ウエデイングドレス 思い出と一緒にリメイクはいかがでしょうか!

wdmika

ウエデイングドレス 大切な記念のドレス 思い出と一緒にドレスのリメイクをしませんか!

今回は 以前にウエデイングドレスのご注文を頂いたお客様からの依頼で ウエデイングドレスのリメイクをお願いされました。

七五三のお祝いが今秋にあり 記念写真のドレスとしてリメイクをする事にしました。

本体のドレスは大人のドレスなので生地はたっぷり使用しています。

身頃はシャンタン生地に 豪華なスパンコールやパールの付いたレースを使用しています。

スカート部分は広がりがいっぱいあるチュール生地を三枚重ねをして作ったドレスになります。

ウエデイングドレスは華やかさを出す為に生地の使用を多くしています。

今回のお子様のドレスには 全部を壊す事はせず 七才の体系は120~130サイズなので
スカート部分生地一枚を外し 身頃は残布生地がありその生地を利用したリメイクの方法になります。

本体のドレスを残すのは お嬢様が婚礼時になった時ドレスがもう一度ご利用可能である様に残しています。

 

母から娘へのウエデイングドレスのリメイクは 思い出が二重に重なり依頼も多くあります。

貸衣装が支流であった1970年~1990年代頃に ご自分のウエデイングドレスをオーダーされた方は 当時はとても良い素材を使用されていました。 ジャガードのサテン生地が多く存在していました。

丁度 芸能人の方々の結婚式が頻繁に放映されていた頃になります。

貸衣装ではないご自分のドレスへの憧れが強く その後は日の目に合う事もなく お嬢様のご結婚に突然
私のあの時の衣裳は? と思い出され リメイクが可能であればと何度もご依頼を受けています。

ウエデイングドレスも時間と共に デザイン、素材の変化はありますね。

本体の20~30年前のドレスの生地を生かして デザインも変え 素材の変化もプラスしたリメイクのドレスをご提案しています。

 

七五三 のお祝いドレスは 要尺も少なく生地は一部分の使用をしています。

七才のドレスは120~130サイズになりますので 生地の使用は少ないです。

このお母様のドレスは一着のドレスに色の変化を添え二着使用の様なお色ドレスを兼ねた作り方をしました。 そのお母様のドレスのミニ版の様な作り方が良いのではないかと 後々の為 本体のドレスを残し一部分の生地使用で お嬢様向けにミニ版のドレスを作り事にしました。

慣れないドレスの仮縫いは 5分以内に決めなければなりません。 丈、身巾 雰囲気をゲットしてお嬢様のドレスを作ります。

着物柄をドレスに使用する場合のポイント

着物柄をドレスに使用する場合そのままでは和装のイメージが強すぎます ドレスに使用する時はドレス向きの柄が良いのでちょっとの工夫が必要です。ポイントを動画で説明しています。

大人の着物はそれなりに利用方法も有りますが
四つ身の子供着物は柄も大きいので利用方法も難しいと思います。

お客様は演奏者に成長されていますのでドレスでのご利用も多くなり 演奏用のドレスにリメイクしました。

着物の色、柄は和柄独特に表現されていますので ドレスのイメージに近づく工夫で 色、柄を押さえる為オーガンジーを重ねる表現にしています。

ドレスに展開するもう一つのポイントは 着物地と無地のドレス生地との組み合わせがよりドレスの雰囲気が出やすくなります。

大人向きのドレスも着物地を利用した場合は無地のドレス生地との組み合わせがよりドレスの雰囲気が出ます。

https://birood.jp/products/piano/remake-yuzen-senior/ ← 大人の着物地ドレスになります。

着物地を利用するドレス作りは着物の要尺が限られていますので ドレスのシルエットはタイトになり着物の雰囲気がそのまま残ります。

発表会や演奏会のドレスはピアノ演奏など座っての姿勢もあり、いくらかの広がりが必要になります。

裾の広がりがドレスの雰囲気も出ますので 着物地プラスドレス生地と組み合わせをお薦めします。

着物地からドレスをお考えの方は 気軽にお問い合せくださいませ。

 

 

 

お母様のウエディングドレス、リメイク後のあなたに感動の嵐が起こります。

400-aup

結婚式を控えウエディングドレスをお探しのあなた!
もし、お母様や、叔母様、お姉様がウエディングドレスをお持ちだったら
ちょっぴりリメイクをしてご自分の結婚式にお召しになりませんか?
凄い感動が会場いっぱいに沸き起こりますよ。
そして幸せも2倍3倍になります。 結婚式に感動の演出をなさいませんか!

