ウエディングドレスをミニ丈のパーティー用ドレスにリメイクした工程の様子です

ウエディングドレス 当日の挙式はロングドレスとしてお召しになりましたが
後日の披露宴に、ミニ丈のドレスにリメイクをしてほしいとご依頼を受けたドレスのリメイクの工程の流れをご紹介します。

1

元のウエディングドレス(既製品の持ち込みになります) トレーン部分があまりにも長く写真に納まりません。

ロケーションの良いハワイで挙式され 長いトレーン有りのドレスは非常に良く映えていた事でしょう!

披露宴は国内で二次会を兼ねたパーティーで多くのお友達を招き 動き回れるドレスにリメイクをしてほしいとの依頼されたドレスです。
一着で二度着る楽しみ お友達にサプライスをとの思惑からのリメイクのドレスになります。

2

雑誌の切り抜きを頂きました。 デザインはこんな風なミニドレスにしてほしいとの事です。

3 ドレスの裾部分の永いトレーンをカットしました。

大きなドレスを大胆にカットすることには抵抗がありますが リメイクの出来上がりのイメージをしっかり頭に描きながら 失敗の無い様にカットをします。

4 ドレスのカットした裾部分を ドレスのスカートのボリュウームとして付け加えました。

Aラインのドレスをウエスト切り替えのギャザー入りドレスに変えます。

5 ウエストラインを決めてから スカートのボリュームと裾のラインを決めてゆきます。

 

6 ウエディングドレス ミニスタイルが出来上がりました。

ウエディングドレスの裾ロングの部分 後ろのトレーンの部分を全部利用しウエスト部分に刺し込み ボリュームのあるミニ丈のドレスにリメイクをしました。

ミニ丈ドレスの場合はスカート部分にボリュームがないと貧相なドレスなります。

7 完成して試着をした状態になります。

仕上がったドレスの様子から ミニ丈ドレスの場合はまだボリュームがあっても良いような感じです。

ドレス一着分の生地を総て利用して ミニ丈ドレスにリメイクをした仕上がりの様子になります。

ミニ丈のウエディングドレスは二次会や野外のパーティーなどに向いていますね。

Comments are closed.