着物地がドレスに変わる時、素材の雰囲気も変えます

suka-to

着物地を利用してドレスにする時、素材の雰囲気も変えないと違和感があります。

訪問着の柄を開いた状態です。
和装の色合いは濃淡それぞれに着物としての美しさが有ります そのままドレスとしてリメイクする場合 色、柄に違和感があり全体をぼかし色の雰囲気を変えてドレスにします。

ドレスに展開する状態で全体にグリーングレーのオーガンジーを重ねています。透明感のあるオーガンジーで色、柄を押さえ全体の色が洋服(ドレス)の色合いに近づけてから制作します。

着物地からリメイクしたドレスになります。

ドレスの裾の広がりを出すのに同色系のジョーゼットを各パーツにハサミ入れ 袖と衿部分も同じジョーゼットを使用しています。

着物生地をそのまま利用してドレスにした場合

上の写真は 着物地をそのままブラウスとスカートにした場合 柄が着物のモチーフなので着物地を使用しただけの印象で 着物の風格が落ちてしまっています。

 

ドレス美露土がこだわる

着物地からドレスにリメイク方法は

着物は柄、素材によって品格があり 場所と用途を選びます。

その品格を落とさないでドレス(洋装)にする場合は 生地から洋装に合う雰囲気を持った素材に先ず手を加え それから制作に入り方法をしています。

 

Comments are closed.