シルクをご希望のお客様へ 演奏中はスポーツと同じ程大量の汗をかきます、シルク素材では汗対応は難しいですよ

オーダーをして作る演奏用のドレス
「せっかくだから、やっぱりシルクね」というお客様のお声に、ちょっとお待ち下さい!!

力を入れた演奏会でシルク素材をご希望のお客様もいらっしゃいます。しかし、ちょっとお待ち下さい。
演奏中はスポーツと同じ程度の大量の汗をかきます。シルク素材では汗対応は難しいのです。

ご自分の結婚式や特別なパーティー等、気を遣うシーンでのドレスは、素材・色・デザインも最上の物とお考えの姿勢は、とても素敵です。
ご自身のドレス姿がパーティー会場に似つかわしいかどうか等、第三者の意識も考慮に入れての気配りは、失敗のないドレス選びで、好感の持てるドレス姿になるのではないかと思います。

しかし、演奏会用のドレス選びは、もう少しお考えを深めて頂きたいと思っています。
ここでは、ドレス素材の選び方についてお知らせしたいと思います。

演奏する演目にも寄りますが、演奏中の体からは大量の汗が出ています。特にコンクールなどに挑戦される学生の方々は、真剣に向う姿勢と緊張感からスポーツ選手ほどの汗をかいています。長い演奏曲ですとなおさらです。

そこで、ご提案したい事は、
このような演奏用のドレスには、出来ればシルク素材を避けて頂きたいという事です。

シルク素材の特徴は光沢がきれいで、軽く見た目にも上品な印象を与えます。
しかし汗などの対応が難しく、演奏中の大量の汗を発散する事もできないので、ドレスの表にしみ出て後の始末も大変です。
ですので、シルク素材はドレスとして最高の素材ですが、演奏用のドレスとしては向いていない場合もあります。

ドレス美露土からのお薦め素材は、ポリエステル素材です。

お客様 「ポリエステル? 何か安っぽく、ガサついて硬いイメージだけど・・・」

美露土 「素材は年々開発され、天然性の風合いと変らない物がすでに市場に出ています。ドレス素材も年々開発された物が出来ているんですよ」

お客様 「へぇ、そうなんですか!」

美露土 「ポリエスル素材をお薦めするのは、軽い・丈夫・発色がきれい持ち運びに便利でデザインによって自宅での洗濯が可能ですし、素材によっては吸湿発汗性の物もあり、スポーツと同じように汗をかく演奏をされる方には、ポリエステル素材をお薦めしています」

と、このような提案をさせて頂いています。

生地店などでドレス素材はなかなか一般にはお目にかかる事は少ないのですが、ドレス美露土は、ドレス素材向きの織物工場があります。また年々開発した新素材もメーカーに出しています。
素材だけのご相談も、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Comments are closed.