本付けにすると華やかさは増しますが、着る人の顔立ちや雰囲気、またお召しになる会場に合うかどうかという事もあり、ただ華やかであれば良いという物でもありません。

美露土では、このような本仮縫いの状態の時に、襟ぐりの位置はもちろん、一本が良いのか?二本が良いのか?という事も確認しています。
また、ビーズなどの光物をプラスする場合もあります。

オーダーを頂いた際の作り込みは、その方が一番美しく見える所を見つけながら、ご本人と相談して制作をしています。ですので、仕上がりの時点では自然とドレスに愛着も湧き、大変喜んでいただいております。

「既製品にないこだわり感」が女性には嬉しいのです。

Comments are closed.