中学、高校生向きのドレス 表示サイズだけでは不安 購入時には試着がお薦めです。

600-basut

中学、高校生向きのドレス 購入時には試着がお薦めです。
この時期は大人の様にまだサイズが一定していませんので表示のサイズだけでは着心地具合がわかりませんので試着をされてからご購入下さい。

中学生、高校生らしい デザインは勿論大事ですが この年代の時期は成長期でもありますので 表示サイズだけでは合わない部分も発生します。  同じバストラインが84cでも厚み分や横幅分、バストトップの高さなどそれぞれ違っていますので表示サイズだけでのご購入は難しい場合もあります。

写真は一例ですが 胸位置の切り替え、バストラインなど 試着をして解る事が多くあります。

◎バストトップがまだ高くない人はこの切り替え位置でも納まりますが 成長時のバストが高い人は 切り替え線を上に上げないと安心できない状態になります。

◎胸の厚みや横幅のある人は バストラインの位置を移動しないと綺麗なラインが出ない事などもあります。

ドレスは下着の上にピッタリと添ってこそ綺麗なドレス姿になります。シャツやブラウスのようなゆとり分はありません。

 

 

中学、高校生のお嬢様方はドレスをお召しになる時は
演奏会、発表会の時が多くその演奏中の機能性も十分考慮しなければなりません。

ピアノ演奏やバイオリン演奏など 楽器による奏時の体の動かし方なども違ってきますし また演奏スタイルが演奏者にとっても全くちがいます。

立ち姿が良くても 座っての演奏でウエスト部分がきつい、ハープ演奏などでドレスの裾がペタルに絡んだりなど 楽器に合った機能性はそれぞれ違っています。

試着をする時は本来はここまでのご確認をされると良いのですが 難しい時は「椅子に座らせて下さい」とお申し出されると良いと思います。

ドレス美露土では ドレスのご試着をしてから オーダーのドレス制作をしています。

ドレス美露土のドレスをご自宅にお送りし 機能性、軽さ、着心地をご確認頂き(ドレスを試着してピアノの演奏やバイオリンの演奏をご自宅で確認お願いしています) そしてその方のサイズを実物のドレスからサイズを頂きます。

色、素材、デザインの変更などもお聞きしています。

 

制作の途中に必ず仮縫いを入れています。

試着ドレスからのサイズ変更デザイン変更などを経て ある程度のドレスの形にしてご注文のお客様に仮縫い状態でご自宅にお送りし最終のご確認をして頂いています。

装飾品が欲しかったが 真剣なコンクールに向かって 機能性が一番と思う方も多くいらっしゃいます。

コンクールや演奏会など大きな発表の場に向かってご自身のドレスへの思い込みも一段とアップします。

仮縫い後 ドレスをお送り頂き ドレス美露土は仕上げに入ります。

ご注文を頂いたお嬢様にピッタリのドレスをお作りし納品させて頂いています。

※演奏用のドレスがなぜ オーダーをお薦めしているかと申しますと演奏する楽器、演奏者の演奏スタイルが皆それぞれことなります。長い間の練習スタイルがその人のシルエットになっているので その方々の演奏スタイルに合ったドレスが一番と考えその動きに合うドレス作りをしています。

お値段は少々高くなりますが 一人一人に合った仮縫いを通したドレス作りをしています。

中学、高校生向きのドレスは市場には少ないですね。 ご質問、お問い合わせなどお気軽にお尋ねくださいませ。

 

ボーダー柄の中学、高校生向き発表会ドレス 制作中です。

800-2bo-da

ボーダー柄の中学、高校生向き発表会ドレス

鮮やかな山吹色のボーダー柄 すそ線を一本に通す作り方をします。

中学、高校生向きのドレスは その年代層に合っていて 演奏用ドレスであれば演奏しやすい事が大事です。

夏に映える山吹色のボーダー柄オーガンジーを使用します。

中学、高校生向きのドレスのドレス丈は大人の様な床丈いっぱいの様な作り方をしませんので ドレスのスカートの裾線が目立ちます。
無地の場合は気になりません。

ドレスのパターンは台形の形をして裾は中心から左右にカーブをして上に上がっています。
ウエストでくびれのカーブを描きますのでそこからスカート丈は均等の長さが必要なので 裾の広がり具合で裾は何時もカーブを描いています。立体裁断ではこのカーブは自然にでます。

大人のドレス丈では床面にドレス裾がありこの裾線が目立つ事はあまりありません。

細みのボーダー柄や小さ目のチェック柄は気になりませんが 写真の様な柄巾が2c位になると見立ちます。

裾線にボーダー柄を一本通すとボーダー柄が全体につながり生地が全部同じ一本線になり見た目にもすっきりします。

 

 ドレスのパターン作りを逆に展開するとチョット素敵に見えます。

本来のカーブの裾線を横一列に柄合わせをし ウエストでスカート丈を調整すると ウエストカーブは屋根型に成りギャザーを寄せるとふくらみギャザーが多くなりバルーン型スカートになります。

スカート丈がふくらはぎ辺りの丈にすると ウエスト部分の程よいふくらみ感が中学、高校生のお嬢様方に似合う雰囲気のドレスになります。

オーガンジーの生地の張り感がボリュームを出していますね。

オーガンジーの素材の特質で無地でも可能です。

※ボーダー柄を縦に使用する場合やバイヤス地に使用する場合など お好みに合わせて作り込む事も出来ます。
工夫するとオリジナル性のあるドレス作りができますね。

仕上がりは後日アップしますね。

 

アクセサリーのような手作りの装飾品を付けました。

600-syugei

ミサスの晴れの日向けに アクセサリーのような手作りの装飾品を付けたフォーマルなスーツのご紹介をします。

新郎新婦のお母様向けのフォーマルスーツは色もデザインもほぼ似た物が多くて無難な範囲で失礼にはなりませんが せっかくの晴れの日です。 若い方々と一緒にお洒落をされてはいかがでしょうか!

ドレススーツはロングタイトスカートとジャケットのフォーマルなスーツですが 襟巾を広くしそこに色々な種類の手芸技法をのせてみました。

本体のスーツ生地も特殊な光沢の出る モルフォティックスシャンタン生地を使用していますが見せ所は手芸装飾です。

 

50歳代からのフォーマル、ドレスのお洒落感は何かをプラスしましょう。

演奏者の様にふんわりなドレスは縁ない人は着る事も限られますが タイトなフォーマルドレスは着る機会はどなたもありますよね。

ドレスの様な雰囲気のあるフォーマルウエアーは個々の装飾品で華やかさを演出したいものですね。

装飾品のあるウェアーの着こなしは 50歳代からの方々が上手く着こなしていらっしゃいます。

貴金属ではないアクセサリーの様な装飾品は ソフト感と優しさがあり 本体のドレスの素材と色が同色で表現する装飾アクセントはミサスの方々にお薦めです。

オリジナルなご自分の好みの雰囲気が炎症津出来ます。

 

ロングスーツは着回し、組み合わせが幾組も可能です。

ワンピースタイプより 着回しが多いスーツタイプのフォーマルウェアーは色々な場面に適応できます。

ロングスカート + ブラウス

ジャケット + スカート、ワンピース、パンツ

などお手持ちの物との組み合わせ 予算も考量したいですよね。

色々のアイテムとの組合わせが可能なフォーマルなスーツは 50歳代以上のミセスの方々にふさわしいアイテムだとおもいます。

※ 装飾部分をショールの様に別仕立てはズレが生じ品の良い物にはなりませんね。