演奏用ドレスは、演奏時の試着が一番重要です

発表会・演奏会用のドレスは、どのように試着をしお買い求めていらっしゃいますか?

「今回はこんなイメージの選曲でステージはこんな雰囲気だから」と、ドレス売り場でドレスを選び、サイズが合えばというようなドレス選びをされていませんか?(もちろん、演奏されているようなしぐさも試しながら…)

ですが、演奏用のドレスは、それだけでは十分とは言えません。

ドレスを試着し実際の楽器で演奏をして、演奏時の機能性を確かめない限り、本当の演奏に向くドレスかどうかは判りません!
ピアノ・バイオリン・ハープ・フルートなど、楽器によって動きと姿勢が違いますので、演奏の真似だけでは、本当の確認ができていないのです。

例えば、楽器に付いたペタルのふみ具合までもドレスの機能性に関わってきます。
素材や長さによってもペタルにからまったりします。そして、一つ気になると終始演奏にひびき、実力を発揮出来ません。

ある演奏家がスリムでとても素敵なドレスをお召しでした。ご本人にも大変お似合いでした。
ところがステージ袖から中央までが長く、十分なドレス裾巾ではなかったので(リハーサルは私服だったのでしょう)、延々と時間がかかってしまい観客も指揮者オーケストラも会場中かたずをのんで見守っていました。
演奏家はこの視線を感じて動揺してしまったのか、演奏は乱れ満足のいく演奏会ではなかった事がありました。

これも十分な演奏時の試着をされないまま、雰囲気とサイズ、売り場で軽く歩き回るだけの確認でご購入をされたのでは?と思いました。

演奏用ドレスは華やかなパーティードレスとは違い、十分に試着される事をお勧めいたします。

ドレス売り場は様々な形式がありますが、試着を十分ご希望されてご購入してください。(既製品は、ターゲット層の多い商品を作りますので、演奏者の要求に応える物は少ないように思います)

サイズだけでは演奏する機能性が十分ではありませんので、ドレス美露土ではご注文時に必ずご試着をお薦めしています。
ドレス選びは慎重に!

Comments are closed.