和装コートとして着ないのでブラウスにリメイク 先ず解体から 

IMG_3330

もう和装コートとして着ないので ブラウスにリメイク(変身)先ず元の反物に戻します。

和装のコートは着物の上に着るので 色、柄がとても華やかで着る場所や年齢を選んでしまいます。

車社会になっているので、着物は着てもコートを召してのお出かけは滅多にありません。

ある時期の親御さんは娘の幸福を願って必須であるとの、思い出で和装のコートを準備をしていますが

日の目を見ずに箪笥の奥の奥にねむっています。

洋服にすれば着るチャンスも多くあり引っ張り出してみると以外に ブラウスなどにリメイク出来る物もいっぱいあります。

どなたも なにかしら眠っている着物はお持ちのはずです。一度お探しされてはいかがでしょうか?

 

そこで 今回は 和装コートから ブラウスにリメイクする工程をお教えいたします。

 

先ず解体

着物は仕立て上がり順序がありますので その逆〜解体をして行きます。

袖を外す → 衿を外す → 裏地を外す → おくみ(前立て)を外す → 脇縫い外す → 背縫い外し →裏地も同じ

の順に外します。

着物の仕立ては要、要に 止め と言う技法でしっかり外れない様に止めてありますので生地を傷めない様に糸を外します。

バラバラになって生地をつなぎ合わせて元の一反の様な形にします。

ゆのし(蒸気で縫目を消す)や汚れがあればクリーニング(洗い)に出します。

ゆのし 洗いは クリーニング店が扱ってくれます。

 

お持ちの物から リメイクで 以外に素晴らしい物に生まれ変わる場合があります。

リメイクに挑戦されてはいかがでしょうか

順次、仕上げの様子をお知らせいたします。

色々不安がある方はお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

リメイクでよみがえる 着物コートからブラウスへ

IMG_3038

リメイクでよみがえる 華やかな着物コートからブラウスに作り変えします。

和装離れが長い間続き 昨今は着物を準備される方も少なくなりました。

昭和の時代にお嫁入り道具として準備されていた物は一度も着る事も無く深く箪笥で眠っています。

特にコート類や羽織は着物柄より華やかで益々遠ざかっています。

今回 思い切ってブラウスにリメイクをし作り変えをしてみます。

和装の羽織や道行は着物より華やかな色と柄が多く 現代の活気ある方々には少し抵抗があるかもしれませんね。

そこで単独でも羽織れるオーバーブラウスに作り変えをします。

最初の準備が 着物、道行の解体(ほどき)からになります。

ブラウスになるまでの工程を順にアップして行きます。

自分のデザインしたブラウスを作ってください!

自分のデザインした好みのブラウス、パターンをを作ってください!

パターンとサンプル依頼が時々来ます。

皆さんそれぞれのお好みのデザインをしたものをお召しになりたいのでしょうね。

イメージ、と寸法を頂くのです 頂いたそのままの寸法では お洒落なかっこよい物にはなりにくいですね。

ご希望のサイズ寸法で仮縫い状態にしたものですが 素敵なシルエットニなりません。

リボンやレースの装飾品を付けてのバランスもあり サイズの訂正や全体の雰囲気に合わせてより良いスタイルになる様に
ご提案させて頂き サンプル仕上げとパターン作成をしています。

こだわりのデザインなどで物をお作りになりたい方など お気軽にお問合せ下さい。

どこかにご自分の手が加わったご自分の洋服の作りお手伝いをさせて頂きます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

シャツのパターン作成 パーツが多いです。

axtupu

シャツのパターン依頼をうけました。ドレスよりはるかにパーツが多いです。

手慣れている ドレス類よりパーツの数が多く時間をかけてのパターン作成をしています。

年中使用するレディースのシャツですが パターンを作ってください の依頼に簡単そうに見えますが パーツの多さにあらため驚いています。 衿、前立て、カフス、シャツ口前立て、ポケット、ヨーク などなど パーツが多いです。

シャツは細かなパーツが多くから出来上がっています。

大まかにパーツを並べてみました。

ドレスはパターンは大きいのですが 基本系のパーツはそんなに多くありません。

シャツの仕上がりは常にプレスをしての仕上がりになりますので 縫い代の巾も場所により細かく変わりますので サンプル縫いをしながらのパターン作成をしています。

色々のパターン作成しております。 パターンについてご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。