コンクール、演奏会のドレス 裏地にこだわっています

700-1

真剣勝負のコンクール、演奏会のドレスは汗がべたつかない吸湿発汗性の裏地を使用しています。

丁度成長期である中学生、高校生のお嬢様方
日頃のピアノやヴィオリンの演奏会や発表会 そしてコンクールになると大変な緊張感と共に大量の汗もかきますね。

こだわりのある大好きなドレスも内側は汗をかき、べたつき体も冷える場合があります。

そんな意見を演奏する人からいっぱい聞きました。

そこで 発表会、演奏会用のドレスの裏地 特に身頃の裏地に吸湿発汗性の裏地を使用することにしました。

裏地の役目は 

1、脱着の時 滑りが良いので着やすい

2、表の生地シルエットが長く良くキープされる

3、下着が見えない

4、表のドレスの縫目が体に触らないので爽快

など がプラスになっていますが ここでもう一つ追加で

5、汗かきの後の爽快感 

この5番目の役割のお話しをいたします。

中学生や高校生のお嬢様方は 何回ものコンクールに挑戦をして 音大を目指しますね。

そのコンクールに挑戦する時に緊張感と共にかなりの汗もかいています。

人によっては その汗で体が冷え 不快感となり実力が半減する時も有るよう聞いています。

一般に使用されている裏地はキュプラやポリエステルでどちらも汗かきの後はべたつきます。

既成品のように生地が厚い場合は裏地なしの場合もありますがこちらも汗かきの後はべたつきます。

その不快感を少しでも解消したくて 美露土では演奏用のドレスに吸湿発汗性の裏地を使用しています。

100%ではありませんが 汗をかいた後はべたつかずサラッとした肌触りで濡れた感覚はなく安心してコンクールに望めます。

濡れ感がないと体も冷えません。

コンクールにはベストの状態で望む事ができます。

※ソロで長時間リサイタルを行ったお客様 さすがにこの吸湿発汗性の裏地で対応できなかったこともあります。

 

コンクール、演奏向きのドレスには表のデザイン そして裏地へのこだわりも大事ですね。

演奏用ドレスは見た目の華やかさより実用的でなければなりません

演奏する楽器の動かし方に合うドレスの選び方はもちろんですが

裏地へのこだわりは オーダーだからこそ出来るドレス作りの一貫です。

吸湿発汗性の裏地を 次回のコンクール、演奏会にお試し下さいね。

中学生、高校生向きのドレスに関してご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

大事ですね。

ウエデイングドレス 思い出と一緒にリメイクはいかがでしょうか!

wdmika

ウエデイングドレス 大切な記念のドレス 思い出と一緒にドレスのリメイクをしませんか!

今回は 以前にウエデイングドレスのご注文を頂いたお客様からの依頼で ウエデイングドレスのリメイクをお願いされました。

七五三のお祝いが今秋にあり 記念写真のドレスとしてリメイクをする事にしました。

本体のドレスは大人のドレスなので生地はたっぷり使用しています。

身頃はシャンタン生地に 豪華なスパンコールやパールの付いたレースを使用しています。

スカート部分は広がりがいっぱいあるチュール生地を三枚重ねをして作ったドレスになります。

ウエデイングドレスは華やかさを出す為に生地の使用を多くしています。

今回のお子様のドレスには 全部を壊す事はせず 七才の体系は120~130サイズなので
スカート部分生地一枚を外し 身頃は残布生地がありその生地を利用したリメイクの方法になります。

本体のドレスを残すのは お嬢様が婚礼時になった時ドレスがもう一度ご利用可能である様に残しています。

 

母から娘へのウエデイングドレスのリメイクは 思い出が二重に重なり依頼も多くあります。

貸衣装が支流であった1970年~1990年代頃に ご自分のウエデイングドレスをオーダーされた方は 当時はとても良い素材を使用されていました。 ジャガードのサテン生地が多く存在していました。

丁度 芸能人の方々の結婚式が頻繁に放映されていた頃になります。

貸衣装ではないご自分のドレスへの憧れが強く その後は日の目に合う事もなく お嬢様のご結婚に突然
私のあの時の衣裳は? と思い出され リメイクが可能であればと何度もご依頼を受けています。

ウエデイングドレスも時間と共に デザイン、素材の変化はありますね。

本体の20~30年前のドレスの生地を生かして デザインも変え 素材の変化もプラスしたリメイクのドレスをご提案しています。

 

七五三 のお祝いドレスは 要尺も少なく生地は一部分の使用をしています。

七才のドレスは120~130サイズになりますので 生地の使用は少ないです。

このお母様のドレスは一着のドレスに色の変化を添え二着使用の様なお色ドレスを兼ねた作り方をしました。 そのお母様のドレスのミニ版の様な作り方が良いのではないかと 後々の為 本体のドレスを残し一部分の生地使用で お嬢様向けにミニ版のドレスを作り事にしました。

