ウエデイングドレス どなたもきれいに見えるお直しの重要ポイント

800-doresu

ベアトップのウエデイングドレスどなたも憧れますが難しいドレスです。 胸周りがピッタリするお直しの重要ポイント(ここが大事)を押さえましょう。

肩のないウエデイングドレス 非日常的で見た目も大変素敵でいつかは着てみたいドレスですよね。

ところが大変難しいドレスなのです。

肩部分の支えがないので ウエストから胸周りの狭い身頃で大きく広がるドレスを支えなけらばなりません そのため身頃部分は着る人にピッタリ合わせなければなりませんね。

バストサイズが9号、11号でも 体系がそれぞれ違いますので レンタルでも既製品でも お直しが必要になってきます。

お直しの方法は着る人の体系でそれぞれ 異なりますのでこのようなドレスのお直しは 慎重に注意をしてなければなりません。

今回のお直しは ドレスとのバストサイズが合っていなくて縫い代が少なくマチ部分を付けました バストのサイズをピッタリあわせてみましたら 次に 胸周りのラインに浮分が出て その浮分をダーツで取る事にしました。

ドレスの胸周り、胸位置がピッタリ合っている人はどなたもドレス姿は大変綺麗にみえます。

ですから 胸周りは体系に合ったピッタリなドレスをお召しください。 綺麗になりますので。

 

※ドレスの胸周りサイズと体系は違います。

ドレスをお探し時 デザインの好きな物 そして合うサイズでお探しですが 必ずし試着をして下さい。

ご自分の体系がわかります。

体系が基本ですからその体系に合ったドレスをお選び下さい。

デザインや素材により 着にくい物も有り基本のサイズになっていない場合もありますので

サイズからではなく ご自身の大事な体系に合ったドレス、似合うドレスを選んで頂きたいと思います。

サイズのお直しでドレス着用は可能ですが 時にデザインが壊れる場合があります ご注意下さい。

 

※オーダードレスは着る人に総てピッタリ合うドレスとしてご提供しています。

お値段は少々アップしますが 満足度は100% で 安心のあるご自分のドレスとして自然の笑みもご提供しています。

 

注意点

既製品ドレスはお直しが出来る様に仕上がっていません(装飾品が多い)のでご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエデイングドレス サイズピッタリのお直し方法

IMG_2979

ベアトップのウエデイングドレス 身頃、胸周りがピッタリ合っていないドレスは不安がいっぱいですね。胸周りがピッタリ合った安心感のあるドレスにお直しをします。

ベアトップ(肩部分なし)のドレスはすごく素敵で 着る機会があんまりなので 結婚式には是非着てみたいドレスではありますね。

実は このドレスの着こなしは大変難しいのです。

ウエストから上の身頃のみで 大きなボリュームのスカート部分を支えなければなりません。

その為にはウエストピッタリ、胸周りピッタリのドレスが求められます。

市販のドレスでは少しタイト位のドレスがお薦めです。

一般には サイズのみでお試しになりますが 人にはサイズと別の体系の異なりがあります。

同じバスト周り 82c でも 1、薄い体系身巾あり 2、丸い体系 3、バスト有り、無し 4、身丈の高い、低い など体系はさまざまです。

お店で御買い上げになる時は試着をされると思いますが
当日お召しになる下着(ロングタイプブラジャー)もお召しになる必要があります。

デザインの華やかさのみにとらわれると お直しも大変になります。

体形に添ったドレスを見つけてくださいね。

下着が不安定(当日と異なる)であったり日常にお召しの下着でのドレスの試着は 後々ドレスのお直しが難しくなります。

 

ドレスの身頃はサイズより体系にピッタリ合っているかが大変大事です。

今回のお直しの依頼は 試着をされていても どこかが違ったサイズ合わせになっていたのでしょう!

メジャーで測ったバスト一周のサイズは市販の号数と一緒でも体系が違っている事をご確認下さい。

ドレスメーカーによりデザインに特徴がありますので バストを高く見せたり、上半身にボリョムを持たせたりなど メーカーの得意とするデザイン、縫製がありますので ピッリと満足のゆく試着をしてドレスをお選びくださませ。

デザインが好き 希望のお値段 だけでのベアトップのドレス選びは危険が伴います。

既製品のドレスは縫い代が幾らか余分に付いていますが
今回のお直しのドレスは縫い代に切込みが入っていてマチ(別生地プラス)を付ける必要がありました。

他社のドレスのお直しは裏側を開いてみないと解らない事も多く お直しが大変になっています。

 

当日をハッピーにお迎え頂く為にサイズピッタリのお直しに励んでいます。

 

 

 

