着物地からのドレス 着物の雰囲気を残しリメイクします

IMG_3035

着物地からのドレス 着物の時の雰囲気を残し(表地と八掛利用)リメイクします。
着物をリメイクする場合 表地のみの使用が多いのですが お客様のご要望で着物の八掛の利用します。

演奏活動を長くお続けになる方々の先生クラスの演奏用のドレスは意外と市場では見つけにくい事と思います。

と 申しますのも 市場は若い層 一番消費人口の多い年代(20代〜30代)をターゲットにしたもの作りで商品化しているので 40、50代のややシルバー層の方々に合うドレスはなかなか見つけにくく そしてドレス素材が大変難しく 探しまわるのに大変なエナルギーを要します。

ドレス美露土では ある程度の年代の演奏される方々には 着物地からの演奏用ドレスはいかがかと お薦めしています。

着物地には要尺の限りがあり 大きなステージでのドレス作りは それなりの工夫を要しますが ある程度のやや小ステージでお召しになるドレスでは十分なドレスに仕上ています。

演奏用ドレスに着物地を使用する理由は!

長く演奏されていると その年代に合うドレスコードも求められますね。

その年代層の方々に合うドレスの素材が市場に大変少なく(透明性の色の鮮やかな物が多いです)既製品ドレスであればなおさら商品は少なく 探す事に大変ご苦労をされています。

そこでお薦めしているのが 多くのお手持ちのお着物からのドレス作りをご提案しています。

着物は生地、柄などがとてもしっかりしていて ある程度の方々にはとてもお似合いになります。(着物は品格があります)

総て着物地のみの使用では 着物の格を落としてしまう場合も有りますのでデザインを起こす場合ドレス生地を挟み込む場合もあります。

着物で完成した品格を落とさない様にドレス作りをしています。

※今回のご依頼は方は まだお若く そして八掛の朱色をどこかに作って欲しいとのご希望で 身頃部分を小さめにし 斜め脇のラインにも朱色を入れました。

着物地の袖部分は残っています。ドレスに羽織るボレロジャケットが作れます(ステージの待合などにお召しいただけます)

着物の色、柄は無限にありオリジナルのドレス作りには持ってこいですね。

ドレスをお召しになる機会がある方々には お薦めのドレス作りになります。

着物地からのお問い合わせなど ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.