ウエデイングドレス どなたもきれいに見えるお直しの重要ポイント

800-doresu

ベアトップのウエデイングドレスどなたも憧れますが難しいドレスです。 胸周りがピッタリするお直しの重要ポイント(ここが大事)を押さえましょう。

肩のないウエデイングドレス 非日常的で見た目も大変素敵でいつかは着てみたいドレスですよね。

ところが大変難しいドレスなのです。

肩部分の支えがないので ウエストから胸周りの狭い身頃で大きく広がるドレスを支えなけらばなりません そのため身頃部分は着る人にピッタリ合わせなければなりませんね。

バストサイズが9号、11号でも 体系がそれぞれ違いますので レンタルでも既製品でも お直しが必要になってきます。

お直しの方法は着る人の体系でそれぞれ 異なりますのでこのようなドレスのお直しは 慎重に注意をしてなければなりません。

今回のお直しは ドレスとのバストサイズが合っていなくて縫い代が少なくマチ部分を付けました バストのサイズをピッタリあわせてみましたら 次に 胸周りのラインに浮分が出て その浮分をダーツで取る事にしました。

ドレスの胸周り、胸位置がピッタリ合っている人はどなたもドレス姿は大変綺麗にみえます。

ですから 胸周りは体系に合ったピッタリなドレスをお召しください。 綺麗になりますので。

 

※ドレスの胸周りサイズと体系は違います。

ドレスをお探し時 デザインの好きな物 そして合うサイズでお探しですが 必ずし試着をして下さい。

ご自分の体系がわかります。

体系が基本ですからその体系に合ったドレスをお選び下さい。

デザインや素材により 着にくい物も有り基本のサイズになっていない場合もありますので

サイズからではなく ご自身の大事な体系に合ったドレス、似合うドレスを選んで頂きたいと思います。

サイズのお直しでドレス着用は可能ですが 時にデザインが壊れる場合があります ご注意下さい。

 

※オーダードレスは着る人に総てピッタリ合うドレスとしてご提供しています。

お値段は少々アップしますが 満足度は100% で 安心のあるご自分のドレスとして自然の笑みもご提供しています。

 

注意点

既製品ドレスはお直しが出来る様に仕上がっていません(装飾品が多い)のでご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.