着物地からドレスにリメイクをします。着物地の裁断物の配置を確認します

着物地からドレスにリメイクをします。

湯のしから上がった反物を裁断して柄の位置確認の為ボディーに合わせます。

今回は演奏会用に着物地のリメイクドレスを使用したいとのご希望なので 動きのあるドレスが良いので着物地の間にジョーゼット素材をはさんでいます。

着物地だけでは重さがあり動きがあまり出ません そこで動きやすく 軽やかに見える様にジョーゼットを使用しています。

ドレスとしてお召しになる場合は 身頃などはすぐ肌にピッタリ添いますので 肌触りの良い素材や 裏地を吟味しなければなりません。

着物の場合の重ね着の使用と全く違いますので リメイクする時は色々注意が必要です。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.