ピアノ演奏者の方からのご感想です

オーダーでご注文を頂いたピアノ演奏者のお客様から、このようなご感想をいただきました。

1. 着脱が容易で軽く、とても演奏しやすかったです。
「体に合っていて、一人で楽に脱ぎ着ができる」というのは、結構大事な要素です。

日頃演奏向きのドレス制作で、軽くて機能性を一番重要であると気を付けているところを真っ先に気付いていただけて嬉しい感想です。

2. 色合いは上品で落ち着いた感じで、周りからの評判も上々でした。

生地の重なり、表現など制作前に十分なご相談をさせていただきました。

3. 充実した気持ちでコンサートに臨めました。

ご自分の体や、演奏姿勢に合うドレスが演奏用ドレスに必要であり、日頃の練習の実力が一回の演奏会で十分に発揮出来なければ意味がなく、安心して演奏会に臨める事が最重要になります。

不安なく演奏会が無事終了される事が、私どもにとって最大の喜びになります。
ご感想ありがとうございました。

演奏用ドレスには、何故ポリエステル素材を使用するのですか?

演奏用ドレスとは、
演奏者にとっては華やかさが第一より、機能的で演奏しやすい仕事着の感覚があります。

時には1時間以上の真剣な熱の入った演奏もあります。演奏者は、スポーツ選手と同じように演奏中は大量の汗をかいています。長時間の演奏でなくても、緊張感と集中で汗はしっかりかいています。

汗をかいたドレスは、風通し良く乾かしたり、すぐ洗濯をしなければなりません。
シルク素材や綿素材は、肌触りが良くやさしく高級感がありますが、汗の後処理は、黄ばみや変色のおそれがありますので、大変慎重に、しかも急いで行わなければなりません。
また、素材がデリケートなので、クリーニングを重ねると、シルエットの変化やゆるみが出やすくなります。

ポリエステル素材の場合は、デザインや裏地の扱いによりますが、ご自宅でも洗濯が可能です!

ポリエステル素材は、

  1. 生地が丈夫
  2. 軽い
  3. 色の発色が綺麗
  4. 洗濯ができる

・・・などのメリットがあり、
演奏用ドレス・発表会ドレスには、ポリエステル素材をお薦めしています。

装飾品・ビーズ刺繍・コード刺繍は、ドライクリーニングが可能ですが、コサージュなどは取り外し可能の物が良いでしょう。

ドレスの仮縫いを重要としている理由

美露土は、演奏用のドレスの仮縫いを大変重要と考えています。

その理由は、演奏用のドレスとは、かしこまった見栄えが良いブライダルドレス等とは全く違うからです。
演奏用ドレスは、華やかな雰囲気を持ちながら、楽器を演奏する為の機能性を十分持ったドレスでなければなりません。

演奏する人の姿勢や、どういう機能を重要視するかという事は人それぞれです。
同じバスト85cmでも、体系が異なっていれば、同じ85cmという訳ではありません。
安心してどこにも違和感がないぴったりサイズを見つけるのに、「仮縫い」という一工程を大変重要と考え、必ず取り入れています。

初めの仮縫い(トワール)は、その人の雰囲気・顔立ち・着心地、十分な機能性(サイズ)があるか?ピアノやヴァイオリンなどの演奏に支障のないドレスの長さや広がり、観客の視点からも優雅さはあるか?
・・・などを考えながら行います。

(例)ダイヤカットの衿ぐりが希望でしたが、トワールを試着したらボートネックの方が似合っていた。

という感じで、トワールの段階では色々とデザインの変更が可能です。

写真はトワールの状態です。

身頃が重要になります。
パターン合わせ、パーツをカットします。

身頃のパーツを組合わせます。
変更が多い部分で芯張りのシーチングを使用します。

スカート部分の裁断。
スカート部分は本体の裏地を使用します。
(イメージを本体に近づけるため)

スカート部分を組み合わせた状態。
写真はチュールも入れ、ふくらみも確認しています。

上下を組み合わせ、ドレスの仮縫いができるようにします。
この状態で試着をして頂き、ご自身の楽器(ピアノ・ヴァイオリンなど)の演奏をして頂きます。

身頃部分が一番注意する点で、腕ぐり・身巾・背巾などが演奏に十分満たされているかを確認します。
また、衿ぐりのカットがご自分に似合っているかなど確認をしていただきます。
このような確認がご自宅で出来るように、お客様にお送りしています。

