演奏中に楽器が滑らないので安心!

kurorame-1

膝に置いての演奏中 楽器が滑るのが苦痛でした。

ビオラ・ダ・ガンバ ギター など 楽器を膝に抱えて演奏する方からのお悩みをお聞きしました。

演奏する当時者にしか解らないお悩みでした。

一般のドレスの生地は 光沢があったり生地の表面がやや華やいでいる素材が特徴で なんとなく生地自体がフォーマルに向く様な素材からドレスは作られています。

ドレス作りを長年しています私(ドレス美露土)もそのような素材(サテン、ジョーゼット、オーガンジーなど)をお客様ご提案していました。演奏着、ドレスはフォーマルであるとの考えが支流の為です。

どのような演奏でも演奏する人達はフォーマルな装いをされていますが、見た目のフォーマルさと 安心して楽器演奏ができる事が大事です。 安心感のある演奏用のドレスは楽器によって全く異なる事を ビオラ・ダ・ガンバ奏者の方からお聞きするまでわかりませんでした。

ある日「綿のドレスはありませんか?」 とお電話を頂き 「綿のドレスは 夏場のリゾートドレスの様なものでしょうか?」と応えにならない事をやりとりしていて 「ビオラ・ダ・ガンバ という小さな楽器を膝に乗せて演奏しています 演奏に夢中になると通常のドレスの生地は楽器が滑って 音程を外す事もあり困ってます」「綿の生地はまだ 滑りが少ないので綿のドレスを探しています」との事で ようやくお悩みが理解できたよう事がありました。

「綿ではなく少し華やいだ素材で楽器が滑らなければ良いのですね」「色々面白い生地もありますので 一度ご覧ください」とご相談を受ける事になりました。

演奏者でしか解らないないお悩み事

ビオラ・ダ・ガンバ という中世に発展した楽器はここ最近は 演奏を楽しむ愛好家やプロの方も増えているようですね。

中世のヨーロッパ絵画の中にも登場しています。 楽器を抱えたり膝に乗せたりのスタイルになっていますね。

実際のビオラ・ダ・ガンバのコンサートを拝見しますと 楽器のサイズは色々のようですが 膝にしっかり乗せての演奏です

特に女性はももが前に流れての前傾で楽器がはっきり見え とてもきれいな演奏スタイルです。

ドレスを着た状態では 「楽器は滑る」と納得いたしました。

では どのような対応を日頃されているのかとお見え受けしましたら ラバーの様な薄いマットを楽器の下に当てていらっしゃいました。

このマットが演奏が終わり すくっと立った時に 「バサッ バサッ と落ちるからいやなんです」 と 確かに演奏後に数人が落ちていました。

それで マットなしの演奏用ドレス(楽器が滑らない素材でドレスを作ってもらいたい) のお悩みが理解出来ました。

「座り位置を低くしてもも部分でしっかり楽器を抱えるようにしては 如何でしょうか?」 の問いに 「楽器が見えにくくなり 息苦しさを感じるので ももが前倒し寄りの 楽器も見え演奏の様子も見える こんなスタイルで演奏しています。」

との返事で、奏者は一番綺麗な演奏スタイルを良くご存じでした。

そこでご希望の 滑らない生地のご提案になります。

楽器が滑らない生地

フラットな生地は ももに乗せる楽器は滑りやすいですね。

今回ご紹介するのは オーガンジー生地に畝のあるモール糸を織り込んだ生地で 表面は引っかかりのある凹凸面になっています。。

モール糸の膨らみのある部分とない部分が 楽器を安定させているようです。

そして おすすめなアイテムは オーバースカートだけをモール糸の入ったオーガンジーで作り 本体のドレスの上に重ね着をする方法が一番良いのではないかと 提案させていただきました。

何時もの演奏スタイルやイメージを変えずに 一枚モール糸入りのオーガンジーのオーバースカートを重ね着するだけだ 安心して演奏に集中出来る事と思います。

女性の演奏スタイルと男性の演奏スタイルとは少し違っていました。  女性の方々は楽器が滑る事を痛切このお悩みのようでした。

お悩みの80%くらいは解消されているのではないでしょうか?

何か生地に関する事や、ご相談、お問い合わせがありましたらお気軽にお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルバー向けドレス 一着を二度着こなすうれしい方法

axtupurike

シルバー、シニアの方々のすでにお持ちのドレスを面白く演出する。

多くの結婚式などにご出席のミセスの方々には 基本形のスリップドレスはすでにお持ちになっていると思います。

ラメ入りの短めジャケットとのセット組は定番ですが そのままのいつもの着こなしではどのお写真も一緒になってしまいますね。

リタイアされた方々の中にはピアノやハープにお励みの方々も多くお見受けいたします。

そして嬉しい発表会がありますね。

そんな発表会のドレスの準備に新たなドレスのご購入は色々と大変です。

そんな時にすでにお持ちのドレスにもう一枚プラスをしてご自分らしい演出はいかがでしょうか!

