ドレスのお直し ベアトップドレスを演奏に安心なドレスにお直し

doresum

演奏用ドレスにベアトップのドレスは、見た目にも大変素敵ですが
演奏中に不安を抱えている人も多くいらっしゃいますね。

既製品のドレスは雰囲気や見栄えが素敵に出来上がっているので ついつい購入してしまいますね。特にベアトップのドレスは慎重にお選べください。

演奏用のドレスとしてベアトップのドレスをお求めになる場合 ご自分の演奏中の動きも十分確認下さいね。

◎肩部分がないドレスは身頃をかなりきつく締めますのでその、締めた状態で日頃の演奏が出来るかどうか!

◎胸のふくらみがドレスとピッタリ添っているか!

◎ロングで裾広がりのドレスはかなりの重みを身頃部分のみで支えている事になり 立ち居振る舞いが安心か!

◎特に立った姿勢での演奏は演奏中はかなり動きますので安心な演奏が出来るかどうか!

など 肩部分の付いているドレスとは違いかなりの注意と緊張感が必要ですね。

今回 お直しを頂いたドレスは肩部分がないと演奏に集中着出来ない事がお悩みで 肩部分を付けるドレスにお直しをしました。

チュール素材の透け感が好きで 身頃の一部分をチュールにしていますが チュール素材はメッシュ状態なので生地が良く伸びます。

そこで衿ぐり、袖ぐりは伸び止めテープで丸みをキープしていますが肩の小さなパーツのみでは全体のドレス重さの支えには無理がかかりますので透明なストラップ紐を中に付けています。透けている素材なのでこの様な形にしました。

※不透明な生地であれば身頃に芯張りをしますのでドレスの重さは支えられます。

パーティードレスや 披露宴用ドレスのベアトップドレスは華やかで女性らしさが一番ですが 演奏用にお召しになる場合はよくよく注意をしてご自分の動きに合わせてドレスをお求めくださいませ。

ドレスに関して お直しやリメイクなどのご質問がありましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

ドレスのお直し、身巾出しの方法で解決できますよ。

800-dn

お気に入りの演奏用ドレス また演奏会で着たいが サイズが合わなくなって困った場合
演奏用ドレスのお直し、身巾出しの方法で解決できます。
ドレスに縫い代が少ない場合はマチパーツを付けます。

一般の既製品のドレスの縫い代は少ないので サイズがきつくなった場合は希望する巾出しは中々出来ません。そこでマチという別のパーツを付け加えて巾出しをします。

演奏会で着るドレスは しばらくぶりでお召しになる場合が多く 体系やサイズが違ってくる場合が多くあります。お安い商品ではありませんのでお直しをして 安心して演奏会に望んで頂きたいものですね。

今回は前身頃に華やかなドレープやビーズが付いていますので その部分は触らずに脇部分に別生地を追加したお直しをします。

前の装飾部分のドレープにゆがみが出ない様に身頃にしつけを掛け ご希望の出すサイズ分を別生地で用意をします。

 

サイズ直しの工程を順に掲載いたします。

ドレスのサイズ直しでお悩みの方はお気軽にお尋ねくださいませ。

 

 

着心地の良い演奏用のドレスは何度も着用して演奏したいですよね。

600-2

演奏会、発表会用のドレスは仮縫いの時に動き分をドレスに入れてお作りしていますのでとても演奏がしやすいドレスとしてご提供しています。少しのアレンジやお直しで色々お召しください。

演奏用のドレスは 軽い着心地が一番と思ってお作りしていますので何度も演奏会にはお召し頂いているようで大変嬉しく思っています。

今回も少しアレンジ変えをご希望で少しお直しをしました。

卒業コンサート向けに全体に大きく見栄えするイメージのドレスをお作りしました。

身頃の面積を大き目にした場合(肩部分を広め)ウエストのレースの巾も広めにしたドレスを作りましたが 大きなステージでのチャンスはなかなかないので 500名位ののステージ向けにドレスのお直しをしました。

