シニア層向け演奏用ドレス キャップスリーブが素敵です

sodeaxtupu-1

シニア層向け演奏用ドレス ピアノ演奏がしやすいキャップスリーブがお薦めです。

最近はリタイヤされた方が音楽の活動をされる方が多くいらっしゃいますね。

そのような方向けにドレスのご提案です。

永年、音楽活動や音楽の指導をされる方々はドレスに慣れていらっしゃるので
シルバーの年代になってもドレスの着用はそれほど抵抗はありませんが
ドレスにあまり馴染みがなくご趣味で活動始められるとドレス姿には憧れますがちょっと抵抗がありますね。
と言っても ドレスアップの発表会は大変嬉しくステップアップにもなります。

そこで 袖付のドレスをお薦めいたします。

ドレスは多くはノースリーブの物が多く 見た目もとても素敵に見えますが シレバー層の方々には少し抵抗があるかもしれませんね。

小さ目のキャップスリーブは肩がむき出しになっていなので安心感があり安心して演奏会に望めます。

袖をどっぷり付けますと とても重く感じ ドレスの素敵さも半減します。

 

キャップスリーブとは

キャップ(帽子の様な形)袖の頭部分のみの形は 袖下が自由に動き 演奏、特にピアノ演奏には身頃とくっついていない為大変スムーズに行えます。

若い元気な演奏者にはちょっと重く感じるかもしれませんが
シルバー層や 中学、高校生辺りのドレスをまだ十分着こなせていない方々には大変安心で人気がある袖になっています。

見た目は小さな袖の形をしていますが 袖下部分が無く腕がスムーズに動き 演奏が大変しやすいのが特徴です。

ロングドレスとのバランスから小さ目の袖はとても素敵に見えます。

 

キャップスリーブドレスがシルバー層の方々にお薦めの理由は

年代が高くなると ドレス特有のタップリ広がったドレスはチョットバランスを欠いてしまいますね。

全体にタイトなシルエットになったり、良質な素材がお似合いになる様になります。

デザインとしてシンプルが一番良くお似合いになる年代になります。

シンプルになればノースリーブが定番で そこに透けるボレロや、ジャケットがワンセットとして提案されています。
しかし演奏用ドレスにジャケットなどは大変重く 見苦しいものです。

演奏用に向くドレスは ショールやジャケットをプラスしない単独のドレスが基本です。

ドレスがノースリーブのシンプルなドレスは素敵ですが シルバー層の方々にはちょっと抵抗がありますね

そこで重くないキャップスリーブは演奏しやすく 見た目にも爽やかで 安心して演奏に望めます。
(ボレロやジャケットを身に着けている安心感)があります。

スカート部分がビックであればバランス上 袖や肩部分が要りませんが

シンプルなドレスでの演奏では安心感と見た目の素敵さ からシルバー層の方々にキャップスリーブドレスをお薦めしています。

 

 

 

自分で洗える演奏用ドレスお得感満載です

700-2

いつもクリーニング専門店に出していたドレス 貴方ご自身で洗えるんです。
たっぷり汗をかいた演奏用ドレス 翌日には爽やかに又お召しになれます。

軽いドレスでシワにならず 荷物の多い遠方での演奏会には、是非お薦めしたい一着のドレスです。

発表会や演奏会に出演される方々はとにかく荷物が多く膨れ上がりますよね。

中でもお召しになるドレスは控室に持ち込むまで汚れやシワにならない様にと大変神経を要しますよね。

そんな演奏者のお悩み解決のドレスが 軽く、シワにならず、自分で洗濯出来る 三方良しのドレスです。

◎素材はチュールプリント地(メッシュ地)網目があるため 柄が幾分薄く見えます。
軽い、シワにならない、自分で洗濯出来るという 特徴があります。
中でも シワにならないドレスが一番うれしいですよね。

今回ご紹介のチユール素材は サテン生地の様な華やかさはありませんので
大舞台やここ一番のコンクール向けドレスでは幾分華やかさに欠けます。

どなたにもドレスの扱いが簡単なチュール素材のドレスを紹介しています
裏地もジョーゼットを使用して 軽く、シワになりにくい素材です。

※衿ぐり、袖ぐりの見返しのない仕立て方(テープ始末)はどなたでも簡単に洗濯出来る様な仕立て方にしています。
洗濯は失敗のない様 漬け置き洗いになります。

演奏会のドレスの持ち込みをすこしでも気楽に、安心して持ち込める そしてたっぷり汗をかいた後の洗濯始末の簡単さ から
この様なドレスが一着あっても良いのでは とのご提案になります。

 

光沢のあるドレス素材は 自宅洗濯は可能ですか?

◎生地の織組織がしっかりしていればサテンの光沢のある素材も自分で洗濯することが出来ますが
仕立て方と裏地の生地選びに注意が必要になります。
(ドレス仕立ては 要、要の生地を安定させる為 接着芯が貼ってあります。その芯押えのミシン目が入っていれば自分で洗濯出来ます)

◎シルクや麻の素材ではない(色落ちや生地面はゆがむ場合がある)
ポリエステルで生地面がしっかりしていれば ご自分で洗濯出来ますが 装飾品(刺繍、ビーズ入り)などがない物に限ります。
※表生地、裏生地も洗濯出来るか確認が必要です。
(キュプラの裏地は 滑りが良く体になじみやすいのが特徴ですが
ご自分で洗濯すると水跡が残ってしまいますので専門店へお出しください)

 

光沢の強い生地は組織の打ち込みがゆるいのでは 洗濯は専門店にお任せ下さい。組織がゆがむ場合があります。

※ どのような生地のドレスも自宅洗濯が可能とは限りませんので ご注意下さい。

自分で洗濯出来るドレスについて ご質問があれば いつでも気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

