ピアノ演奏用ドレス 動きやすい袖の工夫

20141017_header

ピアノ演奏用ドレスで袖付きをご希望の場合、演奏に支障がないような工夫が色々とあります。

キャリア層の方々になると、「ちょっぴり袖がある方が安心」とご希望される方が多くいらっしゃいますね。
今回は袖下を突き合わせて、ゼロにした袖を作ってみました。

見た目には小さ目のギャザー袖に見えるように仕立てています。

袖下はこのように突き合わせになっています。

袖下の縫目がないので、ピアノ演奏がしやすくなっています。
袖付のドレスは、大き目の袖やギャザータックの袖などが演奏しやすいというご意見を時々耳にしますが、ピアノなど座って演奏する場合は、腕の動きで顔が隠れたりしていて、演奏中とても気になってしまいます。

「見た目には普通に小さく演奏の動きが十分にある」
こういう袖作りが演奏用のドレスにはふさわしいのではと、今回のご依頼で作ってみました。
ジョーゼット素材で柔らかく、肩への負担もないので、素晴らしい演奏になる事は間違いなしですね!

Comments are closed.