きつくなったドレスのお直し どれ位、きついかを表示してみましょう。

きつくなったドレスのお直し 特に演奏用のドレスは演奏する時の動き分も必要です。 どれ位、きついかを 直す人には、中々伝えにくいですね きつさを表示する方法をお知らせいたします。

以前は、丁度良かったドレスが 久振りに着てみると あれ!きつい! という経験は多くの方がお持ちだと思います。

ドレスは高額なので その時に合ったサイズにお直しをして お召し頂きたいとおもいます。

と言っても なかなか そのきつい分量を数字で出す事が出来ませんね。

そこで ある程度の 簡単なサイズ出し 寸法を知る方法を動画にしました。

背中心のファスナーの位置で 必要なサイズ、ゆるみ分を調整します。

動画で見せています様に テープでつなぎ必要ゆとり分を調整します。 この必要寸法は 背中心だけでは出しません。

バスト位置、ウエスト位置、 背幅位置など それぞれ出す寸法は異なりますので 縫目のある部分に左右均等に振り分けます。
縫い代で出せる範囲で出します。(デザイン的にない場合もありますので注意してください)

目安は 身巾は6c位まででしたら 身頃の縫目から巾を広げます それ以上出す場合は ファスナーを外して出します。

6cm以上に巾出しをする時は 肩の厚み巾もありますので 肩の縫目の巾出しも必要になります。(サイズを上げるグレーディングの方法です)

もし それ以上になりますと 別生地を、はさんだ身巾出しになります。

そのあたりになると リメークの方法で少しデザインを変えた方が良くなる場合もあります。

お悩み事がある方は 気楽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

Comments are closed.