ドレスの色替え アンダー部分の色を替えしました

ドレスの色替えの様子です。
色替えもドレスのリメイクになります。

前のドレスは、アンダードレスがオレンジのストレッチサテンを合わせています。写真のドレス素材は、黒地チュール柄で同じ物を使用して、アンダードレスを黒ストレッチサテンに替え、イメージを変化する様にリメイクしました。

裏地は使用していません。大変軽いドレスで遠方でのコンサートやパーティーに使用できるようにしました。軽さとシワにならない素材で自分で洗濯出来るようにしています。洗濯後にアイロンをかける作業をなくすため、裏地をつけていません。
押し洗い → 軽い脱水 → 陰干しで完了します。

前デザインのオレンジドレスと同じようなジルコン装飾を付けます。

前身頃のみに装飾品を付けます。ジルコンは熱に弱いのでアイロンにご注意下さい。

仕上がりドレスの全体スタイルになります。
演奏者にとっては軽くシワにならないので、持ち運びの良いドレスです。しかも自分で洗濯出来るドレスって最高に嬉しくないですか!

リメイク前のドレスをご軽くて演奏しやすいと長年お使いになられており、今回リメイクをご希望されて、黒にリメイクさせていただきました。チュール柄はカジュアルになりがちですが、デザイン・色・装飾品などで華やかなドレスとなり演奏会にも向くドレスになります。
一度お試し下さい。

ドレスのリメイク 色変えでこんなに見た印象が違います

ドレスのリメイク
アンダーのサテン生地を色変えしました。

色を替える事だけでもこのように印象が違います。サイズやスタイルは元のままです。

表生地は花柄のチュール素材、アンダーはストレッチサテン。軽く伸びのある素材はシワにならず、演奏用ドレスとしては大変重宝いたします。軽く扱いやすいこの生地は、自宅洗濯も可能で遠方でのコンサート用にお客様に作りしたドレスです。

大変便利なドレスと長らくお召し頂いていましたが、イメージを変えたいとのご希望でアンダーのサテンを取替えました。

前身頃のスワロフスキーの装飾がポイント
アンターを取替えてスワロスキーを付け直し

スワロフスキーの打ち直しの様子です。

生地目の荒いチュール素材なので装飾品は、ビーズやスパンコールより熱接着のスワロフスキーが合います。