演奏用のフレアーパンツ 先ずは仮縫いの準備からいたします。

ギターやチェロ、などの演奏用ドレスにはフレアーパンツがお薦めです。

フレアーパンツの仮縫い準備の様子になります。

楽器を抱えての演奏、足を上げたり、楽器をはさんでの演奏は、女性の場合は何かと演奏用ドレスの工夫が必要になりますね。

ここでお薦めしているのは ブラウスとパンツの組み合わせの演奏用ドレスです。

座っての演奏は前かがみになりますので 上下が分かれていると 腰の部分の動きが楽になり演奏もスムーズになります。

フレアーパンツは足部分をゆったり裾巾を広くなっていますので 柔らかいジョーゼットなどは落ち感も良く立姿はドレスの様にみえます。

今回の生地はモールが織り込まれ、ボーダー柄になっています。〈生地の表面が引っかかりのざらつきがあります) ヴィオラ・ダ・ガンバの演奏用に準備をしています。

膝に乗せたが楽器が滑らないような生地探しの依頼があり、このような生地をご提供しています。

皆さん工夫をされています。

フレアーのパンツは動きも楽で 急に 玄関ホールで演奏 となった場合も楽に動けて 演奏中の姿勢も気にすることなく 演奏に集中出来ますので 楽器に合わせてフレアーパンツのご使用も素敵だと思います。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスのお直しをしたお客様から お礼のメールが届きました。

ドレスをお買い上げ頂き(サイズの表示が大丈夫と判断され) その後、試着するときつく感じたドレスお直しをしました。 不足分のサイズを想像で直し お客様から お礼のメールが届きました。

ドレスのサイズ直しの方法を動画で説明しています。

9サイズで着作り上げたドレスを現品でお買い上げ頂きましたが 試着してみるとたいそう きつい状態でした。

遠方なので総て電話でのでのやり取りから サイズ出しをしました。

【こんばんは。今日、ドレスが届きました。早速着てみたところ、袖ぐりはあきすぎずきつすぎず、ウエストはほどよいゆとりがあって、座って弾くのにちょうどよかったです。娘が、着心地もよくかわいい‼︎と大変喜んでおりました。ありがとうございました。】

ピアノの演奏をされる事をイメージして 座って演奏をするゆとり分を 動きの必要な部分、部分にサイズの出し分を振り分けて広げて出しています。
演奏用のドレスのサイズは立姿だけで良しとすると 演奏がきつくなりますので ゆとり分を必ず入れる様にしてくださいね。

ドレスの着用スタイルを細く見せたい 女性の願望は永遠ですね。

600-topu

「ステージに立つドレス姿を細く見せたい」 女性の願望は永遠です。 サイズはOKなので、お直しとしては見た目の印象を変える事です。

マダムクラスの、ご趣味でオペラを楽しんでいらっしゃるお客様のご要望は 「ドレススタイルが細く見えるようにお直しをして欲しい」

以前オーダー頂いたお客様 お痩せになったのかと思ったら サイズはピッタリ合うのですが細く見える様にが、どうしてものご希望でした。

Aラインのドレスが太って見える(ご本人よりまわりのお友達の意見が気になるようで)

さて! どうすればと考え ウエストラインを強調すれば良いのではと ご提案しました。

ステージに立った時 遠目に細く見えれば良い対策方法は 斜めウエストラインを作る事が現状でベストのような気がしています。

より細く見えるウエストラインは ご本人に着用して頂きハイウエストから、ローウエストに向かって細く見えるラインを見つける事が大事です。

このラインは人それぞれ違いますので よくよく注意をして見つけなければなりませんね。

本来のウエスト位置から別のウエストラインを作る事がポイントになると思います。

少し時間をかけて工夫をしてみます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

演奏向きのドレスやブラウスのパターン作成は動き分をプラスします。

演奏向きのドレスやブラウスのパターン作成は動き分(ゆとり分)を入れる事が大事です。 その分量は演奏者により異なりますので、仮縫い、修正をして ゆとり分をプラスします。

演奏向きのブラウスやドレスの身頃のパターン作りは 通常のブラウスのパターンの分量に
演奏しやすいゆとり分を入れたパターン作りをしています。

演奏時の動きやすさは 演奏する楽器 ピアノ、ヴィオリン、チェロなどの演奏により 動かす位置や 動く箇所が違います
それと共に 演奏する人の姿勢もそれぞれありますので パターン上に入れる余裕分はそれぞれ異なります。

この動きやすい分量を仮縫いを通して見つけ そして、その分量をパターンの修正をしながら
パターンの中に入れていく 修正工程が一番大事になります。

ですから オーダーでサイズを頂いても 動きやすく、演奏しやすい分量の入ったパターンは 一人一人違っていますので
演奏される方は ご自分に合うパターンを作られると良いと思います。

それぞれ違う 本人の原型のパターンがあれば デザインを変え、素材を変えても 大狂いしない演奏用のドレスのパターンが出来ます。

既製品とオーダーの違いは 体えのフィット感が違いますので
ドレス着用の必要な演奏をされている方には フィットした 原型のパターンを一着お作りになる事が良いのではないかと思います。

 

高校生向き演奏用ドレス、野外コンサート 黒xベージュ ミモレ丈

DSC01547

ミモレ丈の演奏用、野外コンサート向きのドレス 黒xベージュ色の組み合わせはとても爽やかで 高校生、大学生の方々の「駅コン」などの演奏会にいかがでしょうか?

ステージでは ロングのドレスが映え大変見栄えがよいのですが これからの良い季節には駅コンなど野外での演奏会も多くありますね。

そんな時 ミモレ丈のドレスは 軽やかに移動しやすく、足元にも気をつけなくても安心して会場入りができます。

身頃も縮加工入りで 畳んで持ち込み可能な素材を使用しています。

見た見の軽く、爽やかなドレスは お召しになっても軽く、動きやすく、演奏しやすいドレスに仕上げました。

高校生の方々や大学生の方々の ちょっと軽めの演奏会や野外コンサート用にご利用頂ければと作りました。

現品ドレス販売一点のみ こちらからお入り下さい 9サイズです。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/