ビオラ・ダ・ガンバ演奏向きの滑らないドレス生地作りませんか?

800-tumami

楽器が滑らないドレス生地 なかなか探すのにも苦労しますね ビオラ・ダ・ガンバ奏者の方々のご苦労に朗報です。

特殊な楽器演奏の方々には 演奏者でしか解らないお悩みがあります。

永年、演奏用ドレスを手掛けているドレス美露土でも 演奏者の生のお声を聞くまで解らなかったことでした。

楽器をひざにのせ、立てての演奏になるので楽器が演奏時に滑るというお悩みです。

本来ドレス生地は光沢があり滑りやすい加工や織りで仕上がっていますので 滑らない生地は真逆になり探すのに時間がかかります。

色々と生地の表面に凹凸のある素材もご提案しましたが お好みもそれぞれあり中々決まらない場合も多くあります。

手芸のアイディアでご自分で生地から作れます 楽器が滑らない生地作りませんか?

オーガンジーであれば 色も豊富にあり細工の工夫などでお好きなモチーフなども作れます。

生地につまみ絞りを入れ 生地の表面に凹凸を付ける方法です。

あらかじめ図案を描き図に添って大小の絞りで模様を描くレベルの高さまでご自分で出来ますが 生地に凹凸感を出すのが目的です。

手始めには オーバースカートにするのがお薦めです。

組み合わせの効く オーバースカートは 本体のドレスにプラスする事が目的ですが
ビオラ・ダ・ガンバなどの演奏する人にとっては楽器が滑らない事が一番ですが 本体の着用ドレスとの違和感の無い物であってほしいものです。

手絞りの入った生地はぼこぼこしているので シルエットはそれぼど綺麗には出ません この点がが初心物に嬉しい事ですね。

3枚接ぎか4枚接ぎのロングスカートを作り膝から上の方に絞りつまみを入れます。ウエストはギャザー入りにして その上から市販の広幅のサテンリボンで結ぶとすっきりお洒落に見えます。

やり方が解れば反対のドレスに合わせる事も可能になります。

写真はドレス本体の生地に重ね合わせて制作したものです。

下の生地色も見え ラメがキラキラになり過ぎない 品よく そして シルエットの防止になり手芸の入った物は面白いドレスの表情をします。

生地作りでご質問がありましたら お気軽にお問い合わせ下さい。

 

ビオラ・ダ・ガンバ 演奏用ドレスに向く楽器が膝の上で滑らない生地のご提案です

600-2

ビオラ・ダ・ガンバ の演奏用ドレスに向く生地ってどんなものですか?

https://youtu.be/PsEbeehsw2Q ビオラ・ダ・ガンバやギターなど 膝、ももに乗せて弾く楽器などは演奏着のドレスの生地が楽器を滑らせてしまい奏者は何かと悩みが多いとお聞きしました。 特にビオラ・ダ・ガンバは楽器もやや小ぶりで 演奏時の姿勢はお客様に向かって楽器を見せている状態で演奏しますので ももは斜め前に傾斜した状態になっています。 ギターの場合はギター本体を右腕で抱えていますので 楽器が滑って困る事は まだ少ないようですね。 ビオラ・ダ・ガンバ奏者の方々は楽器が滑る事のお悩みが大きく 演奏時のドレスは楽器が滑らない生地から真剣にお探しのようです。 「練習時の時は如何ですか?」とお尋ねすると 「普段着の楽な服装は滑らないので不安はなかったのですが お洒落をして演奏用のドレス(市販)の物を着て演奏会に出て 楽器が動きヒヤリ感が何度もありました」 「ドレスになっている生地は楽器がすべるのですね」 この様なお問い合わせは ビオラ・ダ・ガンバの奏者でしか解らないお悩みですね。 楽器が滑らない生地でドレスにもなる素材は 生地が薄地で軽く、生地の表面に凹凸が有るものが良いのではと オーガンジーにモール糸を織り込んだ生地の提案をいたします。 演奏用のドレスは 華やかさがあり演奏しやすい事が大事になります。 滑らない事ばかりが重要視ではスェットの様な綿の重い生地になってしまいます。

