ウエデイングドレス 気になる胸周りのお直し方法

IMG_2634

ウエデイングドレス 当日の華やかな日を最高の案心感で迎えたい!
その為の胸周りのフイット感は最も大事です。

「胸周りがフィットしていなく落ち着かないので お直し出来ますか?」 とお問い合わせがありお写真をお送りいただきました。

気に入ったドレスですが なんとなくフィットしていない。

見た目にはドレスがお似合いで着こなされている様子ですが 着ている本人の不安感は胸部分のゆるみに出ています。

 

一番大事なポイント胸周りのお直しをいたしました。

ゆるみのある部分を先に詰めてからの仮縫いになりますが
実際に試着をして頂くと胸前部分がご本人フィットしていない浮部分が出ています。

この浮部分は ご本人の胸周りのサイズだけでは調整できない分量で 仮縫い時にしか発見できません。(仮縫いの大事が問われます)

この部分の浮分量をフィットしなければ綺麗なドレス姿にはなりません。

今回はレースの下にダーツ線を入れ 残りの浮分の分量を胸線の縫目に入れ込みました。

フイットした様子が下の写真になります。

ウエデイングドレスは身頃が着る人にフイットしていればとても綺麗に見えます。

ベアトップ(肩部分のない)のドレスは着る人の胸周りがピッタリ フイットしているかだけで ドレスの綺麗さが現れます。

ドレスご試着の場合 この点がポイントで十分お気を付けください。

ウエディングドレスのお直し 胸周り

IMG_2606

[ウエディングドレスのお直し]

胸周りは特に着る人にピッタリ合っていなければ綺麗なドレスには見えませんね。綺麗なドレスにお直しする方法をお知らせいたします。

動画1

ドレスはオーダーでも既製品からのお直しでも 必ず着る人にピッタリ合わせる仮縫いが必要になります。

特にベアトップドレスはウエストからトップ部分のみで 大きく重いスカート部分をキープしていますのでこの部分の
ピッタリ感を出すには 仮縫いが欠かせません 仮縫いは大変重要になります。

胸の高さ、巾は 人それぞれなので 特に日本人の場合は胸の谷間に浮分が出る場合が多くあります。

この浮分が大変気になり 安心のあるドレス姿にはなりません。

そこで仮縫いの時はこの部分を特に注意をして その人に合ったフィット感を見つけています。

 

お直しの方法(中心ダーツでフィットします)

動画2

胸がはるかに豊かな外国人のドレスはドレス中央に接ぎ目がある物が多いです。

左右の胸の高さに対して胸の谷間が深く 輪断ち(中央に縫目がない方法)では胸のフィット感が出せないからです。

日本人は中央の接ぎ目をあまり綺麗と思っていないので 今回はレースの陰部分でダーツを入れたお直しにしてみました。

既成品のお直しドレスはこの様に直しますが

※オーダーでドレスを制作する場合は 胸周りのフィット感はパターン上で修正をしていますので
ドレスの仕上がりは中央に接ぎ目は入りません。
オーダー制作では微妙な仮縫いを何度もしますので その人に合ったドレスに仕上げります。

ドレスのお悩み、ご相談はお気軽にドレス美露土にご連絡くださいませ。

 

ドレスのお直し縫い代が少ない場合のお直し方法

800-mini

演奏用ドレスのお直し、縫い代が少ない場合のお直し方法 演奏用のドレスは頻繁にお召しになるドレスではありませんので 時にサイズが合わなくなる場合もありますね そんな時のお直しの方法です。

既製品のドレスは縫い代が大変少なく3c以上の巾出しには無理が生じます。

特に演奏用のドレスは無理に体をきつく締めて演奏していますと 苦しく気持ちが演奏に集中出来ない場合もあります。

パーティードレスと違うところはドレスにしっかりとゆとり分が必要になります。

演奏用のドレスは 演奏がスムーズに安心して行える事が一番大事で 少しゆったりめがお薦めです。

きつめのドレスは細く見えるとか かっこいいとか 色々お聞きしますが 演奏用のドレスに関してはそのようなきつめのドレスはお薦めいたしません。

演奏用のドレスは演奏時に色々体を動かしますので演奏が安心して行える事が一番大事になります。

少しきつめのドレスでも座って演奏するピアノ演奏などは実際にはもっときつめになると思います。

ちょっとしたドレスのお直しでドレスの着心地が随分変わります。

演奏会にお召しになるドレスはサイズがきつい場合はお直しをされる事をご提案いたします。

ドレスの縫い代で巾出しが出来る時は安価でお直しが出来ます。

※ ドレスのお直しでご質問などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

 

 

