フォーマルウェアー(正装)にはドレスとの共生地の靴が正装になります

フォーマルウェアーの正装にはいくつかの決まりごとがあります。その一つは靴です。

正装時の靴はドレスとの共生地で作った靴が正装となります。
ドレスの文化が日本に入った頃は一部の貴族社会の特権だったので、ヨーロッパ文化が忠実に再現されており、現在、博物館などで観られるサテンの靴が支流でした。

衣装や生活スタイルが一般化されると、それなりに都合よく見栄えのするように少しづつ変化して、靴までアドバイスをする人がいなくなっています。
フォーマルスタイルをきちんとした形で継続されているのは、皇室の関係者の方々です。この方々をお手本にされれば間違いはありません。

そこで美露土でもドレスとの共靴を提案しています。(…残念ながら商品化までは、まだ時間がかかります)
ドレスの裾からのぞく靴が共生地の場合は、何の違和感もなくとても素敵に見えます。

ステージでの演奏をされる方々は、頭の先から足元まで隈なく観られていますので、共靴だと客席から静かな歓声と感嘆のため息がもれます。「そこまで気配りをするのか!」や「なかなか憎いねぇ」という感情を引き出すのでしょう。

今までドレスをオーダーされた方には共生地の靴のお薦めしましたが、演奏者の方々は通常の歩き方とは違った所に力が入り、履き慣れていない状態だと安心して演奏できないので、慣れた靴の方が演奏に集中できて良いとの感想の方々が多く、提案までは控えていました。
今後、共生地のオーダーの靴を改良をしながら、他にも素敵だと思う事を色々と提案し、商品化したいと思っています。

ドレスと共生地との靴です。 やっぱり素敵ですよね。

オーダードレスだからこそ 共生地の靴が作れます。