ウエディングドレス 胸周りのお直し 一番大事なところ

IMG_2978

ウエディングドレス(ベアトップドレス)着る人の胸にフィットしていることが事が一番綺麗にみえます。 胸周りのお直しはフィットしている事が一番大事で慎重に注意をしてお直しをします。

ウエデイングドレス 最近は特にベアトップドレスが多いのですが このドレスは身体にフィットしていないと実に醜いドレスになる場合が多いですね。

サイズ展開や、軽い試着でお求めになった場合に特に多いのは

「なんとなくサイズが合っているが胸周りがフィットしない」 とおっしゃる方がたの多は胸の谷間がフットしていない事です。

既製品のドレスはサイズは決まりのサイズですが

ベアトップドレスの場合はバストトップが高くなっています。それはドレスの胸が高くすると、とても素敵にみえるからです。

モデルさんのイメージはとても素敵ですよね。

ところが 着る人には色々の身長や体系があります モデルさんのイメージに近づけたい場合はバストの周り 特に前の胸の谷間をフィツトさせる事になります。

この胸の部分がフィットしていれば 着ていても安心でお辞儀もきれいで楽しいパーティーになります。

胸の高い低いはそれぞれですが ピッタリ合っていればどれも素敵なドレス姿になります。

お求めになると時はデザインより 胸周りのフット感のあるドレスをお選びになると良いと思います。

 

演奏用黒フレアーパンツのお直し

800_2908

演奏に向く黒フレアーパンツのお直し(妊婦さんの場合)

演奏者にとっては黒のロングスカートや黒のフレアーパンツは一枚は準備していたい一着ですよね。

という事で 演奏用黒のフレアーパンツをお作りしました組み合わせが自由で、「大変重宝しています」のご感想後

ご結婚、ご懐妊 とおめでた続きで それでも演奏の依頼があり 「パンツのお直しが出来ないでしょうか?」とご相談があり

今回 妊婦さんも履けるパンツにお直しをしました。

妊婦さんは腰周りが以上に太くなっていますので その部分の対応をするにはニット系の素材で腰部分のパーツの取り変えする方法がベターですが、パーツを取り換えてしまうと 通常の体系に戻った時に、また本来の生地でパーツを作り、接がなけらばなりません。

そこで 思いついた事は 本来のパンツの腰部分の生地をそのまま残して置く 一番硬いベルトの部分は外し腰部分のパンツの生地を内側にたたみ込む方法にしました。

フレアーパンツはウエストから裾に向かって広がりがありますので 腰部分の太さはそれほど目立ちませんね。

お直しの方法として

ドレス類などのお直しは 目先のその場に合わせて直してしまえば良い のでは次回の場面が変わった場合は又悩みますよね。

特に 演奏活動をされている方々は長期のご活躍期間がありますので お直しをしながら、長くドレスをお召し頂きたいとおもいますので 長く愛用出来るお直しに心がけています。

ドレスなどのお直しで お悩みをお持ちでしたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

ウエディングドレス ドレス丈のお直し

500-doresu

ウエディングドレス ドレス丈のお直し ドレスにボリュームがあるため
ご自分のドレス丈の不都合には気が付きませんが
ドレス丈は着るご本人にピッタリの丈が一番綺麗に見えます。

ウエデイングドレスはレンタルが多くお直しは不可能な場合が多くて
なんとなくがまんをして召されている事が多いですが ご自分のドレスであれば ご自分のサイズにピッタリ合わせる事が一番安心で綺麗にみえますね。

胸周りや身頃は着心地の不安からご自身もすっきりせず お直しをされますが ドレス丈に関しては経費もプラスになり「いいです、がまんします」の方も多くいらっしゃいます。

ドレス丈ピッタリになっていなくていいの?

ドレスの丈は下にパニエを合わせていてもいなくても 着る人の丈が床すれすれが一番綺麗に見えます。

ドレスの前部分が床で折れ曲がっていては全体のドレスの綺麗さが半減しますね。

ウエディングドレスの場合は ご招待の来客も多くご挨拶も有り色々狭い所も移動しなければなりませんね。

前部分の丈が長いと綺麗に動けなく片手はいつもドレスを持ちあげています。

花嫁さんは意外と両手の作業が多くあります。

それだけではなく

ドレス丈がピッタリ合っているとご自身が一番綺麗に見えます。

大事な記念写真は永久に残り、周りからのスナップ写真も同時に多く残ります。

丈ぐらい と お思いかもしれませんが 見た目の外部からは一番目立つ所になります。

身頃がゆるいや、きついは ご自分だけの想いですが

ドレス全体のシルエットはどなたにでもわかります。

ご自身のドレスであれば 身頃もドレス丈もきちんと合わせたお直しをされる事をご提案いたします。

細部まで気使いの良い花嫁さんと評判になりませんか!

※ご自身のドレスはご自身のサイズに合ったドレスをお召しになる事をお薦めいたします。