中学生、高校生向きの発表会ドレス 野外コンサートにも向きますね。

600-dores

中学生、高校生向きの発表会ドレス ドレスのミディー丈は野外コンサートにも向きますね。

中学生、高校生向きの演奏会用のドレスは ドレス丈は大人のロング丈はまだ似合わないと思っていますので

足首丈かミディー丈をお薦めしています。 足元がはっきり見える方がフレッシュな学生らしさがあります。

今回 動画を野外コンサート会場で撮ってみましたら ミディー丈がとても爽やかに感じましたのでお知らせいたします。

野外は どんな時もほぼ風がいつも吹いている様です そして移動の範囲が広いですね。

中学生、高校生向きのドレスは着心地と年代層に合うデザインと足首丈のスカート丈が大事ですね とお知らせしていますが

野外のコンサート会場にドレスを持って行って ミディー丈が物凄く新鮮に感じました。

と 言うのは いつも風が吹いていてドレスの裾がなびいています。

ロング丈のドレスではその風でめくれる状態が大きくなりドレスの端の行き先をいつも気にしていなければなりません。

ここで紹介している中学生、高校生向きのドレスは スカート丈はミディー丈で 3枚接ぎスカートになっています。ロングドレスの分量より1枚分少なくなっていますので その軽さからスカート部分の動きがとても爽やかに感じました。

屋内の演奏会場でも映えますが 野外のコンサート会場ではこれ位のドレス丈が凄く素敵に感じましたので お知らせ致しました。

 

 

シニアの方々へ オペラの発表会にツーウェィのドレスはいかがでしょうか!

600-sinia

日頃、音楽を楽しんでいらっしゃるシニアの方々へ 発表会もすごくたのしみですね。オペラの発表会にツーウェィのドレスはいかがでしょうか! 呼吸でのお腹の動きが目立ちません。

野外コンサートの会場で撮影しました。

いつもの屋内のステージから ちょっぴり若者の仲間に混じって野外でのコンサートも楽しいものですよ。

明るさも空気も自然のままで騒音も入りますが 気分はウキウキで楽しくなります。

風も加わり動きのあるコンサートでドレスも風になびき素敵に映えますね。

花柄のジャガード生地(少し生地に厚みがあります)袖はすっぽり覆う オーガンジーのフレアー袖で袖下はありません。

ジャガードの生地色に合わせたエンジ色とオリーブ色のオーガンジーを2枚重ねています。

オペラの演奏中 十分に両手が広がる様に袖下に隙間があります。袖口がフレアーで風になびいてすてきになります。

このドレスのポイントはブラウスとスカートのツーウェィタイプにしています。

色々な動きのある中、座っても安心なウエスト周り 2部式のドレスはオペラの深い複式呼吸でお腹のふくらみが目立ちません。

スカートの上に重なるブラウスがお腹の動きを見立てなくしていますので 安心して演じる事が出来ます。

またピアノ演奏でも ワンピースタイプのドレスは座った時ドレスの生地が集まりブクブクしますが ツーウェィの場合はブラウス部分の生地に余分の生地が集まらなくてウエウスト部分はすっきりみえます。

ワンピースドレスに見えるツーウェィタープのドレスもまた素敵ですね。

袖ほすっぽり覆うより やや遠目に見える透け感のあるオーガンジーもお薦めですね。

※ お詫び シルバーサイズでの仕上がりの為ボディーに胸周りが添っていなくて 少々見苦しい事失礼いたします。

 

中学生向きドレス 野外コンサートでもお召しになれるドレス丈。

600-2

中学生向きドレス 野外コンサートでもお召しになれます。ポイントは裾の円形断ち広がりです。ドレス丈は中学生高校生向きやコンサート会場向きのドレスは丈にご注意下さい。

ピンク/アイボリー色サテン地で中学生、高校生向きのドレスです。

ドレス丈は長くなく裾部分に円形のフレアーを付け広がりを出しています。前中心から後ろに向かってのシャープなラインが特徴です。

野外のコンサート会場で撮影しました。

この様な雰囲気の場所ではロング丈ではなくミディー丈位が 大人も特に中学生、高校生位の方々には新鮮に見えますね。

野外では風がなくても動き回る事が多く裾部分がふんわり、動きのあるドレスはお洒落ですね。

野外コンサートはサマーシーズンでも気温の差に変化がありますので 小さ目のボレロのような羽織物の用意があると安心ですね。

参考のオーガンジーボレロです。    色は本体のドレスと合わせると素敵です。

 

 

中学生に向く発表会ドレスってどんなのが良いか、何処がポイントでしょうか?

600-1

中学生に向くピアノ発表会ドレスってどんなのが良いか、中学生らしさのポイントはどこでしょうか?

発表会、演奏会に向くドレスは 大人のドレスが圧倒的に多く市場にでています。

発表会、コンクールの多くある 中学生や高校生のお嬢様もお召しになるドレス なかなか見つけにくいものですよね。

ドレス美露土では オーダーにてお作りしていますが 中学生にお似合いになるドレスのポイントをお知らせしています。

1、ドレスはノースリーブが多いのですが キャップスリーブを付けるとむき出しの不安もなく袖下の動きもスムーズで
安心してピアノ演奏などができます。

2、ドレスは衿ぐりが大きくくられていますが まだ中学生のお嬢様方には大きなくりは似合いません。

3、ドレス丈は大人ドレスの様に床までの長さはまだ似合いませんので 足首丈位が良いでしょう。

バスト、ウエストとの差もまだ大きくありませんので 中学生のお顔立ちに似合うドレスが一番良いと思います。

中学生は丁度体系での成長期ですので 可愛らしい層から大人っぽい層まで巾はひろいのですが

それでもまだまだ可愛らしい幼さがありますので お似合いになる色、デザインは大事ですね。

 

中学、高校生向き発表会ドレスチェック柄の仕上げです

中学、高校生向きピアノ発表会ドレス チェック柄が学生らしく人気です。装飾も華やかにならないように工夫しています。コンクールでは自分らしいドレスの評価もあり年代層のドレス選びも大事ですね。

中学生や高校生の発表会ドレスに望ましい条件は その年代の顔立ちにドレスが合っている事が大事であると思います。

まだまだ、あどけなさの残る顔立ちや成長期の体系は 市販されている大人のドレスではちょと違和感がありますよね。

年代層に似合うドレスが一番ピッタリですが中々見つけにくいものです。

モノトーンのチェック柄でドレスを作ってみました。

動画では 衿ぐりの仕上げにブレードを付ける様子を説明しています。この年代層に似合うのは肩があるドレスが良いと思います。

装飾のブレードですが 中学、高校生向きにする為 華美にならないようしています。

仕上げから再度アップいたします。