自宅で洗える演奏用のドレス 色、素材決まりました。

自宅で洗える演奏用のドレス 洗濯時にシワにならない チュール素材、色を決めました。

チョット気軽に又曲などにより、ドレスのイメージ、雰囲気を変えたい場合などに重宝演奏用のドレス

今回はチュール素材で作ってみます。

生地の目が網目になっている為 下に合わせる色がドレス全体の色合いになりますので こんな色を合わせてみました。

少しダークなローズ色です。

表の生地を重ねると 写真のような色合いになります。

裏地は付けないで アンダー用スリップを別仕立てにします。

軽くて、シワにならず、演奏用ドレスの予備ドレスとして一枚準備してあると重宝しますので 制作ご提案いたします。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

自宅で自分で洗えるドレス、演奏用ドレスは魅力ですよね。

DSC02334

演奏用のドレス 春から夏に向かって多くの演奏会も開催されその度にドレスをクリーニングに出すって 経費も時間も大変ですよね。
自分で洗えルドレスがあったら嬉しくないですか?

自宅で洗えるドレス とても魅力ですが 総てのドレス生地が条件に合う事はないので、先ず生地の選択から始まります。

写真は花柄プリント柄のメッシュ地です。

メッシュ地は網目上の生地で シワになりにくく軽く、コンパクトに持ち運びができる生地でドレスに仕立てると大変重宝します。

演奏会が頻繁に重なったり、遠方でのコンサートなどに このようなメッシュ地のドレスが一着あれば ホテルで自分で洗濯も出来 汗ばんだドレスではなくいつも爽やかにお召しいただけます。 正式なドレスの合間の演奏用ドレスとしてお薦めいたします。

生地がメッシュなので 色、柄が弱くみえます。

したに重ねる生地によって 見た目の印象が違って見えます。

右側のアンダーは エンジ色のジョーゼットを重ねています。

左側のアンダーはチェリーピンクのジョーザットを重ねています。

色の演出は ご自分のお好みで色を決める事が出来ます。メッシュ地なので花柄は写真の様にはっきり出ませんが 色の表現は出来ます。

自宅で、自分で洗えるドレスになると 生地は伸びなくて、渇きの良い物、シワにならない物、通常のドレスの仕立ては芯をしっかり貼りますが 洗える事を第一の条件にする時は 芯は張らずに仕上げる方法でドレスを仕立てます。

表、裏一体で、特に身頃の場合は見返しなどの別パーツを作らずに 表、裏が一枚の様に仕上げます。

そのような仕立てにするので 裏地(キョプラ)を使用しないでジョーゼットを使います。

デザインによって透け感がある場合は アンダーを ペチコート、キャミソールにして別仕立てをします。

別々に洗濯した方がドレスに負担がかかりませんので

自分で洗える演奏用ドレスを この生地で作ってみます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

パンツスタイルの演奏用ドレス、若い人に人気です

パンツとブラウスの着回可能な演奏用ドレスは人気ですね。

演奏用のドレスは会場や演奏する楽器、演目などによりクラッシック調を要求される場合もありますが

この場合はこうです。と決まりはありませんが 最近は軽く、着やすい演奏着をお召しの方も多くなっていますね。

楽器とのバランスもとても大事ですが 最近はシンプルでお洒落なドレスをお召しの方を多くお見かけするようになりました。

動画はパンツに組み合わせるロングブラウスの仮縫い状態の様子です。

演奏用は、ブラウスの単品でもドレスの雰囲気があるようなデザインにしています。

仕上がりにはまだチュールの生地は重ねますが 本体のシルエットでサイズ、着る本人のシルエットに合っているかの確認の仮縫いが必要です。

仮縫い後の修正などにより ようやくその上に重なる生地のバランスが決まります。

演奏用のドレスは、その演奏スタイルが一番きれいに見える状態を見つけるのがポイントになります。

なかなか見つからない希望するドレス やご相談などありましたらお気軽にお問い合わせください。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

花柄プリントのドレス 春用ドレスの準備に入ります。

400-k

春はすぐそこに来ています。花柄プリントの春用ドレスの準備に入ります。

花柄は一番春らしい装いですね。 そこで春の演奏会用にドレスの準備に入ります。

どのような生地でも ドレスに使用する場合は裁断した生地をボディーにピン打ちして 生地を納まり良くする為に 少し時間をかけて生地をたらします。  ドレスのスカート部分は長く 生地のたれ分は必ずあります。

特に生地をバイヤス地で使用する場合は、一日位裁断した生地をたらし 生地の方向が落ち着くのを待ちます。

この様な工程を入れると 縫う時に 生地のゆがみが少なくなります。

花柄プリントはサテン生地です。

生地のたれの確認はスカート部分だけになります。

スカートの生地が裁断したら 身頃の裁断に入り裁断したパーツを繋げて、仕上がりのイメージを確認します。

身頃は生地によって芯貼りで調整をしますので 生地のゆがみはありません。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/