これは お客様が実際にドレスをリメイクしたいと持ち込まれ実例です。

「母が結婚式に着たウエディングドレスですが 総レースでパールがいっぱい付いて今風のデザインではないのですが、何か手を加えたら着れるのではないかと思いますが 26年位前に母が着たウエディングドレス パールが黄ばんでいるのでパールだけ取り換えれば着れそうな気がして持ってきました どうでしょうか?」

「今、総レースは珍しいし上質素材なので少しリメークしてあなたのサイズに合わせれば十分お召しになれますよ。もちろん黄ばんだパールも取り換えれば新しいドレスに生まれ変わりますよ。 もしご祖母様がご健在なら当日はものすごく感動なさいませんか! 感動の演出も有りで リメイクをいたしましょう」 と ウエディングドレスは2代に渡ってお召しになる事となり準備にはいりました。

   リメイク前のウエディングドレス(お母様のドレス)
前スタイル 当時の流行りのビックな袖 パールの黄ばみが気になります。

  お客様の声 「黄ばみのパール取り変え出来るって うれしい!」

後ろスタイル 後ろトレーンに黄ばみがあります。

お預かりしたウエディングドレス 長い間お箱に入っていました。とても良い保管状態ですがレースに黄ばみがでています。

お客様の声  後ろトレーンのレースの黄ばみ シミ抜きは時間が経過しているので白染になるそうで お値段が高い 飾りオーガンジーで隠しましょう 嬉しい!」

リメイクする箇所は
1、身頃のパールの取り換え 2、袖を今に合うタイトにする 3、後ろトレーンの黄ばみ隠し 4、全体の仮縫いして体に添うように仕上げる

ドレスの試着をして仮縫いをします。今風のマーメードはヒップを強調したタイトになります。
後ろ部分のレースの黄ばみを隠す為オーガンジーのトレーンをプラスして 膝後ろにサテンのリボンを置いてみます。

お客様の声  「ヒップ下にリボンのポイントを付けロングトレーンでレースの黄ばみ隠れてる 嬉しい!」

仮にリボンを置いてみます 全体のバランスは仮縫いを進めて、大きさ位置を決めます。

 ビックな袖を外しタイトな袖に作り変えます

お客さもの声  元のドレスのビック袖 やっぱり古いデザインと感じてました。 リメイクでタイトな袖になる 嬉しい!」

仕上がりに付かずくと気になるお腹辺りのレースの浮分

お嬢様のドレスの仮縫いをしてピッタリ添うように仕上げにかかると 前お腹辺りのレースが浮き気になります。
何故だろうと思いましたら 以前オーダーされた時にレースの柄の繋がりを良くする為にレースを重ね置きになっています。

当時のドレスは体にピッタリ添うようなデザインではなかったので この部分のレースの重なりは目立ちませんでした。

今回はピッタリ添うドレスにリメイクをしていますので この浮分を直します。

 お母様からお嬢様へのリメイクドレスの仕上がり

本体のドレスのシルエットを崩さないで 今風にタイトな総レースのウエディングドレスにリメイクをしました。

お客様の声  母のウエディングドレス イメージを壊さず私サイズのスリムなドレスに変身しました。 嬉しい!」

パールの取り換え タイトなドレスのシルエット タイトな袖、汚れ(黄ばみ)を隠すための装飾品をプラスを入れたリメイクになります。

※長年で付いた黄ばみ、シミは高度な白染にすると目立たなくなりますが お値段が高くなります。
装飾品で隠す様にしました。  ご本人様は装飾品の方が良いと承諾です。

        お嬢様ご試着で仕上げの確認です。

お客様の声  「こんなに自分に似合うウエディングドレスになって 嬉しい! 会場やヘアー担当の人と自信を持って打ち合わせで出来ます。」

ウエディングドレス 実例のリメイクの様子なります。

お客様の声  「リメイクの様子は作業に入る前の説明で理解していたつもりでしたが 本心としては母の一度っきりのドレスを着て披露出来れば母孝行になるかな との軽い気持ちでした。二次会などで華やかなドレスを借りれば良いと思っていました。
実際に仮縫いというものを知らないまま 仮縫いの工程で徐々に自分のドレスになっていく様子を味わったとき なんかドレスが生き返って行くようでこれは皆に披露しなかれば行けないとおもいました」

お客様の声 「実はこのドレスにはまだ小物がいっぱい付いていて これ使えますかと持ち込みました。」「使えるものは手直しをして使いましょう」と 言って下さり 頭の髪飾り花がいっぱいあります(ヘッドドレスと言うそうです)クタクタになっていたのですが 間に小花を差し込み全体を締め上げると花が生き返りました。 頭のてっぺんには今、乗せないそうです 後ろ下から両耳をくるむような付け方が凄く新鮮に感じました。 手袋も有りましたが黄ばみがひどく こちらは新しい物に買い直しました。

この相談や仮縫いの時はお母様も同席されていて 「あの時、そうそうこんなことあったのよ」と母(ご祖母様)との当時の会話が思い出されてお嬢様に嬉しい思い出話しをなさっていました。 この思い出の時間がドレスのリメイクよりも とても貴重な時間の様に思えました。

