黒ドレスは演奏する方々には必需品ですね

演奏する人は どんな演奏会でも着れる黒ドレスは必需品です

オーケストラとの共演や カルテットなどの出演依頼が来た時

ソロなどでも 選曲によって 黒ドレスでの指示をされる事が多くあります。

ご自分やグループでの発表会は 季節に合った目的がありますので 華やいだドレスの用意をされています。

突然 出演依頼の多くの場合は 依頼されるのは黒ドレスです。

グループでの演奏活動になりますので 調和とソロ奏者を全面に出す為や どの曲にも合うような配慮がされています。

そこで ピアノやバイオリンなど出演の多い楽器を演奏されている方々には 黒のドレスは必需品になります。

黒ドレスの集団になりますので 出来るだけ黒い色(漆黒色)がとても綺麗で 華やぎます。

ここでご紹介するドレスは 身頃は黒レースでスカートはジョーゼット素材のドレスです。

ややストレッチ性のレースとジョーゼット素材は軽くてコンパクトになり会場に持ち運びが楽になります。

シワに成りにくいのですが 長時間しまい込んでいるとシワには成ります。

写真はスレンダータイプですが スカート部分は3枚接ぎになっていますので裾のひろがりは十分にあります。

身頃のレース部分は 胸元はややハート型の襟ぐりを十分開いたデザインにしています。

後ろスタイルは 大人っぽく襟ぐりを深く開けています。

これ位の胸元の広がりは ソロでのご依頼のある時に大変重宝いたします。

ピアノ演奏や オーケストラの共演の時の座りの姿勢は
ジョーゼットの素材は回りを気にせず 立ち、座りが出来るのでステージ上でも上品なふるまいが出来ます。

もう少し華やかさが必要な時は 黒のビーズやコード刺繍を襟ぐりやウエスト部分に付けても良いかと思います。

写真はパニエを下に合わせています。

ソロ演奏や もう少し広がりが欲しい時には 写真のような広がりがあっても良いと思います。

サテン、ジョーゼット、オーガンジー、レース、ベルベットなど 黒は色々と素材が豊富です。

かさばらない素材での黒ドレスが一着ご用意あれば 慌てないで演奏会に望めますね。

この素材でブラウスとパンツスタイルもお洒落なアイテムになりますね。

 

演奏用のドレスの内側 汗など気になる事はありませんか?

演奏用のドレスは裏地の選びも大事になります。

演奏用のドレスは 通常のパーティードレスと違う事は それを着用して演奏(仕事の場合もあり)する点が一番違います。

演奏会でも 会場のBGMでも 生の演奏をしている以上 真剣に演奏している時点で汗を大量にかいています。

真剣に取り組んでいればなおさら 汗の量も多く 汗のベタ付感から演奏中に不快な気分に遭遇した経験はありませんか?

演奏中に気になった汗は 演奏が長ければ そのベタ付が冷えて体の調子が悪くなり演奏が出来なくなる場合もあります。

ドレスの表面の様子(色、素材、デザイン)ばかりに気が捕らわれがちですが 演奏をされる方は是非裏地の素材にも気を使って頂きたいと思います。

一般に市販されているドレスは 裏地は身頃もスカートも同じ ポリエステルやキュプラ素材になっています。

間違いではありませんが 演奏者にとっては これらの裏地が汗をかいたとき ベタっと肌に張り付いて来ます。

チョッピリこだわって仕立て上がっているドレスは裏地選びもこだわっています。

ドレス美露土では 総てオーダーを頂いて制作しますので 演奏用のドレスには汗のベタ付の無い吸湿速乾性裏地 を身頃側に付けています。

キュプラのような するする感がないので ご希望されない方もおられますが 演奏用ドレスの場合はこの素材をお薦めしています。

スカート部分はキュプラ地 で身頃部分は吸湿速乾性裏地を使用しています。

素材はポリエステルですが サラサラ感の裏地になっていますのでベタ付感はありません。

「ハードな演奏でも 汗の不快感はありませんか?」  ( 完璧ではありませんが ある程度までは汗のベタ付感は解消されます。)

「何故 身頃だけですか?」   (身頃に汗が集中するのと スカート部分は滑りの良いキュプラ生地が表生地との調和とふくらみが良い
身頃はぴったり体に添うものなので一番気になります)

ピアノやバイオリンの発表会や演奏会  ワンランク上を目指すコンクールなどは日頃の練習を発揮する大事な時です。

ドレスの表地(華やかさ)以上に 裏地にも気を付けて頂くと 120%の力が発揮出来て大成功となりませんか?

