ピアノ演奏用ドレスに袖付きドレスを作りました

20140830_header

ピアノなどの演奏用ドレスに袖付きのドレスを作りました。
市場のほとんどが袖なしドレスが多い中、オーダーだからこそ作れる袖付きのドレスのご提案です。

袖・襟・ヨーク部分は楊柳ジョーゼットで透け感とソフト感があり、ピアノ演奏などの動きにも違和感のない素材です。また、透けている事でドレスが重く感じません。

実際に軽くソフトな素材です。
スカートの接ぎ部分にも同じ素材を組み合わせています。
柄の部分は着物地を利用して、上に同色のオーガンジーを重ねて作っています。

素材に柄物(着物地)を利用する事や、袖付き(丈は色々お好みに変更)のドレスにする事で幅広い年齢層の方々にもお召しいただけます。
着物地を利用する場合は、全面に使用しないで別素材との組み合わせると品の良いドレスになります。
ドレス美露土では、お持ちの着物からのドレスへのリメイクもお受けしております。

お気軽にお尋ねくださいませ。

着物からドレスへ 着物を解体し湯のし上がりからドレスのスタートです

20140813_header

着物からドレスへのリメイクは、先ず着物を解体し湯のしで元の反物に戻します。

着物を解体し元の反物につなぎ合わせから湯のしに出し、出来上がった様子です。

生地の柄を生かしてデザインを起こします。

着物の幅と柄位置が決まっているので、それを十分考えて、広がりをパターン作成に生かします。
ドレスの場合は、着物地のように柄のつなぎをぴったり合わせずに図柄をずらした様にすると、広がりと動きが出ます。