ウェデイングドレスお母様からお嬢様のドレスへ リメイクしました。 

IMG_3806

お母様のウェデイングドレス幸せを願いお嬢様へ!
今に合うドレスにリメイクしました。

お母様からのお譲りのドレスをリメイクされる事をご希望されて デザインもすっかり変わりお好みのデザインのドレスに仕上げました。

無事挙式も終わり 写真が届きました。

始めにお問合せが有り 「母のウェデングドレスですが リメイク出来ますか?」

「お写真を拝見させてください」 と送られてきた当時のドレス着用の写真です。

20年から30年前のウェデイングドレスはドレスも袖もビックです。

「スカート部分を生かし袖と身頃を取り外せば今風になりますよ」と申しました。

元ドレスのビックな袖は、身頃のやり直しや デザイン変更に十分利用できる生地の分量が有りリメイクは十分に可能です。

ご希望のドレスのデザインがこちらです。

身頃部分をすっかりイメージチェンジし身頃にレースを重ね スカート部分はオーガンジーを重ねて広がりを出しています。

ご希望のデザインに近づけました。

小物類 は総て取り外し可能にしています。

当日の会場、二次会などに色々演出されるご要望がお有りで 取り外し可能に仕上げました。

本体のドレスに色々アレンジされている様子になります。

お母様のドレスを今のお嬢様のドレスに合うようにリメイクをいたしました。

◎ウェデイングドレス リメイクの流れ

1、元のドレスを拝見

2、ご希望のデザイン

3、ドレスにプラスするレース、オーガンジーの確認

4、一回目の仮縫い準備(サイズ、デザイン、ドレスのイメージ確認)

5、仮縫い確認後の修正

6、二回目の仮縫い準備(サイズ合わせ 特に胸周りがピッタリ添っているか 靴を履いてのドレス丈の確認 付属品のイメージ確認もあります)

7、サイズ合わせがピッタリ確認できて 仕上げになります。

8、納品になります。

◎一番の不安解消は仮縫いですね

※仮縫いは総て御自宅でご本人が試着をして確認をして頂いています。
その間のやり取りはメール写真のみで行っております。
遠方やお忙しい方にはご自宅で出来るの仮縫い準備をしております。 

直接のピン打ちの仮縫いはコロナ禍以前よりなるべく避けています。

簡単に試着が出来る仮縫い状態でお送りしていますので仕上がりまで少しお時間が必要になります。

ドレスのリメイクで御悩みの方はいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

Comments are closed.