市販のドレスで裏地が心配な方は 綿薄地のタンクトップをお召しになって演奏会に望まれても良いでしょう。

ドレス美露土でオーダーを頂いた場合は裏地の選び方もきちんとアドバイスをさせていただいています。

表からはこのように 何の変化もなく 通常のドレスとしてみえます。

裏地の良さは 演奏会に安心して望める要因となりますね。

 

 

 

 

 

お客様からのウエディングドレスの写真

お客様からのウエディングドレスの写真が送られてきました。

「海外挙式をするので ウエディングドレスを作って欲しい」と ご来店されたお客様

お名前が ご注文時と違っていたので どなただろうと思って ドレスの写真を拝見すると

7年前のお客様 ご本人も 「随分前ですが」と コメントが添えてありました。

どうされたのかな? と メールを拝見すると

「出産 育児と忙しい時間が過ぎ ずーと連絡をしなければと気になっていました
今更ですが 当時の結婚式(バリ島)の思い出が今も鮮明に残り その時着たウエディングドレスが大変良かったので
写真を送らせていただきました
ウエディングドレス一着だけを着たいとの思いが 色々アドバイスをもらい出来上がったドレスをバリ島で着ました
ドレスと風景が合って凄く嬉しい結婚式になりました。」

「写真は もうママになっていますので 顔出しなしで お使いください」  とコメントがあり 美人のお顔をカットいたしました。

嬉しいお便りをありがとうございます。

オフ白シャンタン生地に オーバースカートには 共色オーガンジーを重ねています。

外での挙式 撮影が多いと聞き 風をプラスしたふんわりと広がりが出るようなドレスにしました。

後ろのコサージュも共生地で作りました。

ドレスの裾部分には レースを止め ご本人に合う優しさがプラスされています。

ウエディングドレス 一着だけ へのお気持ちは 作り手側も真剣に取り組ませていただきました。

何回も 何回も 話し合い チャレンジし ご依頼側と作り手側 との一体から出来上がる フルオーダーは お互いの醍醐味でもあります。

このお客様のように いつまでも幸せな気持ちとなって残る様子が嬉しいですね。

常にフルオーダーでの物作りはこのように取り組みたいと思っています。

黒絵羽羽織から ドレスへのリメイクを考案中。

着物地からドレスにリメイクする場合

着物地の柄は その着物の種類によって一番粋でお洒落な柄ゆきになっています。

今回は黒絵羽羽織(着用なし) 今の生活環境では まったく影を潜めている物の一つです。

二昔前は お子様の入学式、卒業式の お母様のフォーマルの必須アイテムでした。

今は見向きもされず 誂える方もいないでしょうが どこかのご家庭の箪笥の中には眠っている物でもあります。

 

さて このままでは余りにも勿体無いので リメイクをして復活する 準備をしようと思います。

着物の場合は 柄が一番目立ちますので

その柄をどの位置の どんなデザインにはめれば良いかを決めてから 動かさないと生地不足が生じます。

柄は 大名行列風の タテ柄の手描き友禅です。

タテ柄として生かせるのは ドレスとしてやり易い図案になっています。

羽織全体の様子 から観察すると   柄が全体に多く 一方柄、一方方向なので ちょっと工夫が必要になります。

生地の要尺と柄とデザイン このバランスを生かして ドレス制作に挑戦します。

着物、友禅作家の方には申し訳ないのですが この黒絵羽羽織は 着物として使用しませんので ドレスにして復活したいと思います。

 

 

 

 

ドレスのサイズ直しの方法

ドレスのお直しは色々な方法があります。

ドレスは永くお召しになって頂きたいので お直しには色々のやり方がありますが 今回はサイズを大きくする方法をご紹介いたします。

今回のドレスは シルエットのみがポイントの シンプルなドレスです。

10年前に ピアノ演奏用にとオーダーを頂いたお客様からで ドレス本体 は大変好きで

演奏会での評判も良く まだまだ永くお召しになりたく サイズが きついので サイズだけの直しの依頼がありました。

シンルプなドレスは ごまかしが出来ませんので 均等にサイズを広げることになります。 原型パターンのサイズ展開の方法です。

仮縫い時で 不足分が白いテープ分の巾になります。

この不足分をどのように広げ展開する事は Aラインのドレスの縫目がある 8箇所に振り分けます。

0.5cm ずつ 8か所で出すと 4cmのゆとり分が出ます。

このようにサイズを広げると本体のドレスのシルエットが壊れません。

ドレスのサイズが入れば良いだけのお直しでは ドレス本来のきれいなラインも壊すことになります

ドレスのお直しは 最初に縫い上げる以上に注意が必要になります。

ドレス美露土では お誂え頂いたドレスはもちろんですが 他社でお求め頂いたドレスのお直しもお受け致しております。

お気軽に お問合下さいませ。