身頃の面積に合わせると自然に黒のレース巾も若干狭くすると良いですね。

お直し前のドレス身頃の様子

 お気に入りのドレスは お直し、サイズ合わせ、アレンジをして末永くお召し頂きたいものです。

一般にはドレスはなかなか機会がないと着るチャンスはなく その時一回きり という場合が多いと思います。
演奏活動をされている方々は ドレスは必需品で絶えず 今回はこれで次回はあれ という様に ドレスの需要が追いかけてきますが
お気に入りで着心地の良いドレスは中々遭遇しませんよね。

そのよう中でも 安心して演奏出来る着心地の良いドレスはあるはずです。

そのドレスこそがあなたのパートナーであって大事にお召し頂きたいものです。 そんなドレスはどうしても着る機会が多く傷みもともないますよね。

着心地が良く 安心なドレスは大事に末長くお召し頂きたいからこそ お直しや アレンジをお薦めしたいと思います。

 

ドレスのお直しで お悩みの時は お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏用のドレスは機能性を重視して リメイクをしました 

800-suku

演奏用ドレスはデザインの華やかさより 演奏する機能性がある事が重要です。

ドレス姿は華やかであり、とかく華やかなデザインに目を奪われがちですが 演奏を目的とするドレス

発表会用ドレスやコンサート用ドレスは演奏する者側の機能性が十分にあるかを確認しなければなりません。

今回 ドレスのお直しは演奏中に衿ぐりのフィット感が気になりボートネックからスクゥエアネックにリメイクをしたドレスになります。

ドレスのウエストの幅広いレースがポイントのデザインは レースの幅広から ボートネックがバランスの良い物でした。

ウエスト部分のレースとのバランスの良いボートネック

今回のネックのお直しの様子です。

ドレス全体のバランスとしては ボートネックの衿ぐりが自然な雰囲気がありますが 演奏ドレスとしての機能面では演奏のしずらさが生じていました。

演奏中の機能性は演奏するご本人しか解りませんので しっり来る状態を見つける事が大事になります。

 

演奏用ドレスは機能性を第一に考えましょう。

今回のお直し(衿ぐりのリメイク)では演奏する事を第一に考えると 素敵なデザインに捕らわれず 自分の演奏スタイルにいかにドレスが気持ち良く添っているかを十分に知る事ではないかと思います。

デザインが良くても 演奏の動きに支障が出る様では 演奏用のドレスとは言えませんね。

演奏用のドレスは 演奏しやすく軽くて演奏する人の十分な動きが分があるか動かにかかわります。

ドレスのデザイン性も必要ですが 機能的かを第一に選んで頂くと良いと思います。

 

 

ウエデイングドレスのベアトップのドレス フィットする方法

DSC03691

ウエデイングドレスのベアトップのドレス フィットしていないと大変見苦しいものです。自分のサイズで綺麗に着こなし晴れの日を迎えて頂きたいです。

近年はベアトップ(肩のないドレス)が支流になっていますが 胸周りのサイズがピッタリ添っていなければ大変見苦しいドレスになってしまいます。

市販のドレスや、お友だちから譲られたりドレスであったり ドレスへの思いはそれぞれですが
全体の身頃のサイズが一緒だからだけではその人にフィットしたドレスにはなっていません。

肩部分がないドレスは立ち上げている身頃部分だけでスカート部分の思い生地をキープしていますので 着る人の胸周りにしっかりフィットしていないとずるずると下がってきてしまいます。

胸周りをピッタリ合わせる事とウエスト位置でしっかりドレスを保つ事が一番大事になります。

なんとなくサイズは合っているし 大丈夫は その先に不安が付きまといます。

多少でもピッタリ、フィットしたドレスは当時は安心して過ごせます。この安心感が素敵な笑顔になれます。

肩のあるドレスは多少のゆるみがあっても大丈夫ですが 肩のないドレス(ベアトップドレス)はウエストからバストまで ややきつい位にフィットする必要がありますね。

少しのお直しでフィット感を味わう事ができます。

ご自分のピッタリサイズは一番綺麗なドレス姿になります。

ドレスのお直し ご相談などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。