ウェデイングドレスお母様からお嬢様のドレスへ リメイクしました。 

IMG_3806

お母様のウェデイングドレス幸せを願いお嬢様へ!
今に合うドレスにリメイクしました。

お母様からのお譲りのドレスをリメイクされる事をご希望されて デザインもすっかり変わりお好みのデザインのドレスに仕上げました。

無事挙式も終わり 写真が届きました。

始めにお問合せが有り 「母のウェデングドレスですが リメイク出来ますか?」

「お写真を拝見させてください」 と送られてきた当時のドレス着用の写真です。

20年から30年前のウェデイングドレスはドレスも袖もビックです。

「スカート部分を生かし袖と身頃を取り外せば今風になりますよ」と申しました。

元ドレスのビックな袖は、身頃のやり直しや デザイン変更に十分利用できる生地の分量が有りリメイクは十分に可能です。

ご希望のドレスのデザインがこちらです。

身頃部分をすっかりイメージチェンジし身頃にレースを重ね スカート部分はオーガンジーを重ねて広がりを出しています。

ご希望のデザインに近づけました。

小物類 は総て取り外し可能にしています。

当日の会場、二次会などに色々演出されるご要望がお有りで 取り外し可能に仕上げました。

本体のドレスに色々アレンジされている様子になります。

お母様のドレスを今のお嬢様のドレスに合うようにリメイクをいたしました。

◎ウェデイングドレス リメイクの流れ

1、元のドレスを拝見

2、ご希望のデザイン

3、ドレスにプラスするレース、オーガンジーの確認

4、一回目の仮縫い準備(サイズ、デザイン、ドレスのイメージ確認)

5、仮縫い確認後の修正

6、二回目の仮縫い準備(サイズ合わせ 特に胸周りがピッタリ添っているか 靴を履いてのドレス丈の確認 付属品のイメージ確認もあります)

7、サイズ合わせがピッタリ確認できて 仕上げになります。

8、納品になります。

◎一番の不安解消は仮縫いですね

※仮縫いは総て御自宅でご本人が試着をして確認をして頂いています。
その間のやり取りはメール写真のみで行っております。
遠方やお忙しい方にはご自宅で出来るの仮縫い準備をしております。 

直接のピン打ちの仮縫いはコロナ禍以前よりなるべく避けています。

簡単に試着が出来る仮縫い状態でお送りしていますので仕上がりまで少しお時間が必要になります。

ドレスのリメイクで御悩みの方はいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

ドレスの裾のお直し 裾広がりを綺麗にしたい。

DSC04199

ドレスの裾のお直し 裾広がりを綺麗にしたい。柔らかな生地は裾が広がらないので裾にコードなどで張りを持たせて広がりを出す場合があります。 今回は綺麗になる効果が出ていないので 外す事にしました。

https://youtu.be/CpH3PUbDQ8s         

 

ドレスの裾広がりが出す場合に アンダーにパニエを重ねたり 又ドレスの裾に張を持たせてコード芯を入れる場合があります。

今回のお直しは この裾広がりのコード芯が潰れていてドレスの裾が綺麗に表現されていないので コード芯を外し 通常のドレスの裾仕上げのお直しをします。

生地はチュール素材ですがビジューやスパンコールで生地に少し張があるので 通常の裾始末の方が綺麗に仕上がると判断しています。

写真は裾のコード芯ですが 形状がゆがんでしまっています。

ゆがんだコード芯は、そのままゆがんだ裾線になりますのできれいなドレスラインは出ません。

動いた時のドレススタイルは生地の方向性に合わせている方が自然のラインが出て綺麗にみえますので 今回は芯を外す事にしました。

 

ウエデイングドレスお直しでサイズはピッタリ!

IMG_4029

ウェデイングドレス サイズお直しでピッタリ ドレス復活!

ウェデイングドレスは 一回か二回位しか着ません。

以前は冠婚葬祭のトップのセレモニーで 結婚式は総て真新しく整え お客様をお迎えする事に全力を尽くしていましたが

世の中の多様化や コロナ禍も有り それぞれに何か 浮れてはいけない気分も有りごくごく 少数で身内や親しい方々の静かな集まりに変わりつつありますね。

そんな中 高価なドレスはレンタルもオーダーもちょっと悩みますね。

親しいお友達からの ウェデイングドレスのお譲りが有り サイズのお直しでドレスを着て頂く事になりました。

身巾出しのお直しは 別生地をプラスして巾調整 サイズを合わせています。

一番簡単な方法の巾出し 縫目に別生地をプラスします。(この方法が一番お安いお直しになります)上の身頃と四ヵ所のお直しになります。

表の巾の出た部分にレースをプラスするのですが 幸いこのドレスにはボレロが付属品であり ボレロを着用すれば下のドレスのレースは見えないので この様な巾出し方法で仕上げました。

スカート部分のギャザーは均等に広げます。

演奏用のドレスなど ドレスのサイズ直しでお困りの方

いつでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

ウエデイングドレス サイズ直し(身巾出し)

DSC04184

ウエデイングドレスを サイズ直し(身巾出し)でお召しになる事はSDGsの一提案でしょうか!

ウエデイングドレスは 一回か二回ほどのご試着でそのままお蔵入り それも思い出でを残す事で大事ですが 仲の良いご姉妹やお友達の間で着回しする事も素敵ですよね。

https://youtu.be/i2midMDS89w         

今回はお友達からのウエデイングドレス「サイズ直しで着る事が出来ますか?」 のご依頼がありドレスのサイズ直しをする事にしました。

身巾出しの方法は 一番目立たない 後ろ部分の縫目から巾出しをします。

サイズ出しのみでまたお友達が一人 ドレスが間に合えばこんな嬉しい事はありませんね。

季節が違い 会場の雰囲気が違っていれば 同じドレスには見えませんね。

ドレス本体も大変喜んでいるはずです。

ドレスのお直し 生地が伸びている場合

800-dr

ウエデイングドレスのお直し 生地が伸びている場合の直し方

ドレスのデザインでドレープはとても綺麗なもので 女性らしさの優雅さが表現出来る方法のひとつになります。

ドレープの出し方の方法は生地を正バイヤス(45°)で生地方向を決めると一番綺麗なドレープが出ます。

そのために生地は伸びますので ドレスのドレープは生地の伸びを利用して立体的に表現しますのでドレスなどの立体で華やかさときれいな表現には高度な技術が要求されます。

生地の厚みや生地質などにより 時間が経ったり、また何人かの着まわしがある物などは一番生地の弱い部分(ドレープ部分)はどうしても伸びてしまう事があります。

そこで今回は 一番簡単な方法でドレ-プのたぶりの解消をしています。

https://youtu.be/NdWH_ff9A4g         

ドレスのドレープ お直し前 → お直し後 の写真をアップしました。

サテンリボンの下に浮分を押し込む方法です。

リボンは何かと調整できたり バランス、始末隠しなど 色々華やぎと共に利用できます。

ドレスのデザインによって お直しの方法は違ってきます。

 

ドレスのお直しの条件

本体のデザインに影響がなく 速く 簡単に直す事が必要です。

特にウエデイングドレスなどは生地の重なりが幾重にも重なっていますので一番目立つ処のお直しが必要ですね。