少し華やかな着物地からおしゃれなスカートにリメイクします。

和服の道行 親は娘にと思って作ってくれていますが 手を通す事もなく

ただただ箪笥で長く眠っていました

何かリメイクをして生かしたいと思い おしゃれなスカートに作り替えます。

洋服柄としても利用できそうなプリント柄の為 単品のスカートを作ってみます。

元はこのような道行の形をしていました。 元の形の写真を撮り忘れていて 生地を並べてみました。

反物につなぎあわせ 湯ゆのしから上がった様子です 一度も使用してなくてもシミが生じたりしていますので 湯のしとクリーニングは必ず通します。

着物地は、反物巾36cmで出来ていますので 広がりが欲しい場合は接ぎパーツを作らなければなりません。

接ぎのパーツを挟む場合 このようなプリント柄は横の棒柄をきれいに合わせ様にします。

縦の棒柄は横柄ほど気にはなりませんので 横を重点に合わせる様にします。

柄行きでは 一方方向の場合もありますので注意が必要になります。

道行 とは着物のうえに羽織るコートなので 室内では抜くのがマナーです。

羽織と違う意味合いがあり 少し華やぎのあるものが多いですね。

道行を着こなすと和装に上級編ですが 世の中は洋服一辺倒となり 大変勿体なく思います。

ただ箪笥にしまっていても 年齢も増すと手を通す事が出来ず 再利用 何かの形でリメイクを提案したいと思っています。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

Comments are closed.