ベルベット素材の縫製は慎重にします

20150119_header

ベルベット素材は毛足があるので、仮縫いや縫製は慎重に行います。

ベルベット素材を使用する際に、お客様のサイズや体型が解らない場合は、トワール(別生地)で仮縫いをしますが、ある程度のデザインとサイズが解っていれば、ベルベット素材をそのまま用いて仮縫いを行います。
ベルベットは毛足にふっくら感があるので、実生地で仮縫いすると雰囲気が良くわかります。

今回は、デザインとサイズがある程度解っていましたので、実生地での仮縫いを行いました。

ベルベット素材はミシン縫いの縫い直しが出来ませんので、この状態では総て手縫いになっています。
実際に仮縫いをしますと、生地のふくらみや黒部分の量のバランスなどに好みが出てきます。

二回目の仮縫いは、一回目の仮縫いの際のサイズやバランスの良くない所の修正をして、よりご本人に似合う様に修正します。

縫い合わせる前にピンで止め、バランスを見てから手縫いの準備に入ります。
ベルベットは毛足が命なので、潰さない様に注意が必要です。

Comments are closed.