慣れないドレスの仮縫いは 5分以内に決めなければなりません。 丈、身巾 雰囲気をゲットしてお嬢様のドレスを作ります。

ドレス制作で仮縫いは必見です。遠方の方もご自宅で簡単に仮縫いが出来る方法のご提案です

700-1

ドレス制作中の仮縫いは大変重要になります。
お店まで出向かずにお自宅で仮縫いが出来ます。

ドレス美露土では長年 演奏用のドレスを中心にドレスをオーダーでお作りしています。そのドレス作りには途中に仮縫いを必ず入れる方法をご提案しています。

その仮縫いで気付く事が多くあり ドレス美露土独自の仮縫い方法をご提案しています。

先ず 演奏者の方々は日頃大変忙しくされています。

ドレス美露土(石川県)に有り近県の方々でも来店の仮縫い日をなかなか決める事が難しい状態があり 有る時はお客様のご自宅へ出向いたり 時間を夜10時過ぎに仮縫いをしたこともありました。

本来は仮縫いは難しい物と 作り手の私自身もきちんと見て差し上げる事がベストだと思い込んでいました。

何十人かを仮縫いしていく中で 演奏会、発表会用のドレスは演奏する人がいかに楽に気持ち良く演奏できるかが演奏用ドレスの本質ではないかと気好きました。

「貴方の演奏にこのドレスのデザインの袖ぐり、衿ぐり、裾さばきは演奏の動きに支障がないですか?」
と いつも尋ねていました。

演奏用のドレスは 作り手、デザイナーから 見た目の良い物と半押しするものではなく 演奏するご本人の演奏しやすい、着心地の良いドレスでなければならない。

演奏中の動きにドレスがどのようにフィットするかは ドレス制作途中の仮縫いで着用して頂き、その様子が解るのはご本人しかいない という事に気付気ました。

お店にはピアノも有りませんしヴィオリンもハープもありません。 椅子に座って演奏の真似事をしても本来の演奏スタイルにはなりません。

そこで ようやく気付いた事は【ご自宅でドレスの仮縫いをしてもらう】 という事です。

お店でピン打ちする様な面倒な仮縫いではなく ほぼ仕上がった状態(難しい所は手縫いになっています)でお送りしますので ご試着して全体の様子のご確認になります。既製品を試着するような感じでの仮縫いです。

仮縫い状態のドレスをお客様のご自宅にお送りして ドレスを着用していただき十分に演奏をして頂いてから ご都合の悪い所をお聞きして その後修正をかけ 仕上げる方法が良いと気付ました。

演奏する楽器や演奏スタイルの動き方がそれぞれ違いますので 作り手がこの不可解を見つける事は難しく 演奏するご本人の着心地の良さからのドレス作りが演奏用のドレスには一番大事な事ではないかと思っています。

作り手、デザイナーからは観客側からの外観の素敵さのご提供は一生懸命ご提案させて頂いています。

 

サイズを知らせる事やデザイン、仮縫いまではどのような工程になるのでしょうか?

先ず オーダーを頂く場合はサイズが大事ですね。

長年演奏活動をされている方でしたら演奏しやすいドレスをお持ちの場合もあります。
その時は、そのドレスをお預かりしてドレスのサイズをいただきます。

オーダードレスが始めての方などには ややサイズが一番近い美露土のドレスをお送りして、着心地、サイズの様子をご確認いただきます。 そのドレスのサイズを元に デザイン、シルエットを決め デザイン画と素材、色のサンプル生地をお送りして ドレスの仮縫いの準備をします。

ドレスに付く装飾品の様子 有り、無もその時にお聞きします。

素材の色や風合い 予算の事など細かくご相談をさせて頂き こちらで探せる範囲内の素材のご提供をさせていただきます。

難しいデザインや 難しい体系の方には 仮縫いを2~3回増やす場合もあります。(少しお時間がかかります)

 

中学生、高校生のお嬢様方のドレス作りにも途中の仮縫いは大事です。

成長期だから ピッタリのドレスでなくて良い はタブーです。

音大を目指すお嬢様方は コンクール、発表会の成果は大変重要になります。

その時の 選曲とドレスの雰囲気がピッタリで 良い成績になった と何回かお聞きしています。

この時期のお嬢様方の挑戦は 一回、一回が勝負になりますので その時に合ったドレスの着用をお薦めします。

ドレス美露土では 後日成長したのでや デザイン変更のリメイクなど お直しも受けております。

ドレスは少しのサイズ直しやリメイクでまだまだ十分お召しになる事が出来ます。

大事なドレス、思い出のドレスは 永年お召し頂きたいと思ってドレス作りをしています。

ドレスの仮縫いってどうなの? など 色々ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーダー柄の中学、高校生向き発表会ドレス 制作中です。

