きつくなったドレスのお直し どれ位、きついかを表示してみましょう。

きつくなったドレスのお直し 特に演奏用のドレスは演奏する時の動き分も必要です。 どれ位、きついかを 直す人には、中々伝えにくいですね きつさを表示する方法をお知らせいたします。

以前は、丁度良かったドレスが 久振りに着てみると あれ!きつい! という経験は多くの方がお持ちだと思います。

ドレスは高額なので その時に合ったサイズにお直しをして お召し頂きたいとおもいます。

と言っても なかなか そのきつい分量を数字で出す事が出来ませんね。

そこで ある程度の 簡単なサイズ出し 寸法を知る方法を動画にしました。

背中心のファスナーの位置で 必要なサイズ、ゆるみ分を調整します。

動画で見せています様に テープでつなぎ必要ゆとり分を調整します。 この必要寸法は 背中心だけでは出しません。

バスト位置、ウエスト位置、 背幅位置など それぞれ出す寸法は異なりますので 縫目のある部分に左右均等に振り分けます。
縫い代で出せる範囲で出します。(デザイン的にない場合もありますので注意してください)

目安は 身巾は6c位まででしたら 身頃の縫目から巾を広げます それ以上出す場合は ファスナーを外して出します。

6cm以上に巾出しをする時は 肩の厚み巾もありますので 肩の縫目の巾出しも必要になります。(サイズを上げるグレーディングの方法です)

もし それ以上になりますと 別生地を、はさんだ身巾出しになります。

そのあたりになると リメークの方法で少しデザインを変えた方が良くなる場合もあります。

お悩み事がある方は 気楽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

演奏用のスリップドレス ジャガー花柄、お洒落な大人の雰囲気のドレスです。

ピアノ演奏などに向く、大人のスリップドレス ジャガー花柄、先生クラスの方々にお似合いのお洒落な雰囲気の演奏ドレスです。

オーダードレス向けのサンプルとして制作しましたが 生地の在庫がなくなり 現品のドレスをお安くご提供いたします。

ジャガードの花柄スリップドレスは オーダーならではの生地の扱いになります。

無地色の多い演奏会、発表会ドレスの中では 派手ではありませんが 品よく目立つドレスになりますね。

大学生や先生などに お薦めする現品ドレスになります。

 こちらで販売をしています。   ごらんくださいませ。

別にドレスのオーダーや ご質問などありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスのお直し 演奏にじゃまになるフリルの外し方

既製品のドレスは可愛いデザインが多く、気持ちが高揚しますが 演奏する楽器により演奏に集中できない場合もあります。
ドレスのお直しの方法をお知らせいたします。

演奏用のドレスは 一番に演奏に集中出来る事が大事ですね。

フリルや装飾品、なんとなくデザインが良いからと お買い求めになると 実際に演奏されて、色々のところが触り気になると演奏に集中できませんね。

今回はシフォンの生地で、大変柔らかい素材なので演奏には大丈夫と お買い求めされたようですが やはり生地は動きます。

演奏する度に、するすると触り 気になるようで フリルを外してほしい と言う事で 外しました。

デザインとして脇までフリルが入っていて お直しでは 袖ぐり、脇 の縫目を外してのお直しになります。

演奏用のドレスが目的の場合は 装飾品は演奏に影響のない部分にあるものをお求めくださいませ。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

演奏会ドレス オーバースカート一枚をプラスすると新しいドレスが一枚増えます。

演奏する人達にとって 演奏会や発表会などが重なると 演奏用のドレスの準備が大変になります。
オーバースカートが一枚あるとドレスが2着に見えます。
透け感のある素材は どんな色のドレスにも合わせやすく 一枚準備されているとドレス合わせが楽になりますね。

オーバースカートは本体のドレスにプラスになるような 素材やデザインが良いですね。

ちょっとイメージを変えたい 演奏曲によって変化を付けたい ドレス2着風に見せたい
など一着の範囲を広げるのに オーバースカートが一枚あるととても重宝いたします。

組合わせを動画にしてみました。

透け感のあるオーガンジーなど 特に、黒やグレーが一枚あると 色ドレスにも合わせやすいですね。

オーガンジー、ジョーゼット、レースなど 透け感があり 軽い素材が お薦めです。

現品のオーバースカートこちらで販売しています。  オーダーもお受けしています。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

黒のドレス用の素材、黒色は非常に多くあり注意が必要です。 

演奏する人達にとっては黒のドレスは必需品ですね。
素材により黒の色が、多く存在しています。
ドレスをお作りになる時は、黒の、色合わせに注意をして下さい。

黒のドレス素材、色は 実に多くの色があります。 既製品どうしでも 別のメーカー品と合わせると 色が全く違ってみえます。

オーケストラなどで多くの団員の方達が 一同に集まりますと 黒の色違いが多く発生します。

黒の中で一番映える黒は 漆黒(漆の黒)と呼ばれている黒色が一番映え きれいにみえますね。
漆黒 と呼ばれる色は 通常2~3回の染で黒色を出しますが それよりも 倍の染付けにして 深く色を入れます。

但し レースのような透ける素材は難しく 黒くする場合は、染の工程も長く それらがお値段にも反映します。

黒の素材、色合わせの様子を動画にしました。

 

黒色で一番注意をしなければならないのは 素材違いを使用してドレスを作る時です。

どれ程の黒色であるか を念頭に置いて 素材の組み合わせよりも 色の統一を重要にする必要がありますね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/