ドレスのお直し 生地が伸びている場合

800-dr

ウエデイングドレスのお直し 生地が伸びている場合の直し方

ドレスのデザインでドレープはとても綺麗なもので 女性らしさの優雅さが表現出来る方法のひとつになります。

ドレープの出し方の方法は生地を正バイヤス(45°)で生地方向を決めると一番綺麗なドレープが出ます。

そのために生地は伸びますので ドレスのドレープは生地の伸びを利用して立体的に表現しますのでドレスなどの立体で華やかさときれいな表現には高度な技術が要求されます。

生地の厚みや生地質などにより 時間が経ったり、また何人かの着まわしがある物などは一番生地の弱い部分(ドレープ部分)はどうしても伸びてしまう事があります。

そこで今回は 一番簡単な方法でドレ-プのたぶりの解消をしています。

https://youtu.be/NdWH_ff9A4g         

ドレスのドレープ お直し前 → お直し後 の写真をアップしました。

サテンリボンの下に浮分を押し込む方法です。

リボンは何かと調整できたり バランス、始末隠しなど 色々華やぎと共に利用できます。

ドレスのデザインによって お直しの方法は違ってきます。

 

ドレスのお直しの条件

本体のデザインに影響がなく 速く 簡単に直す事が必要です。

特にウエデイングドレスなどは生地の重なりが幾重にも重なっていますので一番目立つ処のお直しが必要ですね。

Comments are closed.