オーダードレス ドレスの裁断物をボディーに合わせ生地の流れ、裾の広がりを見ます。

400-suso

オーダードレス ドレスのパーツを裁断した物 スカート部分は生地も長く生地の流れを落ち着かせるため ボディーに合わせてピン打ちをしま その時 裾の広がりをも確認します。

ドレスのスカート部分のパーツは 前中心、前脇、後脇、後中心 とシルエットの違うパターンで制作しています。

裁断した生地はウエスト部分は細く 裾に向かっての巾広になっている為 裁断生地の流れが幾分ゆがんできます(バイヤス方向) その為生地の流れを落ち着かせるため 生地をボディーにピン打ちして生地を流し 生地の裁断面が落ち着いてから 縫いに入ります。

光沢のあるサテン系は生地の織り方がゆるくなっているので 生地が落ち着くまで流します。

長いパーツの合印を打ち直します。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

Comments are closed.