中学、高校生向きのドレス 表示サイズだけでは不安 購入時には試着がお薦めです。

600-basut

中学、高校生向きのドレス 購入時には試着がお薦めです。
この時期は大人の様にまだサイズが一定していませんので表示のサイズだけでは着心地具合がわかりませんので試着をされてからご購入下さい。

中学生、高校生らしい デザインは勿論大事ですが この年代の時期は成長期でもありますので 表示サイズだけでは合わない部分も発生します。  同じバストラインが84cでも厚み分や横幅分、バストトップの高さなどそれぞれ違っていますので表示サイズだけでのご購入は難しい場合もあります。

写真は一例ですが 胸位置の切り替え、バストラインなど 試着をして解る事が多くあります。

◎バストトップがまだ高くない人はこの切り替え位置でも納まりますが 成長時のバストが高い人は 切り替え線を上に上げないと安心できない状態になります。

◎胸の厚みや横幅のある人は バストラインの位置を移動しないと綺麗なラインが出ない事などもあります。

ドレスは下着の上にピッタリと添ってこそ綺麗なドレス姿になります。シャツやブラウスのようなゆとり分はありません。

 

 

中学、高校生のお嬢様方はドレスをお召しになる時は
演奏会、発表会の時が多くその演奏中の機能性も十分考慮しなければなりません。

ピアノ演奏やバイオリン演奏など 楽器による奏時の体の動かし方なども違ってきますし また演奏スタイルが演奏者にとっても全くちがいます。

立ち姿が良くても 座っての演奏でウエスト部分がきつい、ハープ演奏などでドレスの裾がペタルに絡んだりなど 楽器に合った機能性はそれぞれ違っています。

試着をする時は本来はここまでのご確認をされると良いのですが 難しい時は「椅子に座らせて下さい」とお申し出されると良いと思います。

ドレス美露土では ドレスのご試着をしてから オーダーのドレス制作をしています。

ドレス美露土のドレスをご自宅にお送りし 機能性、軽さ、着心地をご確認頂き(ドレスを試着してピアノの演奏やバイオリンの演奏をご自宅で確認お願いしています) そしてその方のサイズを実物のドレスからサイズを頂きます。

色、素材、デザインの変更などもお聞きしています。

 

制作の途中に必ず仮縫いを入れています。

試着ドレスからのサイズ変更デザイン変更などを経て ある程度のドレスの形にしてご注文のお客様に仮縫い状態でご自宅にお送りし最終のご確認をして頂いています。

装飾品が欲しかったが 真剣なコンクールに向かって 機能性が一番と思う方も多くいらっしゃいます。

コンクールや演奏会など大きな発表の場に向かってご自身のドレスへの思い込みも一段とアップします。

仮縫い後 ドレスをお送り頂き ドレス美露土は仕上げに入ります。

ご注文を頂いたお嬢様にピッタリのドレスをお作りし納品させて頂いています。

※演奏用のドレスがなぜ オーダーをお薦めしているかと申しますと演奏する楽器、演奏者の演奏スタイルが皆それぞれことなります。長い間の練習スタイルがその人のシルエットになっているので その方々の演奏スタイルに合ったドレスが一番と考えその動きに合うドレス作りをしています。

お値段は少々高くなりますが 一人一人に合った仮縫いを通したドレス作りをしています。

中学、高校生向きのドレスは市場には少ないですね。 ご質問、お問い合わせなどお気軽にお尋ねくださいませ。

 

Comments are closed.