ボーダー柄の中学、高校生向き発表会ドレス 制作中です。

800-2bo-da

ボーダー柄の中学、高校生向き発表会ドレス

鮮やかな山吹色のボーダー柄 すそ線を一本に通す作り方をします。

中学、高校生向きのドレスは その年代層に合っていて 演奏用ドレスであれば演奏しやすい事が大事です。

夏に映える山吹色のボーダー柄オーガンジーを使用します。

中学、高校生向きのドレスのドレス丈は大人の様な床丈いっぱいの様な作り方をしませんので ドレスのスカートの裾線が目立ちます。
無地の場合は気になりません。

ドレスのパターンは台形の形をして裾は中心から左右にカーブをして上に上がっています。
ウエストでくびれのカーブを描きますのでそこからスカート丈は均等の長さが必要なので 裾の広がり具合で裾は何時もカーブを描いています。立体裁断ではこのカーブは自然にでます。

大人のドレス丈では床面にドレス裾がありこの裾線が目立つ事はあまりありません。

細みのボーダー柄や小さ目のチェック柄は気になりませんが 写真の様な柄巾が2c位になると見立ちます。

裾線にボーダー柄を一本通すとボーダー柄が全体につながり生地が全部同じ一本線になり見た目にもすっきりします。

 

 ドレスのパターン作りを逆に展開するとチョット素敵に見えます。

本来のカーブの裾線を横一列に柄合わせをし ウエストでスカート丈を調整すると ウエストカーブは屋根型に成りギャザーを寄せるとふくらみギャザーが多くなりバルーン型スカートになります。

スカート丈がふくらはぎ辺りの丈にすると ウエスト部分の程よいふくらみ感が中学、高校生のお嬢様方に似合う雰囲気のドレスになります。

オーガンジーの生地の張り感がボリュームを出していますね。

オーガンジーの素材の特質で無地でも可能です。

※ボーダー柄を縦に使用する場合やバイヤス地に使用する場合など お好みに合わせて作り込む事も出来ます。
工夫するとオリジナル性のあるドレス作りができますね。

仕上がりは後日アップしますね。

 

Comments are closed.