演奏用ドレスのリメイク(演奏者に合うお直し)

800-h

演奏用ドレスのリメイク サイズや見た目だけではなく演奏がしやすい演奏者に合うお直しが大事です。

本体のドレスを演奏する人の動きに合わせ 演奏しやすい様なゆとりと見た目の優雅さを取り入れたリメイクをしています。


演奏用ドレスの場合は 立姿が良いだけでは機能性が十分ではありません。

演奏する人の姿勢や動きのゆとり分がドレスの中に含まれなければなりません。

左のドレスは海外の既製品ドレスで 立姿のサイズは良いのですが

◎座っての演奏には腰周りにきつさが出ていました。脇側に多めのフレアーを入れています。

◎袖のパフスリーブは演奏時にはきつく ジョーゼットのフレアースリーブに変えました。

◎衿の開きは深く 演奏する人には開き過ぎで演奏に集中出来ないので衿のパーツと衿をつけました。

楽器を演奏するスタイルがは色々あります。

その楽器の演奏と演奏者の動きに合っているドレスが

演奏用のドレスとして一番大事であると 思いドレスのリメイク、制作をしております。

 

 

 

 

 

 

ウエデイングドレスお直し 上級編

IMG_2985

ウエデイングドレスお直し かなり大変なお直し(上級編)

ウエディングドレスのデザインで現状のほぼ8割がベアトップ(肩部分のないデザイン)が多く出回っています。

見た目には大変素敵で着てみたいと願う女性達の虜にしているデザインなのです。

ところが このドレスを素敵に着こなすにはかなりのハードルが高いドレスでもあります。

オーダードレスとして一からお作りするドレスでは難しい事ではありませんが 既製品の出来上がったドレスからのお直しは相当難しいドレスになります。

それは唯一華やかさの表現のレースに付けたスパンコール、パール、ビーズ、クリスタル などの装飾品を一度外して基本の土台からお直しなかればならない事です。

ゆるい場合 身巾の縫い込みはそのまま縫い込む事も可能ですが

きつい場合 は縫い代から巾出しをしなかればなりません。

そのような時には 装飾品を全部外してからのお直しになります。

お直し前のドレスです。

本体ドレスのお直しの前に外した 装飾品になります。

レースはビーズやパールで止めてありますので その装飾品のはずしからお直しがはじまります。

今回は縫い代が少なく 別生地をプラスするマチ部分を付けています。

出来上がっているドレスが着る私に(体形はそれぞれ)にデザインのイメージ通りにピッタリ添う事が お直しの技量とおもって頑張っています。

どうしても 工程が複雑になればお直し代もそれぞれアップします。

お直しのご希望の方はご了承くださいませ。

既製品の場合はお買い求めのお店でのお直しをされる事が一番お安く安心なのではと思います。

 

 

 

 

ウエデイングドレス どなたもきれいに見えるお直しの重要ポイント

800-doresu

ベアトップのウエデイングドレスどなたも憧れますが難しいドレスです。 胸周りがピッタリするお直しの重要ポイント(ここが大事)を押さえましょう。

肩のないウエデイングドレス 非日常的で見た目も大変素敵でいつかは着てみたいドレスですよね。

ところが大変難しいドレスなのです。

肩部分の支えがないので ウエストから胸周りの狭い身頃で大きく広がるドレスを支えなけらばなりません そのため身頃部分は着る人にピッタリ合わせなければなりませんね。

バストサイズが9号、11号でも 体系がそれぞれ違いますので レンタルでも既製品でも お直しが必要になってきます。

お直しの方法は着る人の体系でそれぞれ 異なりますのでこのようなドレスのお直しは 慎重に注意をしてなければなりません。

今回のお直しは ドレスとのバストサイズが合っていなくて縫い代が少なくマチ部分を付けました バストのサイズをピッタリあわせてみましたら 次に 胸周りのラインに浮分が出て その浮分をダーツで取る事にしました。

ドレスの胸周り、胸位置がピッタリ合っている人はどなたもドレス姿は大変綺麗にみえます。

ですから 胸周りは体系に合ったピッタリなドレスをお召しください。 綺麗になりますので。

 

