ドレス生地の裁断ジョーゼット 綺麗に仕上がるポイントは裁断から

kiji

ドレス生地、ジョーゼットの裁断は難しいのですが丁寧に扱うと、とても綺麗なドレスに仕上がります。
裁断の地の目通しがポイントになります。

演奏会や発表会用のドレスの生地は演奏曲や演奏会場に合わせて色々とご検討されていると思います。

ジョーゼット生地は張り感がなくドレープが大変綺麗に出る生地です。

ジョーゼットのドレスを綺麗に仕上げるポイントは裁断時に 生地の地の目が通っているか否かで決まります。

地の目が通っている綺麗な裁断は 仕上がりのドレスは綺麗ですね。

演奏会、発表会のドレスにする場合はボリュームがあまり出ないので、動きが綺麗なライン風を感じさせるようなドレスをイメージされご利用されると良いと思います。

身頃にドレープを付けたりまた、スカート部分を二枚重ねなどにすると裾部分の動きがとても綺麗に出ます。

落ち感のあるドレープ性が特徴なので 動いた時にドレスの良さが出てきます。

プリント柄、カラーなどお好みのジョーゼットをご利用くださいませ。

生地に関してご質問があれば お気軽にお問い合わせください。

 

 

ダンスでのターンが綺麗に出るフレアースカート

DSC03056

ダンスでのターンが綺麗に出るフレアースカート上部はタイトに裾部分はフレアーに左右のアンバランス丈がとても綺麗なラインを描きます。

ドレスをお召しになる時は演奏会、ダンス、パーティーなどなど用途は色々有りますが
本来はその用途に合ったドレスの作り方は皆違ってきます。

練習用のドレスであっても演奏会向き、ダンス向きなどの衣裳に違いがありますので その用途にあった衣装をお薦めいたします。

今回はダンスの練習用のフレアースカートを作ってみました。

スカートの10枚の切り替え線は複雑で多すぎのような感じですが 裾部分でフレアーを十分広げたい場合にはこれだけの切り替え線が必要でした。

スカートの裾部分のマチ状態の広がりは円断ちで十分なフレアー分量を持っています。

上のヒップ部分は黒のシルク素材を使用 裾部分のフレアーはジョーゼットオーガンジーを使用して軽く広がりを出す様にしています。

裾はかがりロックミシン始末にしています。

右と左のスカート丈のバランスを変え裾カーブが均等の円を描くより、いくらかのカーブを描くようなラインが綺麗になるのでアンバランスの丈のスカートでつくりました。

スカートなど ダンス衣装など ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

着物地からのドレス、ドレスのパーツのお直しをします

600-torikae

着物地からのドレス、ドレスのパーツのお直しシルク地は丁寧に扱っていても時間と共に黄ばみが生じます。ドレス制作時の残布があればいつでも取り換えのお直しができます。

お客様ご自身の四つ身の着物から演奏用のドレスにリメイクをしました。

着物の柄が大振り柄なので無地部分を多めにドレスに配し着物柄をマチ部分の柄に配置にしました。

このドレスは大きな演奏会場に映え何回もお召しになっています。

ドレスがオフ白の為 丁寧にあつかっても脇下部分にどうしても黄ばみが生じます。

今回は脇部分の黄ばみ部分の取り換えに合わせ着物柄のパーツを入れる事にしました。


身頃脇に無地から着物柄を配し幾らか華やかさを出してみました。

クリーニングで落ちない汚れなど 生地の残りがあればパーツを取り換えるお直しの方法もあります。

残り生地のない場合は別生地 レースなど異素材をはめ込むお直しもできます。

少しの部分のお直しなどお考えの方は お気軽にお問い合わせくださいませ。

https://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/