シニア向けドレスに脇プリーツを入れました

700-wakip

ロングドレスやロングスカートの脇にプリーツのパーツを入れるとピアノ演奏など座っての演奏姿勢がとても綺麗になります。

一般に市販されているタイトのロングスカートには足さばきの動きに合うようにスリットやベンツが多くデザインとして作られています

それ成りにとても綺麗なスタイルですが こと、ピアノ演奏やヴィオリン演奏など演奏用ドレスにお召しになると足の素肌が見えびっくりする事が時々あります。

特にシニアの方々の演奏会では足部分を覆う方が安心出来るのではないかと考えています。

すっぽりと大き目フレアーのスカートで覆うのも又 若いデザインになるのでお薦めできません。
セミフレアーや又はタイトスカートはシニアの方々には品の良いデザインですが これが演奏用ドレスになると、とても窮屈になります。

そこで シニア向けの演奏用ドレスやロングスカートの脇にプリーツを入れ動きを楽にして そして綺麗に見える工夫をしてみました。

 

ドレスの脇のプリーツ部分は機能的で装飾性でもあります。

ロングスカートのベンツやスリットの動きの分量をプリーツのパーツで表現したものです。

ドレス本体の共生地でも表現出来ますが よりソフトにしなやかにしたいので ソフトジョーゼットのプリーツで作ってみました。

生地は大変ソフトなので プリーツの奥ヒダのミシン目に注意しなければなりません。

表のプリーツ部分が広がる機能性を重視していますので 裏地にも広がる分量が必要になります。

表のプリーツ生地が透けない場合は 裏地に簡単にスリットを入れれば良いのですが 今回の様に透ける素材は広がりの分量を裏地に持たせる工夫が必要になります。

シニアの方々の演奏用ドレスにはお薦めのデザインになると思って制作しています。

 

 

 

 

 

コンクール、演奏会のドレス 裏地にこだわっています

700-1

真剣勝負のコンクール、演奏会のドレスは汗がべたつかない吸湿発汗性の裏地を使用しています。

丁度成長期である中学生、高校生のお嬢様方
日頃のピアノやヴィオリンの演奏会や発表会 そしてコンクールになると大変な緊張感と共に大量の汗もかきますね。

こだわりのある大好きなドレスも内側は汗をかき、べたつき体も冷える場合があります。

そんな意見を演奏する人からいっぱい聞きました。

そこで 発表会、演奏会用のドレスの裏地 特に身頃の裏地に吸湿発汗性の裏地を使用することにしました。

裏地の役目は 

1、脱着の時 滑りが良いので着やすい

2、表の生地シルエットが長く良くキープされる

3、下着が見えない

4、表のドレスの縫目が体に触らないので爽快

など がプラスになっていますが ここでもう一つ追加で

5、汗かきの後の爽快感 

この5番目の役割のお話しをいたします。

中学生や高校生のお嬢様方は 何回ものコンクールに挑戦をして 音大を目指しますね。

そのコンクールに挑戦する時に緊張感と共にかなりの汗もかいています。

人によっては その汗で体が冷え 不快感となり実力が半減する時も有るよう聞いています。

一般に使用されている裏地はキュプラやポリエステルでどちらも汗かきの後はべたつきます。

既成品のように生地が厚い場合は裏地なしの場合もありますがこちらも汗かきの後はべたつきます。

その不快感を少しでも解消したくて 美露土では演奏用のドレスに吸湿発汗性の裏地を使用しています。

100%ではありませんが 汗をかいた後はべたつかずサラッとした肌触りで濡れた感覚はなく安心してコンクールに望めます。

濡れ感がないと体も冷えません。

コンクールにはベストの状態で望む事ができます。

※ソロで長時間リサイタルを行ったお客様 さすがにこの吸湿発汗性の裏地で対応できなかったこともあります。

 

コンクール、演奏向きのドレスには表のデザイン そして裏地へのこだわりも大事ですね。

演奏用ドレスは見た目の華やかさより実用的でなければなりません

演奏する楽器の動かし方に合うドレスの選び方はもちろんですが

裏地へのこだわりは オーダーだからこそ出来るドレス作りの一貫です。

吸湿発汗性の裏地を 次回のコンクール、演奏会にお試し下さいね。

中学生、高校生向きのドレスに関してご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

大事ですね。

ドレスの装飾フリルの作り方

ribonn-1

ドレスの装飾一番人気のフリルの作り方

ドレスの装飾品で一番簡単で華やかさのあるものがフリルになります。

お子様のドレスから 大人のドレスまで巾広く用いられています。

その作り方の説明になります。

生地はバイヤス断ちが一番きれいにうねが出ますので バイヤス(45°)に生地を裁ちます。

テープ状に裁断したものは生地の長さが決まっていますので タテ地、ヨコ地を合わせて接ぎます。

長いテープにした物を先ずつくります。(接ぎ目は地の目を通します)

生地の端のかがりは 1、かがりロックミシン(ロックの目を最小にする) 2、三巻仕上げ(アタッチメント使用)

など 生地一枚での始末の方法を選びます。

 

生地の種類により始末方法を変える

動画はボーダー柄に成っていますので 織の組織が透けているところ と透けていないところが違いますので かがり目が飛ぶ場合が出てきます。

注意する点は 組織の違う場合は 捨てミシンと言ってかがる前にミシン目を入れ生地を少し硬くしてかがると良いと思います。

無地のオーガンジーや、ジョーゼットの場合は 捨てミシンはいりません。

お試し下さい。