仮縫い用のドレスに実物ドレスになる生地をピンワークします。
仕上がりの雰囲気やライトでの色具合などの確認をして頂きます。
サテン地にオーガンジーを重ねた状態。
同じく仮縫い用ドレスにサテン地のみでピンワークをした状態。
色の光沢や雰囲気の確認をして頂き、実物のドレスの製作準備に入ります。

以上のような仮縫いを一番重要と考え、お客様のサイズ・着心地・似合うラインが決まります。

この後、実物のドレスの本仮縫いに入ります。
お客様が安心なように途中経過を随時連絡をしながら、ドレス作りを共に作り、仕上げに入ります。

美露土が作る演奏用のオーダードレスは、
お客様ご自身の「こだわり」とドレスに対する「安心」をご提供させていただいております。

ウエディング・パーティードレス 可愛いタイプのウエディングドレス

身長が高くなく、やや童顔で可愛いタイプの方向きのドレスです。

素材はチュールを選びました。身頃・袖はソフトタイプのレースを使用。
ソフトでふんわり感がお似合いです。

チュールでボリュームを出し、全体に円形に可愛く仕上げています。

スカート部分に薄ピンクチュールのバラを飛ばしています。

お客様が可愛い雰囲気の方でしたので、チュールでボリュームを出すお人形タイプのドレスをご提案しました。
若くて可愛いタイプの方には、サテン系の光沢のあるものよりも、ふんわり感のあるソフト素材がお似合いです。

ドレープを寄せている箇所には薄ピンクのバラを取り付けています。
ソフトチュール素材のドレスは、オーダードレスならではの「こだわりドレス」です。(セルドレスはハードチュールを使用しています)

少し色を入れると、可愛らしさが増します。

中学・高校生向け演奏用ドレス 新作のご提供!

ジュニア向き演奏用ドレス(中学・高校生向けドレス)
バイヤス地仕様のチェック柄が新鮮です。

ピアノ・ヴァイオリン・ハープ・フルートなど、ジュニアの方々には夏のコンクール(本線)に向かって、色々な演奏会が行われるようになって来ました。

演奏用ドレスで一番注意する事は、軽くて機能性がある事です。
今回ご提案のドレスは、チェック柄タフタとオーガンジー素材のコンビで、大変軽く機能性も十分含んだドレスに仕立てています。

コンクールに向かうお嬢様方は、緊張と同時にたっぷりの汗をかいてしまい、その後のひんやり感は演奏にも影響します。  このドレスには吸湿発汗性の裏地を使用しており、このひんやり感を和らげる事が出来ます。
表地と同様に裏地にも気を配りたいものです。

中学生・高校生のお嬢様方にふさわしい、
紺系の発表会・演奏会用のドレスです。

紺を中心にした多色のチェック柄は、バイヤス(斜め)仕立にして少し大人っぽくしています。スカートのオーガンジーは、明るめの紺色の2枚重ねで、やさしく軽い印象になっています。
また、折り返しのロールカラーと後ろ身頃のポイント下がりがシャープな雰囲気で、演奏の勝負に真剣に取り組んでいる印象を与えます。

前身頃 バイヤス地の接ぎ目ですが、サイズによっては斜めの柄あわせが大変難しく、少々の柄のずれは出てしまいます。

後身頃 ウエストポイントに下がりを付け、シャープな印象にしています。

身頃の裏地は、吸湿発汗性の生地を使用しています。

スカート部分は、オーガンジー2枚と裏地の組み合わせです。

ドレスのボリュームが必要な時は、別パニエ着用をお薦めします。
演奏用ドレス本体は演奏に支障がないように、なるべく軽いドレスの仕上がりに製作しています。

ドレスサイズ-9号
ドレス丈-124cm 身頃丈-37cm B-82cm W-72cm 裾一周-380cm

【参考価格】

  • 現品のみ ¥42,000(お直し、送料は別途になります)
  • オーダー価格 ¥75,000程度(ご自宅での 試着、仮縫い後の製作になります)

[ → お問い合わせはこちらからどうぞ!]