イベント、コスプレ衣装向き、ぼかしシルバーラメシワ加工入り

IMG_3444

イベント、ステージ、コスプレ向きのシルバーラメシワ加工入りオーガンジー ソフトタイプ

ラメ糸が入って一見華やかそうですがシワ加工が入る事によって光沢もやや鈍くなり落ち着いた品の良さにもみえます。

スタージ衣装やイベント衣装またコスプレ衣装のご利用にはもちろんですが

シワ加工の光の不規則な反射がミセスの方々のピアノ演奏用ドレスやロングスカートでの演奏会にもご利用頂けます。

ラメオーガンジーなので 軽くシワにならないのが特徴です。


ぼかしラメ生地はグレーから白に変わる部分に薄いブルー色がお洒落に入っています。

パーテイー向けにパンツとジャケットのスタイルもすてきですね。

色々心配 演奏しやすいドレスにお直しします

600-afuta

肩部分がないドレス演奏しにくいですね。
安心して演奏できるドレスにお直しします。


ベアトップのドレスは見た目にはとても素敵に見えますが 楽器を演奏する方々にはドレスの着用で心配な点が多々あります。

ピアノ演奏の様に座っての演奏スタイルはベアトップドレスでも大丈夫ですが
立姿での演奏 ヴィオリンや声楽時の演奏では身頃部分がかなりの締め付けがあり(ドレスのスカート部分が長く重い為)胸周りの不安定さで演奏が心配とよくお聞きします。

今回はヴィオリン奏者の方のドレスをお直ししました。

ドレスの全体のサイズは合っていますが 胸の形のサイズが合わずぶかぶかするのと
不安定感で演奏に集中出来ない とのご不満から

ドレスのチュール地の一部から生地を利用して 肩部分を生地を二重に付け安定性とさらに演奏時に動いてもさらに安心 と透明ストラップを中に付けています。

難しい演奏など 演奏に集中したいので これで安心! とホットされています。

 

市販のドレスは機能性より華やかさが一番に製品になっています。

演奏する方はご自分の動きにあったドレス選びが大事ですね。

オーダーでのドレス作りが一番ですが 少々お値段もアップします。

既製品でも演奏に向くお直し可能なドレスもありますので

ドレスの不都合などでお悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

黒ドレス ワンランクアップ美人になる!

namae-d-bd

ワンランクアップしたいなら黒のドレスを選ぶべし!

黒の演奏用のドレス 大人数のオーケストラでは当たり前の様に黒をお召しですが
黒のドレスは物凄く 演奏者を美人にみせていますね。

写真は黒シャンタン薄地を使用したドレスですが 演奏者を美人に見せるポイント

衿ぐりを大きくカットしすっきりみせています。

長めのドレスにはノースリーブが良い。

後ろスタイルは ネックラインを大きく深くカットしています。

身頃にポイントを集中させているのは着る人を美人にしたいから。

黒のドレスはロング丈が絶対美人になります。足元をすっぽり隠れていれば聴衆は上半身に目を据えています。

※身頃、顔周辺の肌の露出が多めにしているのは 日本人の女性の肌がきれいだからです。

黒とベイジュ肌の色調和は大変素晴らしいです。演奏者のスているが良ければ演奏もまた素晴らしい事間違いないです。

演奏する人はしっかりみられています。

そして このドレスはポリエステル100%の生地を利用していますので

自分で自宅で洗濯出来る二重にお得なドレスになっています。

自宅で洗濯出来るドレスは表生地と共に裏地の生地も選んで使用しています。

装飾品をあまり付けない事が洗濯可能のドレスでもあります。

シンプルな黒ドレスは美人度をアップしますね。

 

 

 

 

ダンス、コスプレ衣装花柄ストレッチチュール生地

IMG_3378

ダンス衣装、コスプレ衣装向きストレッチチュール生地

社交ダンスやフラメンコなど大きな動きのある場合の衣裳はストレッチ性の生地がお薦めですね。

演奏用のドレスやパーテー用のドレスは 生地にも光沢や、華やかさが必要になるためストレッチ性をあまり重要としません 動きが大きくありませんので。

社交ダンスになるとハードな動きに合うドレスが必要となり
生地の伸び縮が大きい素材が必要になってきます。

ドレス生地と言っても用途に合う生地選びが大事になってきますね。

今回ご紹介する生地は ストレッチ性の大きな花柄(アイボリーと黒)になります。

アイボリーと黒のモノトーンの色合いで大きな花柄が大人の雰囲気のあるステージ衣装やダンス衣装にむいています。

ストレッチ性は十分にあり 程よく生地の落ち感も有りシワならないのが嬉しい生地で
ダンスドレスとして作られ、簡単にバックに入れて持ち運べるのが特徴の生地になります。

ストレッチ性で大な柄がお薦めの生地になります。

 

 

 

 

母のウエデイングドレス、リメイクして自分の結婚式に着ます。

黒橋さまwd

母のような幸せになりたいので、25年以上前に母が着たウエデイングドレスをリメイクして結婚します。
結婚生活 母がお手本 大丈夫!

お母様の当時の結婚式でウエディングドレスをお召しの写真

「母の様な結婚生活が理想なので 母のドレスを自分の結婚式に着たいのですが」

と 「このままでも良いですか? それともリメイクをした方が良いでしょうか?」と

ご相談頂きました。


当時お母様がお召しになったウエデイングドレス

ドレスのサイズはピッタリなのですが ウエデイングドレスも時代のデザインがありますので 本体を崩さず 現代風にリメイクされてはとご提案しました。

25年~40年位前は 貸衣装が広がり和装と洋装の二型の衣裳で結婚式、披露宴をする方が多くいらっしゃいました。 ほとんどが式場にある貸衣装を利用されていましたが ご自分のウエデイングドレスをお誂えされている方は大変少なかったと思います。

お誂えのウエデイングドレスは手元に残り大事に保管されていました。

今回のようにお嬢様にお譲りして 再び日の目を浴び注目される事が度々あります。

ドレスという物があるだけではなく その人生の先輩のお母様の生き方が幸せで充実しているからこそ お嬢様は「母のように生きた」と母のドレスを自分も結婚式で着たい
と強く願われるのでしょうね。


このようなドレスにリメイクいたしました。

優しい表情の清楚な方なのでレース生地だけを利用したシンプルなデザインにしました。