デザイン画から仕上がりのイメージを煮詰めます

20150107_header

ピアノ演奏用ドレスとフォーマルドレスを兼ね備えるドレスのご依頼です。
まず、ご要望のイメージのデザインを起こします。

ミセスの方々には、ご自分の演奏会などの会場内でお客様のご接待をなさる方も多くいらっしゃいます。
演奏後に演奏用ドレスでご接待される際は、お客様にも気を使う事になりますので、「兼ね備えが出来るドレスはない物か」というお問い合わせがあり、このようなデザインを起こしてみました。

ブラウスとロングスカート、そしてピアノ演奏用にとオーガンジーのオーバースカートを別仕立てにしています。

ステージ上のピアノ演奏には、透明感もあり広がった装いがより華やかさと優雅さが演出できるため、オーガンジーのオーバースカートをプラスしてみました。
取り外し可能のサッシュベルトは、よりゴージャスになる様にレースとビーズを散りばめています。
襟ぐりにも少し華やかさを出し、コードレースを付けています。

演奏後にご接待する際は、オーバースカートを外したスタイルでもOKですが、大切な目上の方々がいらっしゃる場合に合わせ、フォーマルな組み合わせにしてみました。

ブラウスとロングスカートは、演奏時と同じ装いです。
ジャケットを羽織る事で正装のフォーマルウェアーになります。

スカートの後ろ部分に同色のジョーゼット素材を接ぎ、ピアノ演奏中の足の広がりがスムーズになる様にしています。
ジョーゼットは立った時に生地がストーンと落ちますので、ロングスカートのシルエットは変わりません。

ブラウス・ロングスカート・ジャケット・オーバースカート・サッシュベルトの組み合わせにしてみました。
このように「着替えずに場面場面に合う装いが出来るドレス」もミセスの方々には必要なアイテムですね。

Comments are closed.