当日まで ご祖母様、ご親戚の方々には内緒でこのリメイクをしたドレスを披露します。 とおっしゃっていました。

お客様の声  「実は初めにリメイクのお値段が 「6万円位ですね」と言われた時 ドレス作ったこともないし リメイクした事も初めてだしそんなもんなんだ と思っていました。 ところが、なんども仮縫いをしてもらい段々自分に合うドレスになって行く様子から 当時の母の思い出話も出て おばあちゃんの思い入れの事も聞くと これは貸衣装ではだめ 再び着てあげなければと強く思うようになりました。貸衣装ではただ綺麗だったねで、終わりそうだけど 親戚が又集まって父母の当時の結婚式の話しから 自分の結婚までの長い物語が生まれるのではないかと ワクワク感でいっぱいになり 6万円なんてちっぽけで 思い出がいっぱい広がる嬉しさはお金で変えられないと感じました」
「お婆様には、当日まで内緒にされたら如何でしょう? 司会の方にドレスをリメイクした事をお話ししてもらい お婆様の目の前に立たれると どんな反応をされるでしょうか?」 とアドバイスを頂き そのようにする事にしました。

お客様の声  「当日の様子は おばあちゃんが感激して泣いて泣いて おばさん達、おじさん達も26年前の父母の結婚式の事を知っているので 感動していました。こんな 凄いストーリー展開になるとは思いもせず 余興がかすんでいました。物凄くうれしかったです」

ありがとうございました。 当時の様子がイメージでき ことらも大変嬉しく思っています。

結婚式は特別のお祝い事になるので リメイクドレスなんて とお思いの方もいらっしゃいますが思い出が膨らむ
こんなリメイクドレスの展開もあります。

ご質問などありましたら お気軽にお尋ねくださいませ。

 

 

 

様の声

好きなドレスがまた着れる 演奏会ドレスのお直しやさん

演奏会に出る為に買ったドレス、色々吟味して、試着して買いました。 そんな思い入れの演奏用ドレス 何度も着たいですよね。体系サイズは変わるものです お直しをして又、演奏会に出てハッピー気分を味わいませんか!

若くはつらつとしていても 時間の経過で体系のサイズは変わります。無理無理にドレスが着れても演奏するためのドレスは演奏に支障がでます。(苦しい、きつい状態が頭のどこかにあり演奏に集中できませんよね)

演奏会は自分よりも、聴いてもらう人の為でもあります 見た目もすっきりご自分も安心して楽に演奏できる事って大事ですよね。

チョットのお直しで解決できるって嬉しくないですか!

ドレスはその着る人にピッタリ合っていればとても綺麗に見えるものです。 時間の経過でドレスがきつくなったり、ゆるくなったりは必ずあります。

着ているドレスが一番綺麗に見えるポイントは 身頃がその人にピッタリ合っているかどうかになります。

全体のドレスのサイズは合っているが、胸周りがチョットゆるい 肩のあるドレスでは感じないのだけれど、ベアトップ(肩なし)ドレスを着た時 胸トップがゆるくステージでお辞儀をする時凄く気になる経験はありませんか?

お買いになった時はピッタリで、その後もサイズは同じであっても 胸周りの体系は少しずつ変わります。 特にベアトップドレスは胸周りをピッタリになっていないと見苦しいですね。

胸まわりがぶかつくサイズのお直しをします。 脇線とバストラインを詰めてみます。

ドレスの胸トップ位置をピッタリにしました。

人前でお辞儀をしても安心なお直しになっています。

※ ドレスの丈詰めや 身頃の幅の詰めは 簡単にお直しするところはありますが 身頃をピッタリ 特に胸周りを綺麗にピッタリ添うお直しは 当店だけではないかと思います。 それは着る人に合う様に仮縫いを必ず入れているからです。

仮縫いを入れる技術は ドレスを作る事ができものだからこそと思っています。 お直しは丁寧にするぼど綺麗な仕上がりになります。

お直し代は少しアップしますが 安心できれいなシルエットで演奏会に望んで頂きたいと思います。

安心のあるるドレスは、良い演奏にも繋がっていますね。

  ご質問などありましたらお気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ブラウス!えっ!兵児帯です。 ブラウスにリメイクの途中です。

400-bubunn

箪笥で眠っている兵児帯 使わないのならブラウスにリメイクして着ますよ。

和装物の素材は良い物が多くあり これも細かい手絞りの入った兵児帯を使用しました。

手の込んだ絞り加工を生かす為のデザインと作り方にちょっと工夫がいります。

絞りは細かければ細かいほどストレッチのような伸びがあり またそれを十分生かして絞りの良さがでますね。

裏に細工をします。

裏側にオーガンジーを貼り伸び分を調整します。

裏地のある物なら 裏地を基本に絞り加工を載せれば良いのですが
裏なしの場合は伸びても良い部分までの広がりを先にキープする必要があります。

元元は兵児帯です 絞りの着物と違って生地巾に設定してありません。 湯のしを通して巾設定する事も出来ますが
この縮み具合の面白さを生かしてオーガンジーを裏打ちしています。

お直し、リメイクなどご質問があればいつでも お気軽にお問い合わせください。