中学、高校生向き発表会ドレス 自宅で仮縫いが出来ます。

yajirusi-1

中学生、高校生向きのドレス サイズや体系が合わない場合には仮縫いを入れ、ご自分に合うドレス作りはいかがでしょうか?

中学、高校生向き発表会ドレス 雰囲気のある物はなかなか見つけにくく そして丁度、成長期はサイズや体系が安定しません。

コンクールなどお嬢様の将来のかかった大事な発表会。

お時間をかけ探す事も一案ですが お好みの色、デザイン、素材、体系など総て叶う オーダーでのドレス作りもお薦めです。

ドレス美露土では サンプル(既成品)ドレスもたまにご提供していますが その着る人に合った仮縫いを入れたオーダーのドレス作りを主にしています。

ドレス作りに何故、仮縫いが必要か?

それは 演奏する楽器や演奏者の演奏する時の姿勢の違いから 動きや余裕分がそれぞれ異なっているからです。

ピアノ演奏やヴィオリン演奏者の動きが全く違いますのでお解りになるとおもいますが そこにそれぞれの演奏のくせ(スタイル)が加わります。

◎腕の動かし方によってドレスの袖くりがその演奏者に合わない時

◎前かがみになるため 後ろ身頃のゆとり分が少ない(バストの一周サイズは同じでも前、後身のバランスが違う)

◎座っての演奏、立姿の演奏の違いからくる 見頃の締め付け

◎ドレスの裾の広がり、楽器のペタルに絡まる場合など など

演奏者にしか解らない ドレスへの不快感があります。

以上の事や、まだ他の事をクリアーする為に仮縫いは必須条件となります。

仮縫いって 難しくってお店の人に見てもらわなければならないのでしょう?

お店に来店できる範囲の方は 仮縫いを見て差し上げられますが 演奏者は大忙しで近くても 中々来店のお時間のが決まりません

そこで、ご自宅に仮縫い状態のドレスをお送りして ご自宅で着合わせ、試着をして頂きそして十分に演奏をされ その後不都合な点などをお聞きし 修正をして 仕上げに入っています。(不安定の場合は もう再度仮縫いいたします)

先ず仮縫い状態のドレスをお召し頂き 浮分、きつい部分をピンで止める。 演奏用のドレスは難しいデザインをあまり作りませんのでご家族のどなたかに診て頂き 浮分をピン打ちしたり きつい部分の仮縫いの糸はずし余裕分などを出し確かめます。

動画は肩の浮分と脇の詰め分がピン打ちして戻って来たものです。

演奏時の余裕分が入っていますので ゆるさやきつさは余りないはずです ここから不都合な点の再確認をして仕上げに入ります。

ドレスの仮縫いはご自宅で、ご家族でする事ができます。

難しいデザインや 特殊なデザイン素材以外はほぼ ご自宅で仮縫いができます。

演奏用のドレスの場合は 先にサンプルドレスを一度ご注文のお客様にお送りし 着合わせ、試着をして頂き そこを基本にサイズ、デザインを決めてゆきますので大きなズレは生じません。

体形的に難しい場合はこまめな仮縫いをしています。

※仮縫いを一度いれるだけでも 全体のフイット感、ご自分のドレスらしさが解り 本番の当日は安心して演奏する事が出来ます。

コンクール、発表会当日が安心して望めるドレスをお召しになってはいかがでしょうか!

 

コンクール、発表会のドレスのお問い合わせなど お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

 

あります。

 

Comments are closed.