黒のドレス用の素材、黒色は非常に多くあり注意が必要です。 

演奏する人達にとっては黒のドレスは必需品ですね。
素材により黒の色が、多く存在しています。
ドレスをお作りになる時は、黒の、色合わせに注意をして下さい。

黒のドレス素材、色は 実に多くの色があります。 既製品どうしでも 別のメーカー品と合わせると 色が全く違ってみえます。

オーケストラなどで多くの団員の方達が 一同に集まりますと 黒の色違いが多く発生します。

黒の中で一番映える黒は 漆黒(漆の黒)と呼ばれている黒色が一番映え きれいにみえますね。
漆黒 と呼ばれる色は 通常2~3回の染で黒色を出しますが それよりも 倍の染付けにして 深く色を入れます。

但し レースのような透ける素材は難しく 黒くする場合は、染の工程も長く それらがお値段にも反映します。

黒の素材、色合わせの様子を動画にしました。

 

黒色で一番注意をしなければならないのは 素材違いを使用してドレスを作る時です。

どれ程の黒色であるか を念頭に置いて 素材の組み合わせよりも 色の統一を重要にする必要がありますね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.