ドレスのお直し ドレス丈の裾位置の決め方の説明です

ドレスのお直し、ドレス丈の裾位置の決め方は床上がりで均等にします。

スレンダータイプ(タイト)のドレスは試着をしてウエストから丈をあらかじめ決め
その次に床からの床上でドレスの丈を決めます。

裾広がりの演奏会向きのドレスは後ろ部分はややトレーンを引いたシルエットが良いのですが スレンダーのタイトなドレスは左右均等の裾が綺麗になります。

デザインによって床までの丈やアンクル丈などがありますので お好みに合わせたドレス丈を決めます。

試着をした場合は身巾により生地が少し上がります。 先ずその時点でドレス丈を決めます。

次にボディーに合わせてもう一度ドレス丈の確認をしますが その時の決め位置が床上がりで決めます。

左右均等になるようにピンを打ちます。

ドレス本体がどこにも触ってない状態のストーンと落とした状態で床上がりを決めます。

お直しのドレスは 既製品で丈がとても長いのでボディーの立ち上げに苦心をしています。

ほぼ、だいたいのドレスのお直しは出来ますので いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.