※ドレスの胸周りサイズと体系は違います。

ドレスをお探し時 デザインの好きな物 そして合うサイズでお探しですが 必ずし試着をして下さい。

ご自分の体系がわかります。

体系が基本ですからその体系に合ったドレスをお選び下さい。

デザインや素材により 着にくい物も有り基本のサイズになっていない場合もありますので

サイズからではなく ご自身の大事な体系に合ったドレス、似合うドレスを選んで頂きたいと思います。

サイズのお直しでドレス着用は可能ですが 時にデザインが壊れる場合があります ご注意下さい。

 

※オーダードレスは着る人に総てピッタリ合うドレスとしてご提供しています。

お値段は少々アップしますが 満足度は100% で 安心のあるご自分のドレスとして自然の笑みもご提供しています。

 

注意点

既製品ドレスはお直しが出来る様に仕上がっていません(装飾品が多い)のでご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエデイングドレス サイズピッタリのお直し方法

IMG_2979

ベアトップのウエデイングドレス 身頃、胸周りがピッタリ合っていないドレスは不安がいっぱいですね。胸周りがピッタリ合った安心感のあるドレスにお直しをします。

ベアトップ(肩部分なし)のドレスはすごく素敵で 着る機会があんまりなので 結婚式には是非着てみたいドレスではありますね。

実は このドレスの着こなしは大変難しいのです。

ウエストから上の身頃のみで 大きなボリュームのスカート部分を支えなければなりません。

その為にはウエストピッタリ、胸周りピッタリのドレスが求められます。

市販のドレスでは少しタイト位のドレスがお薦めです。

一般には サイズのみでお試しになりますが 人にはサイズと別の体系の異なりがあります。

同じバスト周り 82c でも 1、薄い体系身巾あり 2、丸い体系 3、バスト有り、無し 4、身丈の高い、低い など体系はさまざまです。

お店で御買い上げになる時は試着をされると思いますが
当日お召しになる下着(ロングタイプブラジャー)もお召しになる必要があります。

デザインの華やかさのみにとらわれると お直しも大変になります。

体形に添ったドレスを見つけてくださいね。

下着が不安定(当日と異なる)であったり日常にお召しの下着でのドレスの試着は 後々ドレスのお直しが難しくなります。

 

ドレスの身頃はサイズより体系にピッタリ合っているかが大変大事です。

今回のお直しの依頼は 試着をされていても どこかが違ったサイズ合わせになっていたのでしょう!

メジャーで測ったバスト一周のサイズは市販の号数と一緒でも体系が違っている事をご確認下さい。

ドレスメーカーによりデザインに特徴がありますので バストを高く見せたり、上半身にボリョムを持たせたりなど メーカーの得意とするデザイン、縫製がありますので ピッリと満足のゆく試着をしてドレスをお選びくださませ。

デザインが好き 希望のお値段 だけでのベアトップのドレス選びは危険が伴います。

既製品のドレスは縫い代が幾らか余分に付いていますが
今回のお直しのドレスは縫い代に切込みが入っていてマチ(別生地プラス)を付ける必要がありました。

他社のドレスのお直しは裏側を開いてみないと解らない事も多く お直しが大変になっています。

 

当日をハッピーにお迎え頂く為にサイズピッタリのお直しに励んでいます。

 

 

 

ウエディングドレス 胸周りのお直し 一番大事なところ

IMG_2978

ウエディングドレス(ベアトップドレス)着る人の胸にフィットしていることが事が一番綺麗にみえます。 胸周りのお直しはフィットしている事が一番大事で慎重に注意をしてお直しをします。

ウエデイングドレス 最近は特にベアトップドレスが多いのですが このドレスは身体にフィットしていないと実に醜いドレスになる場合が多いですね。

サイズ展開や、軽い試着でお求めになった場合に特に多いのは

「なんとなくサイズが合っているが胸周りがフィットしない」 とおっしゃる方がたの多は胸の谷間がフットしていない事です。

既製品のドレスはサイズは決まりのサイズですが

ベアトップドレスの場合はバストトップが高くなっています。それはドレスの胸が高くすると、とても素敵にみえるからです。

モデルさんのイメージはとても素敵ですよね。

ところが 着る人には色々の身長や体系があります モデルさんのイメージに近づけたい場合はバストの周り 特に前の胸の谷間をフィツトさせる事になります。

この胸の部分がフィットしていれば 着ていても安心でお辞儀もきれいで楽しいパーティーになります。

胸の高い低いはそれぞれですが ピッタリ合っていればどれも素敵なドレス姿になります。

お求めになると時はデザインより 胸周りのフット感のあるドレスをお選びになると良いと思います。