プリント柄のドレス 裁断したパーツを組み合わせてみます。

ドレスの裁断したパーツを先ず組み合わせてみます。大きな柄は 同じ柄が続くと見苦しいので柄の配置は重要になります。

プリント柄はジョーゼットやシフォンなど柔らかな素材に多くみられ

全体に軽く動きの出るようなドレスに仕上げる事が綺麗なドレスの顔になります。

素材の柔らかさを生かして 見返し部分はなく 表地と裏地との仕上がりになります。

ミモレ丈などのワンピースは軽い、薄地の仕上がりでも良いのですが ドレスの様に長い生地の場合は 生地の重さで伸びる心配も出てきます。

そこで今回の様に ウエスト部分で切り替えその部分をハードに仕上げる事で ロングスカート部分のパーツを保つことが出来ます。

裾の広がりが多い場合は ウエスト部分での切り替えのあるドレスが柔らかない素材には合うと思います。

 

Comments are closed.