華やいで、軽く、楽器にも優しく、演奏者も安心して演奏できるドレス生地 

どのような楽器の演奏も演奏会という華やぎの場です。 ドレスはフォーマルな装いなので 演奏用のドレスはドレスの顔色は必要ですね。 演奏者にとっては 毎回の演奏の為ドレスを新調する事は大変負担が多いですね。 今回提案しています。モール入りのオーガンジーは その生地一枚で色々ドレスの雰囲気が変えられます。

二着分に見えるドレスのご提案

一枚のオーガンジー生地がオーバースカートになっていれば 本体のドレスにオーバースカートを着用すればドレスが二枚ある様な雰囲気にみえます。 ビオラ・ダ・ガンバ演奏の時に オーバースカート(モール糸入りのオーガンジー生地)を着用し また、ある時はピアノ演奏や伴奏の依頼がある場合は オーバースカートを外す など すでにお持ちの物との組み合わせに 一枚のオーバースカートをお考え頂くと ドレスアイテムが広がりますね。 女性向けの素材はそれなりにありますが 男性向けの場合は 黒でパンタロン風のオーバーバンツが ビオラ・ダ・ガンバ の演奏に向いているように思えます。 次回は男性向きの生地のご提案をいたします。

そのドレスの胸元 演奏中は安心ですか?

burud-600

ベアトップのドレス華やかで素敵ですが そのドレスの胸元 本当に安心ですか?演奏に集中できていますか?

ベアトップのドレスは見た目は大層素敵に見え、やはり着るなら素敵なものと思ってしまいますが 動きが伴う演奏会用のドレス
特に楽器を演奏する人には注意しなければなりませんね。

市販されているドレスは基準サイズで作られていますが
特にベアトップのドレスは胸部分のボリュウムが華やかさを演出し強調していますので パットで厚みを出したり 着る人の身頃に添わない場合が多く見受けられます。

肩部分があったり、スリップヒモが付いている場合はバストサイズがピッタリ添っていなくてもまだ安心してドレスを着こなせますが ベアトップの場合はウエストからバストまでの身頃部分だけで長く重いドレスをキープしますので 身頃、特にバストが着る人にピッタリ添っていないと素敵に見えませんね。

そこで 着る人にピッタリ添うバスト部分のドレスのお直しの方法をご提案いたします。

 

バストラインがピッタリ添うドレスのお直しの方法

市販のドレスは、ぼぼバストの内側にパットが入っています。 先ずこのパットの形が着る人に合っているかを確かめます。

下着をお買いになると時は ご自分のバストライン、サイズに合ったものをお求めになりますよね。それと同じでアンダーの補強から直さないとドレスが綺麗にみえませんね。

サイズだけを表側のドレスの縫目に添ってお直しをしていても バストのラインはその人のお顔立ちや肩幅、バストの大きさ、小ささに合わせてのバランスが必要です。 胸周りの一周が 82cや86cでも体系が皆それぞれ違います。

ベアトップドレスの場合は着る人の体系に合ったお直し、バランスが大事なので アンダーのパットから体にピッタリ合う様にお直しをします。

肩部分の有るドレスは この部分がピッタリを強調しなくても良いので 安心感が先にありお直しもスムーズになります。

 

心配無く安心のあるドレス姿で 演奏会にのぞんで頂きたいですね

ドレスのスカート部分が重くてボリュームのあるドレスは その重さを小さな身頃で支えなければなりません。

胸周りをピッタリ添わせる大事とウエストでドレスが下がる動きを防止しなければなりません 特に演奏する人は演奏中にはかなりの動きがあります。

バストトップ(一番高い所)がフィットする事とその上のドレスの上部カーブが着る人に合っていないと演奏中の動きで落ち着かなくなり安心して演奏に集中出来なくなりますね。

写真の↓部分のフィット感が大事です。 この部分のぶかつきはご自身も安心できず 見ている人も落ち着かず綺麗なドレスには見えません。

ピッタリのフィット感を得るには 何回かの丁寧な仮縫いが必要になります。アンダーパットのフィットからお直しをします。

特に演奏用のドレスであるならば 演奏時の動きを仮縫い中に取り入れる必要がありますね。

お求めになったお店で仮縫いが出来れば一番の方法です。

着る人の体系がそれぞれで難しいお直し部分ですが 少しのお時間をかけ丁寧にお直しをすれば 解決できますね。

ご質問などありましたら いつでもお問い合わせくださいませ。