ドレスの裾のお直し 裾広がりを綺麗にしたい。

DSC04199

ドレスの裾のお直し 裾広がりを綺麗にしたい。柔らかな生地は裾が広がらないので裾にコードなどで張りを持たせて広がりを出す場合があります。 今回は綺麗になる効果が出ていないので 外す事にしました。

https://youtu.be/CpH3PUbDQ8s         

 

ドレスの裾広がりが出す場合に アンダーにパニエを重ねたり 又ドレスの裾に張を持たせてコード芯を入れる場合があります。

今回のお直しは この裾広がりのコード芯が潰れていてドレスの裾が綺麗に表現されていないので コード芯を外し 通常のドレスの裾仕上げのお直しをします。

生地はチュール素材ですがビジューやスパンコールで生地に少し張があるので 通常の裾始末の方が綺麗に仕上がると判断しています。

写真は裾のコード芯ですが 形状がゆがんでしまっています。

ゆがんだコード芯は、そのままゆがんだ裾線になりますのできれいなドレスラインは出ません。

動いた時のドレススタイルは生地の方向性に合わせている方が自然のラインが出て綺麗にみえますので 今回は芯を外す事にしました。

 

Comments are closed.