ドレス向き生地 オパール加工オーガンジー生地のご紹介

DSC03783

ウエデイングドレスに最適なオパール加工入りオーガンジー生地
生地色の重ね方でお好みに演出できます。

オフ白のオパール加工、大柄のオーガンジー生地の紹介になります。

大きな飛び柄なのでウエディングドレスの重ね合わせの生地にお薦めですが セットでの単独のベールにもご利用頂けます。

白と白の組合わせは ウエディングドレスに限られてしまいますので 色サテン地との組み合わせも表現してみました。

写真はブライダル向けピンクサテン地にオパール加工オーガンジーを重ねていますが
演奏会用のドレスなどではスカート部分だけのオーバースカートとしても素敵にお召しになれます。

生地の透け感が高いので 黒や紺などダーク系のすでにお持ちのドレスのオーバースカートにもご利用いただけます。

柄の直径は25cありドレスなど大きめの衣裳にとても良くあいますね。

大人のドレス衣装に合う もう一つプラスの生地になります。

※ウエデイングドレスと対のウエデイングベールはオリジナル性があり素敵な演出になりますね。

https://www.azamiya.com/item/wok-o/  ← こちらで生地の販売をしています。

 

ドレスの仮縫い後のパターン修正は大変大事になります。

600-a

ドレスの仮縫いはサイズを合わせる事だけではなく その人の体系も知る事が大事です。
仮縫い後のパターン修正は、その人の体系を知り そこにデザインのシルエットを含ませた その人だけのパターンが出来上がります。
ドレス美露土ではオーダーでのパターン作成は貴重な資料となり大事に保管しております。

若い人達と違って シルバー層の方々は体形が幅広くドレス制作には仮縫いを欠かすことはできません。

仮縫いによってその人の体系がわかります。

いかに綺麗なシルエットにするかで先ずは仮縫い後のパターンの修正から行います。

シルバー層の方々はサイズがいっしょでも
体系がそれぞれ異なる場合が多く仮縫いをとおしてのシルエットラインの表現は大事になります。

仮縫いで修正が出た場合 浮分、不足分などをパターンに盛り込み パターンの置き直しが必要になります。

その為に仮縫い時の縫目には縫い代を多めに付けておきます。(パターンの置き直しの為)

ドレスのシルエットは サイズと、機能性、優雅なラインを含めた物であって欲しいので
仮縫いの時に色々の状態を見定める必要があります。

ドレスの仮縫いは身体にフィットする物なので仮縫いは必須になります。

ドレスの場合サイズと体形は 仮縫いをする事でしか解りませんので 時間をかけ丁寧に扱う必要がありますね。

演奏用ドレスは演奏中の動き、ゆとり分が必要で特に演奏中の仮縫いが大事です

600-piano

演奏用ドレスは 一番に演奏しやすい事で、各楽器に合う動き分がドレスに含まれていることが一番大事になります。
シルバー層の方々は体系もまばらで動きに合う仮縫いがとても大事になりますね。

演奏用のドレスは楽器の種類によって 体の動かし部分が異なり着る人のサイズに対してゆとりのプラス分はまちまちです。

ドレスをお召しになって演奏する時 これ位は大丈夫とお思いでも外見からは違う場合もあります。
遠方の方などはその仮縫いの様子の写真をお送り頂き その写真を拝見してシルエットなども見直しそして、ドレスの仕上げをしております。

今回は 私事の都合も重なり 練習演奏の様子を見て頂きたい、とのことでお会いする事が出来ました。

ご本人は いままでの演奏着よりはるかに軽く演奏しやすいので これで良しと お思いでしたが 仮縫いする側からは そのご本人にあったサイズ、動き、バランスもまだ、より良くお直し出来ると思いますので 仮縫いの必要性を強く感じています。

動き分を含めた仮縫いは 長い経験から どうしてもご提供したい分野でもあります。

 

最近、シルバー層の方々の音楽でのご活躍も見立ち 素敵なドレスをお召しになれるよう応援したいと思っています。

先ずこの年代の方々に合う素材、色の既製品のドレスは大変少なく ブラックフォーマル的な黒がどうしても支流になってしまいます。

既製品では素材もオーガンジーやジョーゼットと薄く透明感のものが多くなります。

では、どのような素材がよいか ジャガード、シャンタン、サテンなどドレスに向くソフト感のある素材がお薦めです。

次に重要なのは お好きなデザイン添ったシルエットを表現する仮縫いが大事になります。

いつも申しますが 演奏着は演奏する為のドレスで 演奏スタイルが綺麗に見え そして演奏者が演奏しやすい事が重要になります。

そこで 演奏時の仮縫いが大変必要であると考えているのです。

軽さ、動きやすさ、着心地の良さはご自身が一番お解り頂けますが 外観からのシルエットはどなたか、からのアドバイスが必要ですね。

ご希望であればいつでも 見て差し上げられますが 遠方などでは、なかなかお目にかかれませんので 演奏時のお写真や動画など拝見出来れば ある程度の仮縫いは出来ますので 見て差し上げる事が出来ます。

特にシルバー層の方々は体系やバランスはそれぞれ違いますので仮縫いに十分にお時間をかけて頂ければ 素敵なお似合いになるドレスをお作りする事ができます。

ドレスのフルーオーダーでの醍醐味は作り手と共に完成して行く工程を楽しむ事も大変嬉しいものではないでしょうか!
お客様と共に喜びも制作させて頂いています。

フルオーダーまでの余裕がないとお考えの方には お直しやリメイクも仮縫いを通してお直しをさせていただいています。

ドレスでお悩みの事がありましたら お気軽にご連絡くださいませ。