ウエデイングドレスのベアトップのドレス フィットする方法

DSC03691

ウエデイングドレスのベアトップのドレス フィットしていないと大変見苦しいものです。自分のサイズで綺麗に着こなし晴れの日を迎えて頂きたいです。

近年はベアトップ(肩のないドレス)が支流になっていますが 胸周りのサイズがピッタリ添っていなければ大変見苦しいドレスになってしまいます。

市販のドレスや、お友だちから譲られたりドレスであったり ドレスへの思いはそれぞれですが
全体の身頃のサイズが一緒だからだけではその人にフィットしたドレスにはなっていません。

肩部分がないドレスは立ち上げている身頃部分だけでスカート部分の思い生地をキープしていますので 着る人の胸周りにしっかりフィットしていないとずるずると下がってきてしまいます。

胸周りをピッタリ合わせる事とウエスト位置でしっかりドレスを保つ事が一番大事になります。

なんとなくサイズは合っているし 大丈夫は その先に不安が付きまといます。

多少でもピッタリ、フィットしたドレスは当時は安心して過ごせます。この安心感が素敵な笑顔になれます。

肩のあるドレスは多少のゆるみがあっても大丈夫ですが 肩のないドレス(ベアトップドレス)はウエストからバストまで ややきつい位にフィットする必要がありますね。

少しのお直しでフィット感を味わう事ができます。

ご自分のピッタリサイズは一番綺麗なドレス姿になります。

ドレスのお直し ご相談などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

 

そのドレスの胸元 演奏中は安心ですか?

burud-600

ベアトップのドレス華やかで素敵ですが そのドレスの胸元 本当に安心ですか?演奏に集中できていますか?

ベアトップのドレスは見た目は大層素敵に見え、やはり着るなら素敵なものと思ってしまいますが 動きが伴う演奏会用のドレス
特に楽器を演奏する人には注意しなければなりませんね。

市販されているドレスは基準サイズで作られていますが
特にベアトップのドレスは胸部分のボリュウムが華やかさを演出し強調していますので パットで厚みを出したり 着る人の身頃に添わない場合が多く見受けられます。

肩部分があったり、スリップヒモが付いている場合はバストサイズがピッタリ添っていなくてもまだ安心してドレスを着こなせますが ベアトップの場合はウエストからバストまでの身頃部分だけで長く重いドレスをキープしますので 身頃、特にバストが着る人にピッタリ添っていないと素敵に見えませんね。

そこで 着る人にピッタリ添うバスト部分のドレスのお直しの方法をご提案いたします。

 

バストラインがピッタリ添うドレスのお直しの方法

市販のドレスは、ぼぼバストの内側にパットが入っています。 先ずこのパットの形が着る人に合っているかを確かめます。

下着をお買いになると時は ご自分のバストライン、サイズに合ったものをお求めになりますよね。それと同じでアンダーの補強から直さないとドレスが綺麗にみえませんね。

サイズだけを表側のドレスの縫目に添ってお直しをしていても バストのラインはその人のお顔立ちや肩幅、バストの大きさ、小ささに合わせてのバランスが必要です。 胸周りの一周が 82cや86cでも体系が皆それぞれ違います。

ベアトップドレスの場合は着る人の体系に合ったお直し、バランスが大事なので アンダーのパットから体にピッタリ合う様にお直しをします。

肩部分の有るドレスは この部分がピッタリを強調しなくても良いので 安心感が先にありお直しもスムーズになります。

 

心配無く安心のあるドレス姿で 演奏会にのぞんで頂きたいですね

ドレスのスカート部分が重くてボリュームのあるドレスは その重さを小さな身頃で支えなければなりません。

胸周りをピッタリ添わせる大事とウエストでドレスが下がる動きを防止しなければなりません 特に演奏する人は演奏中にはかなりの動きがあります。

バストトップ(一番高い所)がフィットする事とその上のドレスの上部カーブが着る人に合っていないと演奏中の動きで落ち着かなくなり安心して演奏に集中出来なくなりますね。

写真の↓部分のフィット感が大事です。 この部分のぶかつきはご自身も安心できず 見ている人も落ち着かず綺麗なドレスには見えません。

ピッタリのフィット感を得るには 何回かの丁寧な仮縫いが必要になります。アンダーパットのフィットからお直しをします。

特に演奏用のドレスであるならば 演奏時の動きを仮縫い中に取り入れる必要がありますね。

お求めになったお店で仮縫いが出来れば一番の方法です。

着る人の体系がそれぞれで難しいお直し部分ですが 少しのお時間をかけ丁寧にお直しをすれば 解決できますね。

ご質問などありましたら いつでもお問い合わせくださいませ。