加賀友禅の振袖 ドレスになりませんか?

昭和初期にお作りになった加賀友禅の振袖
「親子二代で十分着たので、何かドレスにでもなりませんか?」とご相談を受けました。

持ち込まれた振り袖のなんと立派な事!

八掛けや袖の振り部分までも表と同じ模様が描かれ、丁寧な職人技に感動です。
現在、ここまでの柄置きはめったに見られなくなりました。

振袖の前姿の様子です。
刺繍飾りは所々糸がほつれていますが、柄行きの見事さに感動です。

着物は後ろ姿にこそ表情があると言われます。なるほどと納得する作品です。
こんなに多くの柄行の中に、五つ紋がしっかり描かれ、振袖の中でも一番格式のある着物である証です。

品格を落とさぬようなリメイクドレス、十分策を練ります。

 

Comments are closed.