セット組の演奏用ドレスはいろいろ着まわしが可能です

セット組のドレス
組合わせが可能なドレスは、発表会・演奏会など色々なステージで重宝します。
また、ピアノ伴奏用ドレスとしてもお薦めです。

ブラウスとロングスカートを同素材・同色でワンセットお持ちですと、

  • ロングスカートと別素材キャミソール
  • ロングスカートと別素材ブラウス

など、すでにお持ちの物との組あわせができ、ステージに合わせ重宝します。

ピアノやヴァイオリンの発表会・演奏会で、演奏者として出られる時は、上下を揃えるかくだけ過ぎない組み合わせがお薦めです。また、ピアノ伴奏として参加される場合は、ソロ奏者より少し控えめの組み合わせがお薦めです。

下のスカートはパープルとゴールドのシャンブレーオーガンジー2枚重ねでフレアーがたっぷり入ったギャザーのロングスカートです。
ブラウスはシルクブラウンにミシン刺繍が入った素材を使用しています。シャンブレー(玉虫色)はいろいろと色が変化し、上のブラウスやキャミソールを合わせやすいです。

同じロングスカートに上を黒ベルベットのキャミソールに合わせました。
黒部分が多いと全体の印象がきつく見えるので、分量を少ないものが良く透け感のある物がお薦めです。
上のキャミソールは、肩部分が透けるジョーゼットを使用しています。

スカート生地の重ね方で色を濃く、シャンブレーの光沢が良く出るようにしています

トップの色が濃く見えるような場合は、同系色のコサージュなどで色の広がりを演出します

発表会・演奏会用ドレスなどをセット組ドレスとしてお考えの場合は、新しいドレスをオーダーされる前に今お持ちの物に合わせる事を第一にお考え頂き、現在何が足りないかを十分考慮した方が良いと思います。

コサージュ一個で華やかなイメージの違ったドレスになる場合もありますし、ショール1本で華やかなリボンになる場合もあります。
セット組のドレスの特徴は、お持ちの物 プラス 何かをお考え頂く事で無駄のない素敵なドレスに変化できるという事です。

発表会・演奏会は力量を発揮する場所です。自身を持って登場して頂きたいと願っております。
どのような些細な事でもお尋ね下さい。分かる範囲でお答えいたします。

 

Comments are closed.