800-2bo-da

ボーダー柄の中学、高校生向き発表会ドレス

鮮やかな山吹色のボーダー柄 すそ線を一本に通す作り方をします。

中学、高校生向きのドレスは その年代層に合っていて 演奏用ドレスであれば演奏しやすい事が大事です。

夏に映える山吹色のボーダー柄オーガンジーを使用します。

中学、高校生向きのドレスのドレス丈は大人の様な床丈いっぱいの様な作り方をしませんので ドレスのスカートの裾線が目立ちます。
無地の場合は気になりません。

ドレスのパターンは台形の形をして裾は中心から左右にカーブをして上に上がっています。
ウエストでくびれのカーブを描きますのでそこからスカート丈は均等の長さが必要なので 裾の広がり具合で裾は何時もカーブを描いています。立体裁断ではこのカーブは自然にでます。

大人のドレス丈では床面にドレス裾がありこの裾線が目立つ事はあまりありません。

細みのボーダー柄や小さ目のチェック柄は気になりませんが 写真の様な柄巾が2c位になると見立ちます。

裾線にボーダー柄を一本通すとボーダー柄が全体につながり生地が全部同じ一本線になり見た目にもすっきりします。

 

 ドレスのパターン作りを逆に展開するとチョット素敵に見えます。

本来のカーブの裾線を横一列に柄合わせをし ウエストでスカート丈を調整すると ウエストカーブは屋根型に成りギャザーを寄せるとふくらみギャザーが多くなりバルーン型スカートになります。

スカート丈がふくらはぎ辺りの丈にすると ウエスト部分の程よいふくらみ感が中学、高校生のお嬢様方に似合う雰囲気のドレスになります。

オーガンジーの生地の張り感がボリュームを出していますね。

オーガンジーの素材の特質で無地でも可能です。

※ボーダー柄を縦に使用する場合やバイヤス地に使用する場合など お好みに合わせて作り込む事も出来ます。
工夫するとオリジナル性のあるドレス作りができますね。

仕上がりは後日アップしますね。

 

演奏用ドレス胸元が心配!安心な演奏会になる様にお直しをしましょう。

600-5

ベアトップドレスはとても素敵ですが、演奏用ドレスには不安がありますね。

永年 発表会、演奏会を行っていらっしゃる奏者の方々は色々なドレスを着こなしておられますね。 そして一度はベアトップドレス(肩部分が無い)を何とか演奏時に着てみたいの思いは強くお持ちの事と思います。

市場には既製品のベアトップドレスが多く出ていますが ターゲットはお嫁さん向き に作られていますのでお買い求めの場合は注意が必要ですね。 華やかで見栄えが良く大きな動きもあまりないお嫁さんの動きに合う様なドレスになっています。

ピアノ演奏やヴァイオリン演奏など演奏中の動きはそれぞれ違いますので その演奏する人の動きにベアトップのドレスが合っていないと不安が出てしまいますね。

ベアトップドレスは胸位置がその着る人に合っているかどうかで 素敵に見えたりそうでなかったりしますので試着時にはご自分の動きを入れ確認、確認が大事になります。

お嫁さん向きのドレスは華やかさを一番重視していますのでスカート部分は大きく、そして重くなっています このスカート部分を小さな身頃(ウエストから胸のパーツ)でキープしますので胸周りを着る人にピッタリ合わせる事が大事になります。

演奏用ドレスは演奏が安心して奏でる事が大事

素敵で華やかなドレスには ついつい目が奪われますが ご自分の演奏の動きもそこにプラスしてみてはいかがでしょうか!

ベアトップドレスが総て演奏用ドレスとして難しいわけではありません ドレスが軽い場合やスカート部分のボリュームが少なかったりする物は身頃への負担は軽く演奏時に不安はなく むしろ大人の雰囲気がありとても素敵に見える奏者の方もいらっしゃいます。

ドレスの身頃 胸周りがピッタリ添っていれば 演奏する人もお客様も安心して演奏会を楽しむ事が出来ます。

安心感のあるドレスの着用は姿勢も堂々と素敵にみえますね。

 

でも、好きなドレスは着て演奏したいのでお直しをする事にしました。

胸周りが心配で 肩部分を同じチュール素材でヨークを付ける事にしました。

肩がある事で安心を得る事ができます。 透明なスリップヒモでも解消出来ますね。

チュールは透け感が有り、身頃部分は重くは見えません ベアトップドレスとは少し違っていますけれども!

ビックなベアトップドレスはスカートの重さを身頃で支える為 かなりフィットしなければなりませんので演奏中も不安感と きつさが出る場合もありますね。

演奏時には体を締めないチョット余裕も必要ですね。

その余裕が安心して演奏できる事になると思います。

お好きなドレスはどんどんお召しください 安心のあるお直しをすればどんな演奏会も素敵になりますよ お客様も安心できます。

演奏用ドレス ご自分もそうですがお客様も楽しみにされているはずです。

ちょっと不安があればお直しをして安心して演奏会に臨んで頂きたいと思います。

ドレスのお直し などお気軽にお問い合わせくださいませ。