着物地からのリメイクドレス

夏休みに向かって、演奏会・発表会のシーズンになってきました。
先生クラスの演奏者の方々にお薦めしているのが、着物地からのリメイクドレスです。

美露土がポリシーを持って「着物地からのリメイクドレス」をお薦めします。
若い方々のドレス素材は市場にたくさんありますが、音楽教室や学院を経営されている先生クラスになると、なかなか演奏用ドレスに合う素材が難しく、ようやく探し当てても今回の演奏の選曲にあわなかったりと、困難が困難を呼び大事な練習の他にエネルギーを要します。

そこでお薦めしているのが、「着物地からのリメイクドレス」です。

着物は身近で、年齢に添った色・柄・素材が豊富です。これこそ先生クラスの方々に最適です。

◎新しい反物はどうですか?

演奏する目的であれば、新しい反物はお薦めしません。
なぜなら、演奏用ドレスは機能性が一番必要です。一度着物になっていた物は時間と共に柔らかくなり、非常に体に馴染むようになっています。お召しになった物ほど柔らかくなっています。

◎着物柄は特徴がありドレスに向かないのでは?

確かに着物としての柄行になっていますので、ドレスの洋物には違和感があるものも多く有ります。
着物地のドレスが一般に素敵に見えないのは、着物を全部使用して一着のドレスにしようとするから無理が生じ、着物の品を落としてバタくさくなってしまっているからです。

和物を洋物に変える時は、素材自体も洋物に変化しなければなりません。

◎どのように洋物に変化するのですか?

着物の柄を中心にデザインを起こしますが(着物生地を全部使用する場合と使用しない場合があります)、着物地に必ず洋物生地をプラスします。
オーガンジー・ジョーゼット・シフォンなど、着物地に馴染む素材を取り入れ、洋服地に変える事から始めなければドレスに近づく事は出来ません。

素材を変える一工程が最大のポイントになります。

 

このブログで、着物からドレスへのリメイクを日を追ってご紹介いたします。

お母様から譲り受けられた小紋の着物です

湯のしをして元の反物につなげています

つなぎの反物をはずし、ドレスに合うように柄を配置して重ねる色も検討します。

反物を解体しドレスの柄置き検討します

着物地方洋服地に変える為、オーガンジーを重ねます

衿・胸部分を服地であわせる事によって、よりドレスの雰囲気が出ます。

〜2色の調子を確認しています〜

モスグリーンのジョーゼットの色あわせです

モスグリーンより、やや明めの色合わせです

色・素材が決まって、ドレスの仮縫い状態の準備に入ります。

 〜次の記事に続きます〜

Comments are closed.