透け感のあるチュール素材を重ねる

お手持ちの本体のドレスにオーバーブラウス、スカートを重ね着としてご使用する方法です。

透け感も有りソフトで軽くシワになりにくいチュール素材をプラスしてみました。

透ける素材は本体のシルエットも見えていますので 重ねる演出は下の様子も上の様子も見えている事が良いと思います。

ここではブラウスとスカートの切り替えにしていますが ドレスにチュールのドレスをすっぽり重ねる方法もあります。

ご自身のお洒落感へのご提案

チュールやオーガンジーなどの透け感の有る生地はフラットな無地が主ですが アップリケで模様を面白く作る事が可能です。

レースやブレードを使って模様を表現する事が出来ます。

ポイントは、そこの模様の表現だけになりますので ピアノの発表会に音符♪マークのアップリケを色々飛ばしたり
バースデー記念日にお花を飛ばしたり など ご自身のお好みの演出、着こなしが楽しめたら嬉しいかなとご提案いたしました。

お持ちの物にのプラスのドレスはリーズナブルで ご自身のオリジナル一着となりなかなか楽しい物ですよね。

色々お試しくださいませ。

ご質問などありましたらいつでもお気軽にお尋ねくださいませ。

シニアの方々の発表会ドレスに向くドレス生地シャンタン生地はいががでしょうか!

700-2

発表会ドレス シニア向きの生地と使い方

ドレスに多いオーガンジーやジョーゼットそのままの生地ではシニアやシルバーの方々のドレスには若すぎて違和感が出る場合がある

 

 

シニア・シルバーの方のドレスのコツ

その一番大事なドレスですが、市販されているドレスは年代層は、一番ターゲットの多い20代、30代向きに作られています。

生地はオーガンジー、サテン、ジョーゼットなど色も鮮やかでノースリーブタイプが多いですね。

どうしても生地の雰囲気が若くなってしまいますので シニア向けの方々には生地選びが大事なのでご提案をさせていただきます。

オーガンジーは透け感と張りがありますので年代層に合うデザインと色が大事だと思います。

ジョーゼットは柔らかく体にストーンとなじみますのでボリュームは出ませんが 色と装飾で上品は雰囲気のドレスになります。

サテンは薄地からブライダル向きの厚地まだ多種あります 光沢がきれいなので色とデザイン選びがシニア向けに適します。

ここで紹介している生地はシャンブレーのシャンタン生地で紬風のシボが生地の表面に出ていて ドレスやフォーマルウエアーに向く生地になっています。

 

さらに綺麗に着こなすには

透け感はなく生地に光沢があります。ピアノの発表会などでは安心なドレスになります シャンタン地にボリュームを多く入れると若くなってしまいますので シャンタン生地の本体のドレスはややスリムにして 同色のオーガンジー生地を脇から後ろに向けて装飾品の様なオーバースカートのボリュームをつければ大きめのステージにも映えるドレスになります。

そのオーガンジーを取り外し可能にすれば その後のパーティーでは素敵なパーティードレスになり二度満足のゆくドレスに変身します。

フルオーダーは高額になり難しい選択ですが 市販のシンプルなドレスや、すでにお持ちのドレスに 何かをプラスすることによって新しいドレスに変身します。

シニアの方々へのドレスをお召しになりたいご希望は すでにお持ちのものからのご提案などもしています。

年代層にあった素材、スタイルはとても素敵に見えます。市販のドレスにちょっとの工夫がオリジナルドレスになり、また素敵さ発見になりますね。

 

参考に

 

長年の憧れの音楽を楽しむようになられたシニアの方々にとっては 発表会は楽しみでもあり日々の励みにもなりますね。

ドレスをお召になっての発表会、その後の打ち上げパーティーは大変うれしいものですね。

ドレスに関するご質問等お気軽にお尋ねくださいませ。

胸周りが不安なベアトップドレス お直しをしないと素敵にみえませんね

600-5

胸周りが不安なベアトップドレス
ウエストからバストまでピッタリ合っていないと素敵なドレスも不安がいっぱい あなたにフィットするお直しをしないと素敵にみえませんね。

市場で売られているドレスはとても華やかで、リーズナブルであるためサイズが合えばついついお買い上げになっているようですが 試着の時に色々の動きをされてからのお買い上げをお薦めいたします。

特に演奏される方 ピアノ演奏、バイオリン演奏、ハープ演奏、オペラなどブライダルドレスのお嫁さんとは動きが全く違いますので 色々演奏時の動きを想定してお買い上げされる事が良いと思います。

「試着した時は良かったのだけど座ったり、手を動かすと胸周りが心配でお直しをお願いしたいです」 と持ち込まれました。

ベアトップドレスは身頃だけで そのドレスをキープしているので身頃がきつい位にフィットしていないと

特に演奏される方は演奏中に不安がいっぱい出て演奏が落ち着かないものになってしまいますね。

既製品の身頃のサイズは標準サイズで作られています。 同じ9サイズでも本当は体系が全く違います(バスト周りが84cでも胸の高い人、胸の厚みのある人)など 肩部分があればすんなり納まるサイズですが ベアトップドレスの場合は胸が高い人、胸が低い人 その着る人の身頃、バストにピッタリ添っていないと難しいドレスになります。

特にドレスのスカート部分は長く重いのでウエストからバストの小さな身頃部分だけでドレス部分を支えていますので ピッタリ合っているかが大変大事になります。

ドレスのお直しも仮縫いを十分に入れて フィット感を何度も調整しながらドレスのお直しをしていきます。

お持ちのドレスに不安があれはいつでもお問い合わせくださいませ。