ウエディングドレス ドレス丈のお直し

500-doresu

ウエディングドレス ドレス丈のお直し ドレスにボリュームがあるため
ご自分のドレス丈の不都合には気が付きませんが
ドレス丈は着るご本人にピッタリの丈が一番綺麗に見えます。

ウエデイングドレスはレンタルが多くお直しは不可能な場合が多くて
なんとなくがまんをして召されている事が多いですが ご自分のドレスであれば ご自分のサイズにピッタリ合わせる事が一番安心で綺麗にみえますね。

胸周りや身頃は着心地の不安からご自身もすっきりせず お直しをされますが ドレス丈に関しては経費もプラスになり「いいです、がまんします」の方も多くいらっしゃいます。

ドレス丈ピッタリになっていなくていいの?

ドレスの丈は下にパニエを合わせていてもいなくても 着る人の丈が床すれすれが一番綺麗に見えます。

ドレスの前部分が床で折れ曲がっていては全体のドレスの綺麗さが半減しますね。

ウエディングドレスの場合は ご招待の来客も多くご挨拶も有り色々狭い所も移動しなければなりませんね。

前部分の丈が長いと綺麗に動けなく片手はいつもドレスを持ちあげています。

花嫁さんは意外と両手の作業が多くあります。

それだけではなく

ドレス丈がピッタリ合っているとご自身が一番綺麗に見えます。

大事な記念写真は永久に残り、周りからのスナップ写真も同時に多く残ります。

丈ぐらい と お思いかもしれませんが 見た目の外部からは一番目立つ所になります。

身頃がゆるいや、きついは ご自分だけの想いですが

ドレス全体のシルエットはどなたにでもわかります。

ご自身のドレスであれば 身頃もドレス丈もきちんと合わせたお直しをされる事をご提案いたします。

細部まで気使いの良い花嫁さんと評判になりませんか!

※ご自身のドレスはご自身のサイズに合ったドレスをお召しになる事をお薦めいたします。