袖付ドレス ピアノ演奏がしやすい中学、高校生向き発表会ドレス

IMG_1801

腕が十分に動きピアノ演奏がしやすい 中学生、高校生向きの発表会ドレス

中学生、高校生向きの発表会ドレスは 身頃の肩があり ドレス丈がひざ下からくるぶし辺り
衿ぐりが大人ほど深くなく顔立ちに似合う衿ぐり方が良いとおもっています。

まだこの年代はノースリーブより小さ目の袖や 袖らしいものがある方が安心して演奏が出来るようですね。

袖にポイントのあるデザインのドレスをご紹介します。

 

袖があると安心して演奏会に望めるお嬢様方へ

小学生の頃はドレスの全体の面積が小さい為 可愛らしさを強調するパフスリーブだったり 大きなリボンなどで装飾を増やしなどのドレスをお召しで発表会に出られていたお嬢様方も多いと思います。

腕の向き出しは ドレスのボリュームに対して貧相に見えたりもしますので お母様方は袖付ドレスをご用意され そんなデザインに安心感がある場合もありますね。

中学生になったからとノースリーブの急な大人っぽさもまた似合いませんね。

袖があると安心して演奏が出来 また、ちょっぴりおしゃれで動きやすい袖のご紹介をいたします。

ドレスに袖を付けてしまうと 演奏する時はとても窮屈でピアノ演奏中 思った鍵盤まで手が届かず苦しかったご経験はありませんか

時々見かけるドレス姿 袖が意外と大きいドレスをお召しの方を見かけます。

演奏のしずらさからの大きめの袖にされているのだと思いますが
演奏を離れた時など(挨拶をされている時など)ドレスとのバランスに違和感を感じる場合もあります。

安心の袖があって かつ 演奏しやすい袖付ドレス

袖の内側

袖の内側にゴムベルト(ゴムの伸びは動きやすくする為)を付け そこに前、後ろのリボン型羽を重ね 袖下はたっぷり余裕がある形で上に向かったデザインになっています。

肩の頭は出ていますので 大きな袖の重苦しさは感じないように作っています。

中学生、高校生の演奏用、発表会ドレスは身動きの良い軽快さが大事ですね ドレス丈も気を付けたいものですね。

 

演奏中の動きが十分にある事が大事です。

見た目はすっきりと そして演奏中は身体を締めない様なドレスをお召し頂きたいと思います。

何処かを我慢していますと実力が十分に発揮できません。

中学生、高校生のお嬢様方はコンクールという大事な登竜門があります。

普段の練習の様なスタイルで安心感のある 軽く、十分な動きのあるドレスをお召しになる事をお薦めいたします。

写真のクリンプオーガンジーは軽く柔らかい素材なので 中学生、高校生向きにご提案してみました。

ご質問などありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

さいませ。

 

Comments are closed.